WEARING SCARS







"A Thousand Words"




イギリス出身のメタルコア/モダンメタルバンドによる1stアルバム。


SACRED MOTHER TONGUEの元メンバーによって新たに結成されたバンドらしく、
音楽的にはメタルコアメロデスの影響を受けつつ、それと同時にラウドロック、
歌モノヘヴィロック、オルタナティヴメタル
の要素もかなり押し出されており、
デスVoは無くニューメタルスタイルで上手さを見せるクリーンVoが主体となりつつ
ギターワークは細かさがあり、ソロも流麗なシュレッドを披露しておりさながら
パンキッシュさの薄れたAVENGED SEVENFOLDと言えそうな感じだろうか!?

1曲目は今風な硬質さのあるヘヴィリフ、リズムに多少ダミ声の混じった
クリーンVo
が登場し怪しさを演出、ラウドロック然としたムードを醸し出し
流麗なギターソロも聴けるぞ。2曲目はメタルコアに接近したアップテンポで、
中盤以降は疾走もするのう・・・!3曲目はストリングスシンセも顔を出しつつ
淡々としたマイルドさがあり、ギターソロもエモーショナルな泣きを見せているぞ。
4曲目はピアノも顔を出す穏やかでエモいバラードとなり、5曲目はメタルコア、
メロデスの要素を感じさせるギター
が登場しヘヴィなアップテンポで展開、
これまたサビがキャッチーで良いな。後半で聴けるギターソロもこれまた流麗である!
6曲目もメロデスの流れを汲むハモリギターが顔を出しつつヘヴィで淡々とした
印象
もあり、7曲目はマイルドな穏やかさの見られる男臭いバラード系だ。
8曲目は軽快なノリもありつつサビはタフな盛り上がりを見せ、キャッチーでもあるな・・・!
9曲目も軽快なアップテンポだがサビはテンポダウンする辺りが一昔前のメタルコア風か!?
10曲目はヘヴィさを放ちつつシンガロングも聴け、淡々とした空気も見られ
男臭い哀愁も漂っているぞ。11曲目はメロウなクリーンギターエモいVoが乗る
バラードで、12曲目はメタルコア色濃いストロングなリフ、リズムで勢いを放つが
やはりサビはスローテンポだな。13曲目はアトモスフェリック風のパートも顔を出す
穏やかでマイルドな曲だ。


上記したよう歌モノラウドロック、ニューメタルメタルコア、メロデスの要素を
混ぜ合わせたような感じで、どこかやさぐれたパンキッシュさも残っており
この手のジャンルにおいてかなりの上手さを見せるVoそんな感じの荒さがあり、
AVENGED SEVENFOLDをもっとシリアスにしたかのような印象もあるのう・・・!
チャラくならず適度にワイルドさを残しつつもキャッチーさが目立っているのも好印象だな。
曲構成がワンパターンな印象もあるが良質なサウンドを聴かせてくれるバンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Stand Alone  Waiting for the End
A Last Goodbye  Letters







もどる


inserted by FC2 system