WEDINGOTH







"The Other Side"




フランス出身のゴシック/プログレッシヴメタルバンドのアルバム。


彼等に関する情報がろくに無く詳しい事は判らんが女性Voを擁したフランスのバンドで、
音楽的にはゴシック風味を湛えたプログレと言えそうなスタイル
なっておりスローテンポで淡々とした中にフィメールVo、重厚かつ壮大な
オーケストレーション
が顔を出し確かにゴシカルだがそれと共にメタリックだがへヴィではない
バンドサウンドが確かにプログレメタル然としたタイトなテクニカルさを見せ
まさしくゴシックメタルとプログレッシヴメタルを融合させたかのような
独特のスタイルを見せておる!

1曲目から4曲目はいきなりの組曲形式となっており1曲目はまずSEに重厚さのある
オーケストレーション
が聴けピアノ、ハモンドがバックで流れる中淡々としたギター
暗さを放ち途中からバンドサウンド怪しげな混声コーラスが登場、ゴシカルさと共に
プログレ的なムードも醸し出され続く2曲目はこれまた怪しげかつタイトなサウンドで
プログレメタル色濃い空気
を出しつつオーケストラも登場、淡々としたムードで顔を出す
オペラティックなソプラノVoはゴシカルだがバンドサウンドはプログレメタルじゃのう・・・!
ギターソロはどこかエキゾチックなムードを醸し出すフレーズを弾き多少のつっかえ
見せつつも速弾きしまくっておる!その後は穏やかなフュージョン風味が醸し出され
軽快なベースをバックにオシャレな空気が放たれるぞ。後半はクワイアと呼べる程ではない
男女混声コーラス壮麗なオーケストラも顔を出しつつも基本はプログレだな。
3曲目はエキゾチックな怪しさを見せるアコギが聴け非メタルのプログレ色濃い
淡々とした展開
を見せる気だるい曲だ。後半はオーケストレーションが盛り上がりを
見せているぞ!4曲目はピアノ、ストリングスに女性Voメロウな優雅さを見せ後半は
やはりオーケストラが盛り上がりかなり優雅なムードを演出、まるでバレエのような
格調高さ
があるのう・・・!5曲目はラジオのようなSEに始まりへヴィなギターリフ
モダンさを醸し出し始め重々しく重厚に展開、その後はタッピングがピロピロする
壮大な盛り上がりを演出、インダストリアルな質感もありどこかSF的な世界観があるか!?
6曲目は重厚な音作りの中にパーカッション、笛が聴け民謡、民族的なムードを醸し出す
牧歌的な曲。
淡々としつつも泣きの質感を内包したギターソロも聴けるぞ。7曲目は
へヴィさを持ちつつも壮大なムードを湛えた重厚なミドル曲で微かにデスVoもバックで登場、
ゴシックと民謡とインダストリアル、モダン系の要素を繋ぎ合わせたかのような
楽曲じゃのう・・・!8曲目はアコギ、シンセが穏やかな空気を放ちアトモスフェリックな
ムード
を見せつつもやはり民謡に通じる部分があるか!?9曲目はアコギの
ハーモニクス
シンセが聴けやはり穏やかな落ち着きあるムードを放つも
途中からメタリックなバンドサウンドが重厚さを放ちプログレ然としたアンサンブル
見せるぞ!10曲目はシリアスさのあるアンサンブルを見せ何と疾走!プログレメタル然と
しつつもオルガンがゴシカルなダークさを放ちフィメールVoのみならずデスVoも聴け
一瞬穏やかなパートが顔を出すも基本はシンフォニックさを持った
疾走パワーメタル
である!11曲目は穏やかでエキゾチックな空気を持った
怪しげなスロー曲。アコギや笛も聴こえやはり民謡的な部分があるな。


適度にゴシカルで怪しい暗さを湛え部分部分で壮麗かつ壮大なオーケストラ
重厚に盛り上がりつつも基本は怪しく淡々としたへヴィ過ぎないプログレメタル、
プログレハード
といったスタイルでなかなかに個性的な面を見せておりプログレとは
言ってもテクニック重視ではなく楽曲重視の姿勢があるのも好印象だな。とはいえ
やはりゴシックメタルなので雰囲気やアレンジは良いがメロディーにはあまり
フックやキャッチーさが無く
リスナーによってはそこが不満になるだろうな・・・!
アルバム中盤は結構民謡ライクな牧歌的ムードがありさながらHM/HR要素を増強した
Neo Classica ASCendant
と言えそうなバンドじゃのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 The Other Side - Pt 2 : Death Tunnel  The Other Side - Pt 4 : Salvation
Bliss  Artificial Paradises







もどる


inserted by FC2 system