Vermillion-D Alice Syndrome







"嚮導する聖女は屍骸の椅子で奇蹟を謳う"




日本のシンフォニック・メロディックデス/ブラックメタルプロジェクトの1stミニアルバム。


黒夜葬の刹那氏による別名プロジェクトで、まぁぶっちゃけ黒夜葬と一切変わる事の無い
音楽性を持っており
ヴォーカルにRib:y(uhki)氏を迎えチャーチオルガン、チェンバロ、
ストリングス
メロデス、ブラックメタルライクなバンドサウンドを披露しており
たまにオリジナルもやるが基本は東方アレンジメインの黒夜葬と違いこっちは
完全オリジナルなのが最大の違いだろうか・・・!?

1曲目はクワイア、オルガン、オーケストレーションによるシンフォニックな
イントロ
で続く2曲目はメロデス的なギターリフアグレッシヴに疾走!
ヴォーカルはシャウト系のデスVoメインで以前のアルバムと比べ埋もれる事無く
前に出てきているのは良いな!
サビはV系スタイルのクリーンVoも登場し
この辺はヴィジュアル系メタルコアと呼べそうな感じだがSadieと比べると
思い切りクサメタラー寄り
なのは言うまでも無かろう!中盤は語りも聴け
その後ギターソロになるぞ!
3曲目も出だしから重厚な勢いを見せる爆走はせず
ミドル〜アップテンポでズンズンと迫り
その後に絶叫シャウトと共に疾走!
やはりサビでV系クリーンVoが顔を出しギターソロはツインリードでハモる音が
埋もれ気味
なのが惜しいな・・・!ブラストも顔を出ししわがれたホイッスルVo
聴け実に勢いがあるのう・・・!4曲目はこれまたパワフルに叩き付けるような
バンドサウンド、クワイア、語り
が聴けどこかDIMMU BORGIRに通じるムードもあり
デスVoは低音でややガテラル気味になるぞ。サビはやはりクリーンVoでその後は
スウィープやネオクラシカル系のギターソロも聴けるがやはりどうにも埋もれ気味で
プレイも結構ラフさがあるな。
その後はクワイア、ダミ声語りが聴けそして爆走!
5曲目もやはり絶叫、ホイッスルと共に爆走しDIR EN GREY的な狂った呻き声
顔を出すシンフォニックなメロデス、ブラックメタルだ!ヴォーカルも絶叫しまくり
喚きまくり
音も詰め込みまくりだが途中でストリングス、チェンバロ、ダミ声語りも
顔を出すぞ!
ラストは日本語語りこの辺はV系のノリだな。


黒夜葬同様金太郎飴状態のゴシカルなシンフォニックメロデス、ブラックメタル
プレイしており安定のクオリティーを見せているのう・・・!今回ヴォーカルが
埋もれる事無くしかと前に出てきており聴き易さが増しているのも良いがギターソロ、
リードギターがその分埋もれ気味だろうか!?
何はともあれこの手の大仰極まりない
シンフォニックブラック、メロディックデスを愛好するクサメタラー
ならばやはり
本作も十分に楽しめるクオリティーを持っていると言えよう!やはり東方より
オリジナルのほうがずっと良い
んで今後はこっちの活動をメインにして欲しいなぁ(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







"妍麗たる讃仰は悲啼喘ぎし蒼焔に炙られ"




日本のシンフォニック・メロディックデス/ブラックメタルプロジェクトの2ndミニアルバム。


ダークでシリアスかつシンフォニックでクッサイ様式美ゴシックメタル
プレイしていた黒夜葬別名義と呼べるプロジェクトで、音楽性は黒夜葬と何一つ
変わる事はないが
あっちとの違いはまずインストではなくヴォーカル入りである事と、
もう一つは向こうが一応はオリジナルもやってはいるが基本的に東方アレンジがメインなのに対し
こっちは今の所はオリジナル一本で勝負しているという事である!ヴォーカルは実力派デスシンガー
Rib:y(uhki)氏
なので音は良くともヴォーカルがクソみたいな事にはならずV系スタイルの
クリーンVo
を交えつつ得意のデス、ブラック色濃い凶暴な絶叫、グロウルを連発しておる!

