WHILE SHE SLEEPS







"This Is The Six"




イギリス出身のメタルコアバンドによる1stアルバム。


本作以前にEPをリリースした経歴のあるバンドで、音楽的にはストレートな感のある
メタルコア
となっておりイマドキらしいデジタルサウンドも無ければシンフォニックな
シンセサウンド
も無く、へヴィでタイトバンドサウンドオンリーのアレンジを見せているが
メロデスと言うよりはデスラッシュに近い突進力を感じさせるのう・・・!

1曲目はメタルコアでありつつもデスラッシュ的な鋭い切れ味、
勢いの良さ
を見せ付けるタイトさのある疾走チューンで、ヴォーカルはサビで多少
クリーンVo
も聴けるが基本は荒々しさのあるダミ声系シャウトとなっており
途中ビートダウンも顔を出すぞ!2曲目はリードギターが舞いつつもバンドサウンドは
へヴィな勢いを見せるストロングな曲だが、ちょいと軽快なパートも顔を出し
後半は唐突にピアノ、クリーンVoのコーラスが聴けるがこのコーラスは正直
下手で微妙じゃのう・・・!(爆)
3曲目はタイトさを残しつつモダンなグルーヴィーさを演出、
ワイルドさを醸し出すアップテンポチューン
になるのう・・・!中盤のコーラスは下手なんだが
歌い上げるメロディーは良いな(爆)。
4曲目はメランコリックさを放つリードギターと共に
勢い良く疾走、なかなかにエモい叙情性が感じられるぞ!シンガロングがやはり素人臭く
一昔前のハードコア、メロコア風
なんだが逆にその垢抜け無い青臭さが味か!?
5曲目はエレピで幕を開けるエモ寄りの曲でコーラスはやはり青臭さ満点じゃのう・・・!
6曲目はモダンさ満点のへヴィな勢いを感じさせるアップテンポチューンで中盤は
ビートダウンも登場、全体的にワイルドな曲調じゃのう・・・!7曲目はクリーンギターが
穏やかなメロウさ
を醸し出す繋ぎのインストで、続く8曲目はエモ寄りのギターで
幕を開け
その後はこれまたモダンなノリを放ちへヴィな側面を見せ中盤で唐突に疾走する!
9曲目もゴリゴリにへヴィでグルーヴィーな曲調で実にワイルドじゃのう・・・!
これまた途中から疾走しパワフルさを放つぞ!10曲目はピアノで幕を開けハンドクラップに
微妙なシンガロング
が乗り、メロウなリードギターも顔を出すエモ寄りの曲調になるが
その後はやはりパワフルな側面が強くなるのう・・・!コーラスはエモいんだがやはり何だか微妙だ(爆)。
11曲目はモダンなグルーヴィーさを放ちつつもやはりエモい要素を内包しており
疾走パートもあるぞ!
ギターソロがメロディアスで良いな。12曲目はピアノにやはり微妙な、
学生みたいなコーラス
が聴ける短いアウトロ。


メロデス風味は薄く、デスラッシュに近いストロングさ、へヴィさを持ったメタルコアで
演奏はすこぶるタイト
プロダクションも良質なんだが、唯一ヴォーカルだけがイマイチ
シャウトも弱く一本調子だしクリーン、コーラスは素人臭さが残っておりバンドサウンドに
追いついておらず実に惜しいのう・・・!全体的に見て特に個性的と言う訳では無いがデジタル音に
頼らない姿勢
は好感が持てるし、時折見せるメロディーが何気にキャッチーなのも好印象である!
アルバム後半でモダンなグルーヴ寄りになってしまうが、イマドキらしいデジタル系モダンメロデス、
メタルコアに飽きたリスナー
なら聴いてみる価値はあるだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Dead Behind The Eyes  Seven Hills







もどる


inserted by FC2 system