Veiled in Scarlet







"IDEALISM"




日本の激クサ慟哭メロディックデスメタルバンドの1stアルバム。


クサ神復活!!その恐るべき慟哭のクサメロで方向性は違えどMinstreliXと並んで
かつてのクサメタラー達を悶絶号泣させた伝説のメロデスバンドSERPENT・・・!
だが中心人物だったドラム兼シンセのKeija氏が抜けてしまいそのままバンドは
フェードアウト、多くのクサメタラーを嘆かせたがその一方で以前より新バンドの
噂は持ち上がっていた!
やがて音源もアップされ期待が高まりそしてついに本作で
見事に復活!
音楽性もかつてSERPENTで聴けたクサさ満点の慟哭叙情メロデス
そのまんまな音
となっておりさらにギターがツイン編成になりパワーアップ!
そんなわけでクサメタラー諸氏は全員心のパンパース横もれ防止ギャザーを
魂に装着して聴くように!(爆)


1曲目から早速慟哭の叙情リフが登場し疾走、クサいハモリを見せつけメロデス
いうよりはメロスピに近いフレーズも顔を出し最近のメタルコア、デスコアとは
明らかに異なる王道のヨーロピアンスタイルのメロディックデスを展開、デスVoも
引っ込み気味だが咆哮とは異なる潰れた低音でデスメタル要素を見せておりシンセが
バックで微かに聴け幽玄さを放つ中ギターが実にクサいフレーズを奏でておる!
ソロも流麗かつメロディアスさがあり後半のハモりがまたクサいのう・・・!
2曲目もイントロからいきなり叙情性に満ちたリフワークが炸裂し途中から勢い良く
疾走する
も基本は速さに頼らないメロディーの良さを見せつけるタイプで中盤の
リフがまた恐ろしくクサい!ギターソロは速弾きでネオクラシカルな要素
醸し出しておりハモリがやはり良いのう・・・!3曲目もまた泣きのムードを
強烈に放つリフ
叙情的なピアノも顔を出し実にロマンティックで優雅な事
この上無い格調高さ
を放つミドル曲。ギターソロがまた退廃的な哀愁を放つ
メロディー
を奏でており泣きっぷりもたまらんわい!4曲目はこれまたクサさを
放つシンセ
がまるで火曜サスペンス劇場のようなムードを放つアップテンポチューンで
デスVoもガテラル気味で邪悪さを放つ中クサくドラマティックに展開!サビ(?)に
当たる部分のバックで聴けるギターがまた大仰なドラマ性があり中盤はヘヴィな印象を放ちつつも
シンセがシンフォニックさを見せやはりクサさに満ち溢れておりギターソロは
クラシックフレーズを盛り込み爆走!テクニックもしかとありドラマティック過ぎる
様式美シュレッド
を連発し泣きのメロディーも見事としか言い様が無い!
これぞかつて我々が愛したSERPENTそのものの音である!5曲目はまた
哀愁ムード満点のギター、ピアノが聴ける淡々としたミドル曲でヴォーカルも
呟くような声を聴かせギターのメロディーは歌謡曲そのもの!ソロがまた
メロディアスな事この上無くピアノと相まって凄まじいまでの美メロを見せつけておる!
6曲目はアグレッシヴな中に叙情的なリフ、シンフォニックなシンセを内包した
勢いある疾走チューンでギターフレーズがまたいちいちツボを突いたクサメロを
披露しており
実に素晴らしい!テンポダウンしてのソロもまた凄まじいまでの
慟哭、哀愁、クサクサ美旋律
を見せており疾走時のカタルシスを高めておるな・・・!
ラストまで延々と続くギターメロディーがまた芳醇すぎて贅沢じゃのう!
7曲目もまたギターフレーズが印象的なミドル曲シンセもバックで鳴り
フレージングはまるでワルツのようなクサさがあるのう・・・!ギターソロが相変わらず
恐ろしくクサい事など今更言うまでも無かろう!いいメロディーしか無いわい!
8曲目は淡々としたムード漂うミドルテンポギターとシンセがハモり
そして疾走!ギターがこれまた哀愁たっぷりの泣きまくりフレーズを披露し
オーケストラヒットも一瞬飛び出しギターフレーズはさらに哀愁を増しまるで映画の
ようなクサい盛り上がり
を見せ劇的な事この上無いのう・・・!さらにピアノも聴け
多少のブルージーさを纏ったギターソロ
も登場、やはり何よりもメロディーを
大切にしている
丁寧なプレイを見せているぞ!9曲目はメロウなピアノ、シンセ泣きのギターが
ツボ突きまくりの強烈極まりない哀愁
を放ち美麗過ぎるハモリも披露、そのまま
バンドサウンドが盛り上がりまるでドラマを見ているかのようなコテコテ極まりない
劇的さ
をこれでもかと言うほど見せつけまくるバラード的なインストだ。


