【_Vani;lla】







"偽カルチャー"




日本のヴィジュアル系バンドによるアルバム。


DIR EN GREYのパクリバンドとして良くも悪くも愛される(?)ガゼットの
パクリバンド
として知られているバンドである!(爆)まさしくビートたけしの
モノマネ
をするナイナイ岡村のモノマネをする酒の席の素人的なノリなんだが(爆)、
音楽的にも確かにDIR EN GREYよりも初期の頃のガゼットに相当近いムード
放っておりパクリバンドのパクリバンドという不名誉の称号を授かるのも
よく判る拝借振り
を見せておるわい!

1曲目はチープなギターの音色で始まりインダストリアルライクなリズム、
デジタルサウンド
モダンなリフが聴けるイントロで、2曲目もまたモダンな
バンドサウンド
デジタルライクな無機質さを感じさせ吐き捨てVoラップ風の
リズムでシャウト
単調ながらもそれなりにはアグレッシヴさを出そうとしているな。
言われているように確かにガゼットっぽさが強いのう・・・!3曲目はハードさを出しつつも
軽快なノリ
ベースロックンロール的なラインを弾きヴォーカルも相当に癖の強い
歌い回しを披露しており
これまた昔のガゼットでありそうな曲なんだが、ダミ声等を駆使して
歌うヴォーカル
の表現力はこっちのほうが上だな。4曲目はラジカセのSEで幕を開け
パンク、メロコア的な軽快な疾走感を放ちどこか歌謡曲的な部分もあるか!?
弱さを加工でごまかすシャウト
もまさしく初期ガゼット的だな(爆)。5曲目もまた
ライトな音作り歌謡J-ROCK風ヴィジュアル系と言えそうなムードを放っており
6曲目は音作りこそ軽いものの多少モダンさが出始め低音で呟く加工Voがまた妙に
怪しいのう・・・!
途中のリズミカルな加工シャウトガゼットっぽさが強いな(笑)。
後半の人をナメたようなヴォーカルも実に胡散臭く表現力は無駄にあるのう・・・!
7曲目はこれまたパンキッシュな軽快さのある疾走感を見せるファストチューン
勢い重視な仕上がりを見せているな。8曲目はオルゴールの音色で幕を開け軽い音作りで
売れ線のポップさ
を放つありがちなシングル向けの曲だが、Aメロのベースジャジーで
オシャレなムーディーさ
も見せているのう!中盤過ぎのナヨナヨしたヴォーカルラインがまた
昔のガゼットがよくやってた歌謡タイプの曲調でありそうな感じじゃわい・・・!
9曲目は穏やかなバラード系のスタイルだがメロディーはまんま歌謡曲である。
中盤の癖の強すぎるナヨナヨ歌唱、アカペラ相当にキモく、ガゼットよりは良いものの
やはりお世辞にも上手いとは言えんなぁ・・・!10曲目はサーフロック的な出だしから
軽い音作りでどこかメリーっぽいムードを醸し出すもヴォーカルはダミ声で喚いており
クサさはその分薄いのう・・・!
サビのコーラスは非常にチャラく、ギターソロのメロディーは
まんま歌謡曲だが南国的なムードも強いな。11曲目はちょいとハードだが
やはりパンク的な要素が強く出ており疾走感、ギターのメロ等相当に青春パンクしておる!
12曲目は1曲目と同じフレーズが聴けるアウトロだ。


ガゼットフォロワーと言う有り難味皆無の称号を授かるバンドではあるが
ヴォーカルは癖こそ強いもののこっちのほうが上だな。まぁいずれにせよ上手くは
無いのだが・・・!(爆)思ったほどモダンでは無くライトな音作りパンク、メロコア的
ノリや歌謡J-ROCKライクなノリを持った曲も多く、ラウドV系だと思わず
歌謡メロコア風V系と思って聴いたほうがしっくり来るだろうなぁ・・・!どうやら
既に解散してしまったようだがやはりパクリのパクリと言う
不名誉極まりない称号がイヤになったんだろうか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Rabid birthday  去えない人形、消せぬ疎外







もどる


inserted by FC2 system