ViViD







"INFINITY"




日本のヴィジュアル系バンドによる1stアルバム。


売れ線的な要素が相当に強いヴィジュアル系バンドで、本作がメジャーデビュー作にして
初のフルレンスアルバムらしく、音楽的には良くも悪くも売れ線らしい、V系と言うよりも
J-ROCK・・・J-POP要素が相当に強いポップロック
となっており否定派も相当に多そうだが、
その実メロディーはアニソンに通じる過剰なまでにあざといキャッチーさを持っており
ギターのスキルが何気に高く、HM/HR的なシュレッドソロも普通にこなしており
一概にバカには出来ない懐の広さを見せておるのう・・・!

1曲目はライトなバンドサウンドキラキラしたデジタルシンセが顔を出しイマドキらしい
チャラさ
を出すもギターは何気にNIGHT RANGERの“(You Can Still) Rock in America”みたいな
フレーズ
を披露、まぁ全体的にはミドル〜アップテンポの売れ線J-ROCK風ヴィジュアル系だな。
ギターソロはタッピング速弾き等を披露しており意外とテクニックはあるぞ!
2曲目はモロにアニソンあざといキャッチーさを放ちバンドサウンドはデジタル要素も
交えたイマドキ風の音作り
を披露、淡々とした部分もあり中盤はラップ風のヴォーカルも
顔を出すぞ。
3曲目はライトなギターが聴け穏やかなムードを放つ典型的売れ線J-ROCK
サビはこれまたアニソン的なキャッチーさを出しておるのう・・・!ギターソロがまた
この手の音楽性
にしては無駄に流麗でテクニカルな部分を見せておるわい!(爆)
4曲目はストリングスシンセクリーンなギターが穏やかさを見せるポップチューンで、
中盤の語りは微妙だがその後のギターソロは十分にハードロック的である!5曲目は淡々とした
ギター
で幕を開けどこかエモ、オルタナ的な質感を醸し出す軽快な曲。サビがこれまた実に
あざといキャッチーさ
を見せるがベースソロも顔を出し続くギターソロもHR寄りじゃのう!
6曲目もまたエモ的なギターが聴けドラムはツーバスも連打、ベースも唸るが曲的には
やはりエモ、オルタナ寄りの雰囲気があるか!?サビはやはりアニソン色が濃いのう・・・!
ギターソロはこれまたNIGHT RANGER的両手タッピング(?)も軽く披露されるぞ!7曲目は爽やかなムードを
醸し出す軽快なミドルテンポのポップロック
で、8曲目は珍しくシリアスなムードを漂わせたギターフレーズが
様式美的(!)なドラマティックさを演出、リフも本作としてはハードロック要素が濃く
ギターの無駄に高いスキルが存分に発揮されたインスト
である!メタラーとしては
やっぱこういう曲が良いな(笑)。
ここのギタリストは本当はこういうテクニカルメタルが
やりたいのでは無いだろうか!?(爆)
9曲目はモダンな音作りスクラッチ音も聴けるが
ヴォーカルはモロにアニソンな、JAM PROJECT辺りとの類似点が多すぎるキャッチーな曲だ!
10曲目はベースで始まりデジタル音、軽めだがハードロック要素のあるバンドサウンドが聴ける
アップテンポ曲。11曲目は珍しいモダンなハードさを内包したへヴィさを見せ、
バッキングも相当にメタリックだがヴォーカルはやはり相当にアニソン色が
濃いな・・・!
ギターソロは完全にHM/HRである!12曲目はストリングス入りの
ソフトなポップロック
で、ギターがピロピロしているがやはり基本は売れ線J-POPだな。
13曲目は穏やかなソフトさの目立ったバラードだ。


売れ線ヴィジュアル系だがギターのテクニックが無駄に高く、キャッチーさ満点の
メロディーと相まってV系と意識するよりもJAM PROJECT、サイキックラバー的な
アニソンJ-ROCKだと思って聴いた方がしっくり来るやも知れぬ・・・!
まぁ個人的な
好みとは遠いんだが、
だからと言ってバカには出来ないクオリティーがあり
偏見でバンドを判断するのはアカンと言う好例
だと言えよう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 live your life  カケラ  explosion  FAKE







もどる


inserted by FC2 system