1曲目は早速のチャーチオルガン、クワイア様式美的なクサさを強烈に演出!
後半で怪しさのある語りも登場し続く2曲目はアグレッシヴさのあるギターリフ
大仰なシンセが舞いヴォーカルも喚きタイプのデスVoV系スタイルのクリーンVo
交えドラマティックさを演出、ギターリフがしっかりしており様式美ゴシック、デス以前に
HM/HRとして良質じゃのう・・・!中盤はテンポダウンギターソロも聴けブラストも登場!
3曲目はこれまた怪し気な語りで幕を開けギターリフは正統派メタルに接近した王道っぽい
ムードを演出、
だがバックのオルガン系シンセやヴォーカルは実にダークで退廃的な
ゴシック/メロデススタイル
を見せておるのう・・・!クリーンVoはいつになく低音で歌い
ブラストも炸裂!
実にアグレッシヴでサビはクリーンでV系っぽさが強くなるのう・・・!
中盤はシンフォニックでクサいシンセDIR EN GREY色濃い変態呻き声が炸裂!
チェンバロも舞いクサさと変態の融合が施されホイッスルもパワーは劣るが
より最近のDIRっぽくなっているな・・・!4曲目もまたシンフォニックなシンセ
メロデス寄りのギターリフが聴けシアトリカルな語り、喚きデスVoと共に疾走する
定番の曲調で気持ちクリーンVoが多めだろうか!?中盤以降はまた
語りも聴け実に怪しく胡散臭いのう・・・!


本作もまた前作及びかつての黒夜葬と変わる事の無い安定の音楽性だがよりギターリフの
比重が上がっている
ような印象があり派手で大仰なシンセは相変わらずだがリフが
正統派寄りだったりメロデス、メタルコア色濃かったりと上記したように様式美
シンフォニックゴシック、ブラックメタル
以前にヘヴィメタルとして良質
金太郎飴状態でも許せるクオリティーを内包していると言えよう!まぁこれが
フルアルバムだったらもうちょい各曲に差が無いと胃もたれを起こす事は
確定
なんだがシングルサイズなら問題無しか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







"狡猾なる混沌の仔と至極たる黎明に捧ぐ葬斂の劇詩"




日本のシンフォニック・メロディックデス/ブラックメタルプロジェクトの1stアルバム。


かつては黒夜葬名義で活動していたコンポーザーによる新たなプロジェクトで、
これまでに2枚ミニアルバムをリリースして来たが、ここに来てついに
待望のフルレンスアルバムを世に放ってきた!
黒夜葬時代から音楽性に
大きな変化は無く、大仰なオーケストレーションアグレッシヴなメロデス、
ブラックメタル系のバンドサウンド
が詰め込まれた邪悪ながら大仰さ満点の
派手で壮麗なシンフォニックメタル
をプレイしており、過去作に続きヴォーカルは本作も
Rib:y(uhki)氏でそのためかImperial Circus Dead Decadenceにかなり近い
音楽性
となっておるのう・・・!