音質こそ多少悪さがあるもそんな事が気にならなくなるほどにクッサイ慟哭の
叙情メロディーをこれでもかというほど連発しており音楽性はSERPENTの頃と
何ら変わってはいない!
違いと言えばせいぜいギターが2本になったくらいで
さらに良さを増す結果に繋がっており文句の付けようが無いわい!いい意味で
イマドキの音とはかけ離れた、ビートダウンも無ければクリーンVoも無い
昔懐かしの慟哭、叙情メロデスの王道を貫いている
のもまた好印象だな・・・!
疾走に頼らずリフやアレンジ、メロディーの良さで勝負できるホンモノの
実力派が今ここに帰ってきた!
帰ってきたドラえもん以上に
泣ける世界がここにある!!(爆)





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 94% お気に入り曲 全部







"The Underworld"




日本の激クサ慟哭メロディックデスメタルバンドによるシングル。


日本が誇る超絶クサクサメロデスバンドによる待望の新たな音源である!先日のライヴの
物販で一足早くリリース
されており、ライヴパフォーマンスの良さも記憶に新しいが
本作はそんな2015年一発目のライヴでも披露された新曲を含む2曲入りのシングルである!
当然のように方向性は前のアルバムと同じ、強烈なクサさ、慟哭に満ち溢れたメランコリックな
メロディックデスメタル
となっており、専任シンガーがおらずライヴでは道元氏がパワフルな
イマドキ系スクリーム
を披露しているが、本作では前任シンガーである新行内氏がサポートで
歌っており
昔ながらの90年代デスメタルタイプ慟哭吐き捨てデスVoを聴かせてくれるぞ!

1曲目は早速の慟哭系叙情フレーズを披露するギターに始まり疾走!前評判通り弱点だった
プロダクションがかなり良くなっており、
ギターやドラムのタイトさが増した上に前作で
引っ込み気味
だったデスVoもしかと前に出て来ているぞ!サビはシンフォニックな色合いのあるストリングス系
シンセ
も顔を出しソロ等ギターがやはりクサいのう!2曲目はミドルテンポで叙情的な空気を
醸し出すメロウな楽曲
で、慟哭ギターに加え部分的にピアノも顔を出しギターソロ
また相当にエモーショナルな泣きを披露しておる!ピアノとの絡みもまた良いな・・・!


前作の方向性そのままにプロダクション面で向上を遂げており、僅か2曲と言う少なさだが
次のアルバムが非常に楽しみになってくる1枚となっておる!やはりまだ専任シンガーがおらず
この辺でまだ完全体とは言えない状態なんだが、彼らの音楽性にはメタルコアタイプのパワー系
スクリーム
よりも本作のような昔ながらのしわがれた吐き捨てデスVoのほうがマッチしとるわい!
こういうタイプのシンガーが加入した次のフルアルバムを期待しようではないか・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







"Reborn"




日本の激クサ慟哭メロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


クサ神様じゃ〜!クサ神様のお帰りじゃ〜!(爆)
そんなわけで日本が誇る超絶激クサ慟哭メロデスの神が帰ってきた!
最早伝説の存在となったSERPENTを母体に新たな姿でシーンに光臨し、
クサメタラー的には砂漠で遭難した人間にとっての水のような存在となった・・・!
だがその一方でメンバーがなかなか安定せず、ライヴではサポートメンバーを加え、
フロントにあの日本最強スクリーマー、道元氏が立っていたのも印象的な話じゃて・・・!
だが通産2作目に当たる本作でようやくメンバーが固定し、弱点だった音質
先のシングルで結果を残したように向上し、磐石の態勢で本作をリリースしてきた!
・・・のだが新たに加入したシンガーがかなり癖の強いタイプで、掠れたような
呟きグロウル
は悪く言えば弱々しいとも言え、先に公開されたMVでもかなりの
賛否両論が上がった
ようだ・・・!

