Voyager







"The Meaning Of I"




オーストラリア出身のプログレッシヴメタルバンドのアルバム。


彼等に関する情報が無く本作が何作目なのかもよう判らんのだが(爆)、
音楽的にはミステリアスでシリアスなムードを携えたプログレッシヴメタル
緊迫感あるタイトでソリッドなバンドアンサンブルに加え電子音系のシンセや
デジタルリズム
も顔を出し、ヴォーカルは線が細くこの手のメタルによくあるタイプ
可も無く不可も無くといった塩梅だが部分部分で多用されるエレクトロニカ系の
デジタルサウンド
彼等の個性になっていると言えるだろう・・・!またプログレッシヴでは
あるが大作主義ではなく1曲1曲がコンパクトに纏まっているのも特徴だな。

1曲目はいきなりのパワフルなリフ、リズムシンセ、クリーンギターが登場し
緊迫感を演出、ヴォーカルと同時にデジタルリズムも顔を出すが基本はシリアスな
プログレメタル
といった風情でソロパートはポリリズムで進行する中シンセとギターが
テクニカルなバトル
を披露しベースも切り込むぞ!2曲目は何とコミカルなフレーズを
聴かせるデジタルシンセが妙に目立ち
ギター、バンドサウンドもそれに続く何とも言えない
奇妙なムード
を持ったミドル曲でミュージカル的なドラマティックさ、シアトリカルな
クサさすら感じさせてくれるのう・・・!
3曲目はアコギに始まりコーラスと共に
ミュートリフがプログレッシヴかつ淡々としたムードを醸し出すミドル曲。インストパートは
ギターとキーボードがまさしく初期のDREAM THEATERを彷彿とさせるテクニカルな
プログレメタル的ソロ
を披露しリズムも変拍子である!4曲目はバンドサウンドも
勿論あるがエレクトロニカ要素の強いデジタルサウンドが目立った曲。5曲目はまるで
QUEENの“WE WILL ROCK YOU”を思わせるドラム、リズムで幕を開け淡々と展開する
ミドル、スロー曲
でやはりデジタル音がバックで自己主張しているな・・・!ギターソロは
フュージョン系の穏やかさを持った泣きのプレイでクリーンギター、ピアノもバックで
顔を出し後半ではツーバス連打も披露されるぞ!6曲目はオルガン空間系のムード
演出しソフトなヴォーカル打ち込み系のリズムも登場し本格的なアンビエント、
アトモスフェリックスタイル
になる短い曲。7曲目は電子音の上をギターがピロピロと
弾き倒し
さらにトランス系のシンセも顔を出しつつアップテンポで勢いを出す
ヴォーカルが入るとスローになりアコギ、クリーンギターも大人しさを演出し始めるな・・・!
途中で再びアップテンポになるがリズムはテクニカルさ満点のポリリズム
実に変態的じゃのう!中盤でデスVoも僅かに登場しシャウトに加え弱いがガテラル系の
低音
も披露するぞ。8曲目はちょいと明るいポップ寄りのリードギターが聴けつつも
バックを固めるのはデジタルサウンドで中盤以降はアコギも聴けるプログレメタルとなり
ヴォーカルも呟いたり低音を聴かせたりと歌い分けを見せクワイア風・・・というか低めの
コーラスワーク
も登場する。9曲目はピアノ、ヴォーカルメロウさを放ちバラード的な
ムードを醸し出す短い繋ぎ
で続く10曲目はキャッチーな出だしからやはり電子音が
目立つスローテンポ
になりその後は様々なリズムが複雑に絡み合う変態的アレンジになるも
サビは急に纏まりを見せまるでメロハーのようなキャッチーさを放つぞ!ギターソロも
軽快なノリアメリカンロック的な風情を感じさせるのう・・・!11曲目は電子音バンドサウンド
入り混じったミドルテンポ曲冷たいピアノメランコリックさを放っておるな。12曲目はピアノ、
ストリングスシンセ、デジタルサウンド
が叙情的な空間系バラード曲。13曲目はピアノ、シンセの上を
大仰なシアトリカルさを持ったヴォーカルが歌い上げ2曲目に続いてドラマティックな
ムードを演出し疾走!
デスVoも顔を出し本作中最もメロディアスかつ変態的なムード
持った良曲である!もっとこういう曲やってくれい!フェードアウトのラストではベースやドラムも
テクニカルなソロでスキルを見せつけ技巧派である事をアピールするかのようじゃ・・・!


DREAM THEATERタイプストレートなプログレメタルエレクトロニカ系の
電子音を大胆に融合
させたスタイルでタイトでテクニカルなメタルサウンドのバックで
デジタルサウンドが自己主張しておりへヴィではないがインダストリアル的な
ムード
もあったりするな・・・!もっとメロディーにフックが欲しかった所だが
プログレメタルなんでまぁこんなモンじゃろう・・・!2、13曲目はシアトリカルな
クサさ
が強くフックがあったんでそういう方向性に進めばもっと多くのメタラーにアピール
出来る
じゃろうて・・・!デジタルサウンド、エレクトロニカによる物珍しさよりも
メロディーの良さを我々は重視しているのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 Stare Into The Night  The Meaning Of I  
Fire Of The Times  Are You Shaded?







もどる


inserted by FC2 system