1曲目は怪しげなムード漂うアンビエント系のSE的雰囲気を醸し出し、
呻き声がDIRっぽさを見せるがその後はストリングスモダンなバンドサウンド、
語り
が顔を出しダークなシンフォニックメタルと化すイントロで、2曲目は早速の
勢いを放つメロデス、メタルコア系バンドサウンド
大仰なオーケストレーション、
デスVoが乗る疾走チューンだ!
ぶっちゃけImperial Circus Dead Decadenceと
大して変わらない音作り
となっておりデスVoのみならずクリーンVoも登場、
中盤はストリングス、チャーチオルガン語りが乗りV系とサンホラを合わせたような
雰囲気
が漂う辺りがいかにも同人ゴシックメタル的か!?3曲目はメロデス、メタルコア系の
リフが聴け疾走、
これまた語りも顔を出しちょいと今風のシンセも聴けモダンな印象も
あるが、
やはり途中からストリングスシンセが登場しシンフォニックさをしかと
放っておるわい!クリーンVoも結構目立っておりこの辺はV系っぽいな・・・!中盤以降で
顔を出すリードギター正統派ライクだが、その後はストリングス、クリーンVo今風の
デジタル系シンセ
も登場するぞ。4曲目は怪しげなムードを放つもその後は再びシンフォさと
メタルコア、メロデス系のリフ
を披露し疾走!サビはV系っぽいキャッチーさを見せ中盤以降は
イマドキっぽいへヴィなリズムギターソロが顔を出すのう・・・!5曲目はこれまた大仰な
ストリングス
語りが乗りメロデス、メタルコアライクなリフと共に疾走!
クリーンVoパート
さらに疾走感を増し語りパートのバッキングギターが
なかなかに細かく、
その後はチャーチオルガンも顔を出し怪しげな展開となるが相当に語りが
長く続いていくのう・・・!
後半ではブラストビートも炸裂だ!6曲目も勢いの良い爆走を見せ
へヴィなリズム怪しげな呻き声も登場、ストリングス劇的さがありヴォーカルは
近年のDIRかもしくはD辺りの影響下にありそうなファルセットも多用するぞ。呻きシャウト
聴けるクラシカルなシンフォニックパート、続く正統派系のギターソロが
カッコいいのう・・・!
7曲目は早速のキャッチーなクリーンVo、大仰なストリングスで始まり
絶叫シャウトと共に疾走!やはり語りも顔を出すがギターフレーズが正統派系で良いな。
呻き声のような怪しいグロウル、ガテラル
奇妙で面白いのう・・・!中盤以降は例によって
例の如くストリングスパートに語りが乗りギターソロはこれまた正統派寄りだな。
8曲目は語りに始まりチェンバロ、鐘の音クサさを放ち怪しい呻き声と共に
大仰に爆走!
何気にチェンバロが顔を出すのは本作では初か!?クリーンVoは朗々とした
V系ムード
が漂うもリズムはブラストで爆走しまくっておる!9曲目はイントロから早速パワフルに
爆走しデスVo、クリーンVo
が顔を出しこれまた語りも聴けるアグレッシヴなファストチューンだ!
サビはクリーンVoでやはりキャッチーさを放ちファルセットも結構多用されておるな・・・!


過去作と変わらぬ大仰かつ邪悪なV系シンフォニックメロデス、メタルコア、
ブラックメタル
で、バンドサウンドオーケストレーション等が徹底的に
詰め込まれまくっており
まだ金太郎飴状態ではあるがクサメタラーにはたまらん
劇的かつダークな音世界
を展開しておる!ただやけに語りが多くこの辺が
ちょいと気になると言えば気になるだろうか・・・!?シンフォニックV系メロデスだが
ギターが何気に正統派HM/HRライクなフレーズを多用しているのも面白いな。似たようなテンション、
似たようなアレンジ、曲調
金太郎飴状態なんだが、DRAGONFORCE同様ここまで
突き詰めればそれもまた武器よ!





オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 全部







"鴉/IX"




日本のシンフォニック・メロディックデス/ブラックメタルプロジェクトによる2ndアルバム。


黒夜葬、D機関等でも活動するコンポーザー/ギタリスト、Setsun4氏によるプロジェクトで、シンガーが
同じ
なのもあって同系列のImperial Circus Dead Decadenceに通じるヴィジュアル系要素入りのダークな
シンフォニックブラック
色濃いシアトリカルなエクストリーム系クサメタルをプレイしており、アルバムとしては
通産2作目の本作もそういった要素を踏襲しているが、今回どうやら大作志向になったようで全7曲ながら
殆どが10分近くある大作
となっており、アルバムのボリュームも60分を越えるお腹一杯の仕上がりとなっておる!

