Valhalla







"Dystopia"




日本のシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの1stアルバム。


今年最大の目玉アルバムとして同人クサメタラーの間で超話題となった
新進気鋭の1枚である!その音楽性はまさに我々の最も弱い部分
執拗に突く王道のシンフォニックフィメールクサクサゴシックメロスピ
Asriel六弦アリス等と同じ、非カヴァーでこのシーンにおいて最も
需要あるスタイル
を踏襲しているがその中でもこの両者と比べて何ら遜色ない
実力
を持った、さながら北辰会館空手トーナメント決勝長田弘に勝利した
姫川勉にその場で真剣勝負を申し込んだ藤巻十三のような存在である!(爆)
メジャーメタル界の超大型新人PATHFINDERならばインディーメタル界の
超大型新人
は彼等Valhallaである!

ダークなピアノ、チャーチオルガン、モダンなリフによるイントロに続く
2曲目はストリングスシンセ、打ち込みリズムが聴け神秘的な雰囲気を
演出、
そしてメタリックなリフ、キラキラシンセと共にシンフォニックに
疾走!
女性Voも登場しプロダクションは悪くドラムも打ち込みでチープだが
それを補うクサさがあるぞ!メロディーもアレンジもかなりクサい!
ギターソロはネオクラ系で短いのが惜しいのう・・・!3曲目はオルガン、
ピアノ、チェンバロ
と共にメタリックに疾走するシンフォゴシックメロスピだ!
我々が最も好むタイプのクサメタルでヴォーカルパートで終始ピアノが舞い
ベースも唸りメロディーも強烈なクサさがあるぞ!ギターソロもタッピング
駆使してクラシカルなクサさを放っておるわい!4曲目もオルガンとピアノが聴け
打ち込みデジタルリズムの後にモダンなリフが登場、インダストリアル系の
雰囲気
を感じさせるスロー曲だがアグレッシヴなバンドサウンドが叩きつける
リズム
を聴かせるカオティックなパートもあり後半でやはり疾走!メロウな
パートとへヴィなパートが交互に顔を出すのう・・・!5曲目は大仰な
ストリングス
で始まりピアノも聴けバンドサウンドは軽快さを出しアップテンポで
展開していく
本作としてはライトでポップな方面に接近した曲。サビは
やはりアニソン的なキャッチーさを携えたクサメロじゃのう!実にセンスあるわい!
6曲目はピアノが聴ける叙情的なバラード曲。途中で重くは無いバンドサウンド、
ストリングスも聴け王道のロックバラードを踏襲しているが雰囲気的には
やはりポップスに近いかもしれんのう・・・!7曲目はピアノ、ストリングスが
メロウかつポジティヴな雰囲気を出すまさかの2連続バラードである!
途中で疾走するかと思いきやそうではなく終始バラードでシンフォニックな盛り上がりを見せ
曲としては悪くは無いがこりゃちょいとアルバム構成ミスか!?
8曲目はピアノによる繋ぎの短いインストで続く9曲目はようやく登場の待ってましたの
シンフォニックゴシックメタルだ!シンセがクサいフレーズを放ち細かく刻む
ギターリフ、得意のピアノ、女性ヴォーカルがどちらかといったらアニソン的な
キャッチーさ、ポップさ
を放ちサビはまさにそんな感じである!


プロダクションは自主制作らしい甘さがあるもその世界観たるや一言で
表すならばまさに女性ヴォーカル化したMoi dix Mois!ストリングス、
チェンバロ、チャーチオルガンにピアノでシンフォニックに彩り
切れのあるバンドサウンドで疾走しまくりギターソロはネオクラシカルな
フレーズを連発、
そしてヴォーカルメロディーは日本人のツボを刺激する
キャッチーなクサメロてんこ盛り
でこりゃPATHFINDER同様話題になるわけだ!
・・・と言いたかったんだがアルバム中盤以降ちょいと濃さが薄れポップス寄りになってしまい
PATHFINDERと違って最後まで高いテンションを持続する事は出来なかったなぁ・・・!
X JAPANじゃないんだからバラード2連発はマズかったのう・・・!
メロディーも様式美、歌謡曲クサメロではなくどちらかと言えばアニソン、J-POP的な
フレージング
に徹しておりこの辺もリスナーによっては評価が分かれる部分だろう・・・。
同人シンフォニックゴシッククサメタルの救世主たりえる実力は
問題無く備えているんだから次は全曲爆走とまでは言わないものの一貫したスタイル
ダークなクサクサシンフォゴシックに徹して貰いたいモンである!バラードは1曲で十分じゃ!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 宵闇のレヴェイユ、アンタルジークの檻







もどる


inserted by FC2 system