1曲目は早速の叙情慟哭ギターが登場し、語るような呟きグロウルが聴けるイントロで、
続く2曲目もまたドラマティックなギターが聴け、バックにシンセを配し疾走!
呟きウィスパーグロウル
とも取れるVoは個性的だが確かに弱弱しいのう・・・!
ギターソロがまた完全に構築されており、ピアノ部分なんか凄まじくクサく
たまらんわい!
3曲目も呟きグロウルを乗せクサく劇的なギターが登場し疾走!
やはりギターやシンセ等かなりの構築美が見られ、4曲目もまたクサさを放つ
疾走チューン
となり、得意のワルツ的なフレージングも聴けるぞ!
5曲目もVeiled in Scarlet独特のワルツ的ギターフレーズが聴け、
シンセもストリングス系の音色でバックを彩り、後半のギター、ピアノの絡み
また素晴らしいのう・・・!6曲目はアグレッション薄めの淡々としたミドル曲だが、
やはりギターが相当に慟哭しておりこのVoもこういう曲調にはマッチしているだろうか!?
中盤のギターソロも完璧なる構築美で練り込まれており実に素晴らしい!
7曲目はクサクサ慟哭ギター、シンセと共に疾走し、8曲目はミドル寄りで
やはりギターが素晴らしいクサさ、構築美を放ち珍しくVoが低めのグロウルを披露、
こういう歌い方のほうが良いんじゃないか!?9曲目はこれまたクサく
ドラマティックに疾走!
ギターソロもやはり練られておりトレードマークの
ワルツ風フレーズ
がたまらんなぁ・・・!10曲目は淡々としたロマンティックな
スロー曲
で、バラードと捉える事も出来るであろう楽曲だ。やはりギターが
泣きまくり慟哭しまくりでこの上無くメランコリックさを放っているぞ!
ピアノもまたツボを付いており徹底して泣かせにかかるのう・・・!


楽曲は当然ながら素晴らしい出来で、慟哭しまくりのクサクサ激泣きギター
徹底的にドラマティックさを放ちまくる、最早唯一無二と言って良い程の
ハイレベルさを見せているんだが、確かにこのVoは賛否分かれるだろうなぁ・・・!
ただVeiled in Scarletの音楽性にはハードコア、メタルコアタイプのタフな
道元氏の声質
よりかは昔ながらのデスメタルらしいデスVoのほうが
マッチするのも事実である!個人的にはVeiled in Scarletは楽曲で聴かせるバンドなんで
この弱弱しい掠れた呟きVoでも大して気にならないかのう・・・!まぁそれでもやはり
前任者のような王道タイプのデスVoのほうが良いんだが(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"Lament"




日本の激クサ慟哭メロディックデスメタルバンドによるミニアルバム。


我等がクサ神やけに早いペースでのご帰還である!SERPENT時代以上に
繊細で緻密なツインギターが圧倒的な構築美を放ち、国産メロデス界に
Veiled in Scarletあり
とその名を轟かせつつも、シンガーだけは微妙極まりない
人選
で、チンケな溜息Voが折角の曲の良さを生かし切れておらず、しかもその後
喉を痛めたようで世界中のファンが予想した通り脱退、さらにギターの
片割れも脱退し、
結局メンバーは固定せずライヴもゲストVoを迎えて行われておる!
2ndから1年経たずにリリースされたミニアルバムの本作も1stで歌っていた
Shin氏が参加しており、音楽性にマッチした昔ながらの吐き捨てVoを披露、
もう彼が正式メンバーでいいんじゃないか!?

1曲目は早速のクラシカルでワルツ的なピアノがクサい泣きを演出、
そのままクサくドラマティックに疾走しギターソロも構築されており
たまらんわい!
2曲目も叙情的なギターフレーズが顔を出しこの曲も
ギターソロが素晴らしく、3曲目はSERPENT時代にデモのみに収録されていた
幻の楽曲のリメイク
のようで、バラード的なメロウさが目立ち、クリーンギター、
ピアノに呟きVoがエモーショナル泣きのギターソロも聴き所じゃのう・・・!
4曲目は再びクサいギター、シンセと共にドラマティックに疾走!ギターフレーズがまた良く
ピアノと絡み合うギターソロの構築美に震えるわい!5曲目もまたリードギターが
かなりの叙情性
を見せるが、彼等の曲としてはオーソドックスなメロデス寄りか!?


これよ!やっぱこれよ!2ndで見られた圧倒的な構築美、独特のワルツ的で
クラシカルなクサさ
に加え決してパワフルという訳では無いんだが、昔ながらの
メロデスタイプ
の音楽性にマッチした吐き捨てグロウル!前作の唯一の不満点が
解消され、欠点を気にせずこのドラマティック極まり無いVeiled in Scarletの
世界観に存分に浸れる
のう・・・!歌謡曲的なクサさのGYZEとも、クサさと共に
突進力、アグレッション
も武器とするTHOUSAND EYESともまた異なる、ロマン溢れる
独特のクラシカルなクサさ
が実に素晴らしい!前作はクソVoを我慢して聴かねばならず
そこが苦痛だったが、
本作にそれは無いので安心して頂きたい!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 92% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system