1曲目は雨のSEピアノダークさを演出、その後はバンドサウンドストリングスシンセが顔を出し
ドラマティックな大仰さを演出、デスVoも顔を出しシンフォニックブラックに通じる印象もあるが
サビはV系スタイルのクリーンVoで、最近のDIRの影響ファルセットも見せておるのう・・・!
途中で語りも交えつつシュレッドするギターソロも聴けるぞ。2曲目はナチの演説のようなSEに始まり
フィメールクワイア、オーケストレーションデジタルリズムも登場、さらに叩き付けるような
バンドサウンド
も顔を出しこれもブラックメタルに通じる禍々しさを見せているな・・・!疾走パートは
やけに早口な語りも聴けサビは遅めのブラストをバックにV系クリーンVoが顔を出すぞ。後半でいちいち大げさな
咳払い
から語りが登場、こういう世界観に興味が無いと流石に失笑モノかも知れんのう・・・!(爆)
3曲目はデジタルサウンドストリングス、クワイアが聴けバンドサウンド、語りも登場、
V系らしい弱さのあるクリーンVoも結構目立っているな。中盤はまた長々とした語りが聴け、
その後はトランスのようなチャラいデジタルリズムデスVo、ピッグスクィールが乗るぞ。
ラストのツインリードはなかなかに劇的で良いな。4曲目は怪しげな和風の琴呻き声が聴け、
そしてアグレッシヴさのあるリフ、ドラミングで疾走開始!ストリングスシンセもどこか和なフレーズを
奏でており
ギターも和音階を披露するが、全体的なノリは他の曲とそこまで変わってはおらず
WHISPEREDに通じるムード
もあるだろうか!?サビはキャッチーさのあるクリーンVoだな。
5曲目は正統派HM/HRに近いリフ、リズムだがデスVoシンセも登場、クリーンVoはしるへい氏が
ゲストで歌っており
どこかKAMIJOっぽい歌い回しだろうか!?サビでは高音Voも当然のように披露し
やはりクリーンは彼のほうが遥かに上手いのう・・・!後半はホイッスル絶叫と共にブラストも聴けるが
すぐにテンポダウンするぞ。6曲目はダークなデジタルサウンドに始まりほの暗いピアノも登場、
その後はヘヴィなバンドサウンドオーケストレーションが聴けリフはメタルコアに近いが、スローテンポで
淡々としたムードを放ち
ヴォーカルもソフトなV系クリーンがメインだな。中盤のギターソロは
退廃的
かつどこかブルージーな泣きもあるが、その後はデスVoも聴け疾走はしないがメタルコア、メロデスに
接近するぞ。
後半はシンフォニックさを交えつつデジタルな面も見せているのう・・・!7曲目はピアノによる
本作中最も短いアウトロ的なインスト
である。

大作志向のアルバムながら意外にもテクニカルなプログレメタル路線には走っておらず難解さは無いが、
これまで通り金太郎飴状態な印象もありあんまプロダクションも良くは無く、さらにクリーンVoよりも
デスVoよりも多そうな語り
が相当に目立っており、そんなノリで大作チューンが続くと流石に
ダレを覚えてしまうのも確かなんだが・・・!
どちらかと言ったら雰囲気重視な面があり、
クサメロ云々では無くこの暗黒ヴィジュアル退廃ムードを愛せるかどうかで本作を楽しめるか
どうかが決まってくるかも知れんのう・・・!「クサメタル、クサクサ!」単純志向クサメタラー
俺みたいな「ウンコチンコ大好き!ボンクラ映画、アメコミ大好き!」な人間には
正直あんまピンと来ない世界観なのも確かである。いちいち大げさで多すぎる
語りを享受出来るかどうか
が分水嶺だろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 鴉/IX  Veronicaの蛇







もどる


inserted by FC2 system