VAMPIRE PLEDGE







"VAMPIRE LIBRARY"




日本の女性ヴォーカル慟哭メロディアス正統派メタルバンドの1stアルバム。


かつて裸体少女、鋼鉄楽団かなで〜ると名乗りLIGHTNINGやABSOLUTE AREA等と
よく対バンしオリジナル曲をやる一方でアニメソングのメタルカヴァーを披露してきた、
グダグダながら面白いMCVOLCANOライクな慟哭ギター、キャッチー極まりない良質の
メロディーセンス
を携えた女性Vo正統派メロディックメタルバンドによる1stアルバムである!
元々泣きのギター、メロディーセンスに定評があったバンドのため本格的な活動を開始してくれたのは
実に嬉しい限りじゃわい・・・!ちなみにギターの片割れはSTUDIO BURNINGの狂介氏でドラムが
LIGHTNINGのGIGA THRASHER氏とメンバーも実力派が揃っており演奏面に問題は無い!

音は非常に軽いが淡々とした中に勇壮さを感じさせ叙情的なツインリードが聴けるイントロに続く
2曲目は出だしから非常に劇的でクサいギターが聴け疾走、女性Voは淡々とした歌唱を披露し
細かいリフワークが良くサビは非常にクサくキャッチーでその後のツインリードがまたたまらんわい!
3曲目は正統派らしさを感じさせる良質のリフが聴けいきなりギターソロも飛び出しこれまた
キャッチーなヴォーカルが聴けるアップテンポチューンである。ギターソロはいかにもなVOLCANOタイプの
慟哭フレーズ
を紡ぎ出しIRON氏同様屍忌蛇氏の影響を感じさせるセンスが炸裂するぞ!4曲目は
スラッシーな疾走感を持ちいきなりデスVoも顔を出すがAメロではテンポが落ち男Vo・・・というか
男台詞
も飛び出しサビはやはりキャッチーになりギターソロはドラマティックに構築され速弾きを
交えつつもメロディー重視のプレイを見せこれまた慟哭のツインリードが叙情性を強烈に放つぞ!
5曲目は煌びやかなシンセ、テクニカルに唸るベースが印象的なミドル曲。もはやいい意味でポップスの
領域
へと足を踏み入れたような恐ろしくキャッチーなヴォーカルメロディーがやはり素晴らしく
ここら辺はやはりメロディーに特化した日本人らしいセンスだろう・・・!6曲目は大仰なイントロ
始まり正統派ライクなメタルの王道を行くリフが聴けヴォーカルはアニソン的爽やかさを感じさせる
ミドル/アップテンポ曲でやはりサビが非常にクサくキャッチーである!ギターソロがこれまたかなりの
叙情慟哭成分を見せるツインリードでつくづく恐るべきセンスの良さじゃのう!7曲目はライヴでも
何度もプレイされてきた代表曲(?)で、これまた正統派メタルのカッコよさを放つリフが聴け7〜80年代の
HR/HM
の美味しい所を取り入れた感がありライヴで掛け合いが盛り上がるサビを持っているぞ。バックの
ギターがまた良くオブリやギターソロはネオクラ成分入りの速弾きフレーズを聴かせてくれるのう!
8曲目はいつになくアグレッシヴなイントロで始まりワイルドなリフ、速弾きソロがインパクトを放つ
ノリの良さを感じさせるアップテンポ曲だ。サビ後の目の覚めるようなタッピングが強烈なフックとなり
メロディアスなツインリードも顔を出すソロが印象的だな・・・!9曲目はこれまた速弾きギターソロ
イントロで聴けるパワフルなアップテンポチューンでサビは珍しくメロスピ系の疾走感、飛翔系の明るい
メロディー
を聴かせてくれるぞ!ギターソロは速弾き重視のプレイでその後のサビのバックで聴ける
リードギター
がまた良いのう・・・!10曲目はピアノによる叙情的なインスト曲。


VOLCANO直系の慟哭叙情ツインリード、正統派メタルの矜持を感じメロパワ、メロスピの疾走に
頼らない
良質のリフ、リズム、そして恐ろしくメロディアスでキャッチーなヴォーカルメロと
楽曲だけなら非の打ち所の無い高品質振りを発揮している!欠点としてはまぁまだヴォーカルが
弱い
所とあとはかなりのチープさを残したプロダクションで、特に後者のせいで曲は良いのに
かなり損をしている
がもしこれらが改善されたら凄まじい事になりそうだな・・・!メロディー派の
クサメタラー
も、メロスピはリフがつまらなくメタル魂を感じられないとお嘆きの
正統派メタラーも揃って楽しめる美味しい所取りの1枚である!将来化けそうなんで
今のうちにチェックしておくのが吉だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system