Vaguedge dies for dies irae







"Clamantes Monimentum Mortis"




日本のエクストリームメタルプロジェクトによるカヴァーアルバム。


Hull氏が本格的にImperial Circus Dead DecadenceのRib;y(uhki)氏と組んで
製作し名義も“Vaguedge dies for dies irae”として心機一転しリリースされた1枚で、
VAGUEDGEのアルバムは非メタルの様々な要素を盛り込んだ幅広いスタイルだったが本作は
完全にメタル一本に絞っており北欧メロディックデスの流れを汲む慟哭系の
リフワーク
本格的なデスVo、そしてトランス系の電子音シンセモダンな
要素
も盛り込まれ最近のIN FLAMESDISARMONIA MUNDI的な面を感じさせ
BLOOD STAIN CHILDタイプのダンサブルさも持った良質なエクストリームメタル
これでもかというほど聴かせてくれるぞ!歌詞も勿論全部英語だ!

電子音、インダストリアル系のSE的な音からモロに打ち込みテクノ、トランス化する
イントロ
に続く2曲目は早速の慟哭系リフ絶叫シャウトで疾走し電子音シンセ
登場するモダン要素を持ったメロデスチューンだ!ヴォーカルは大半がデスVo
Imperial Circus Dead Decadenceで実力を見せ付けたRib;y(uhki)氏の仕事なので
安定のクオリティーを保っているがサビのクリーンパートはやはりV系の香りが微かに
残っている
な・・・!3曲目は叙情的かつキャッチーなギターで始まり電子音も登場、
モダンな空気プンプンでクリーンVoもエフェクトが掛けられ最近のIN FLAMES
DISARMONIA MUNDIFACTの要素を混ぜ合わせたような感じになっておるのう・・・!
4曲目はこれまた電子音が目立った退廃的な雰囲気を放つスロー曲。クリーンVoが
やはりV系っぽいメタルコアスクリーモ、ニューメタルっぽい歌い方は
簡単そうに見えてニュアンスを出すのが意外と難しかったりするからなぁ・・・(笑)。
5曲目は気合の咆哮から絶叫、ホイッスルVoと共に電子音シンセを交えて疾走する
アグレッシヴなデスラッシュだ!加工クリーンVoはやはりダンス要素が強く
FACTっぽい雰囲気があるのう・・・!ギターソロは聴き覚えのあるフレーズ
泣きのトーンで綴り上海アリス幻樂団の楽曲である事を思い出させてくれるな(笑)。
6曲目は何かどっかで聴いたようなリフで幕を開けピコピコ電子音と共に
ブラスト
で爆走!ガテラルも多用され実にアグレッシヴな曲だが途中
アトモスフェリックな叙情パートが顔を出しそこでのクリーンVoはやはりV系
他バンドはヘナチョコが多い中この手のスタイルとしては高い歌唱力を持っているな・・・!
7曲目は電子音シンセで始まりミドル〜スローテンポで展開しモダンなリフ
ピコピコシンセが乗った退廃的な曲。ヴォーカルは珍しくクリーンが大半を占めており
メロウな慟哭ギターソロが中盤で聴けその後ブラストが登場しホイッスルVoと共に爆走する!
8曲目はBLANKFIELDのカヴァー・・・つまりカヴァーのカヴァーで(爆)、これまたDir en greyタイプの
ホイッスル、狂った奇声
と共に爆走するアグレッシヴなデスラッシュ
デジタル音、トランス系シンセも目立ちかなり熱いキラーチューンに仕上がっているのう・・・!
中盤からクリーンギター、シンセがなぜかプログレ的な展開を見せるのも面白く
ビートダウン、ガテラルからデスVo以外はもろにトランスなパート
顔を出しストレートでいながら先が読めないアレンジが楽しめるぞ!


プロダクションこそ軽さを感じさせるものの演奏、ヴォーカル、楽曲アレンジ等
一級品と言える仕上がりとなっておりまぁ東方アレンジなんで聴き飽きた
フレーズが顔を出すパート
もあるが全体的に見事なモダンメロデスで
カヴァーっぽざが無い
のが好感持てるのう!方向性としてはYAMAGEN'S DEVILELIETと
被る気がしなくも無い
がこっちはより打ち込み要素も強くFACTっぽい部分が
目立っているので住み分けは出来ているな。ギターソロが少ないのが惜しい気もするが
カヴァーである事を気にしないならば最近のIN FLAMESやDISARMONIA MUNDI、
BLOOD STAIN CHILD
辺りを好むモダンなメロデサーかなり満足できるであろう
仕上がりとなっているぞ!





オフィシャルで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 Blinded For Vampire's Sorrow、Flowering Afterlife、
Dancer In Haunted Dark Alley、Six Remains, These Of Agony、Last Remote








"MEMORIAE"




日本のエクストリームメタルプロジェクトによるミニアルバム。


先日ようやくライヴも行われ、演奏はともかくノリは相当にユル〜い感じの雰囲気
見せてくれたエクストリームメタルカヴァープロジェクトによる企画ミニアルバムで、
あまり宣伝されておらず密かにリリースされたような印象があるんだが、中身としては
純粋な新譜では無く過去にコンピレーション等に提供された楽曲を寄せ集めた感じで、
一応ミックス等は変わっているのだろうか!?

1曲目は前作と同じイントロのSEで、2曲目はデジタル音を交えつつもメタルコア然とした
音作り
で疾走!グロウル系シンガロングも交えデスVoアグレッションを放ちつつ
サビは今風のチャラさも見られるクリーンVoだが、その後はブラストビートも炸裂するぞ!
中盤のビートダウンデジタル音が目立ち今風だがピッグスクィールやら最近のDIRっぽい
ホイッスルVo
を連発し差別化を図っておるのう・・・!後半のギターソロエモーショナルな
面も見せてくれるぞ。
3曲目は上記のアルバムにも収録された、軽快なノリを放つリフ、リズム
どこか正統派寄りなんだが、デスVoデジタルシンセはいかにも今風なエクストリームメタルである。
4曲目はメロデス寄りの叙情リフと共に疾走!音の軽さが気になるしデジタル音も顔を出すが
やはりこういうリフが俺は好みだな。ファルセットのコーラスも顔を出し怪しさもあるな・・・!
サビは東方フレーズでお腹一杯なんだが仕方無い(爆)。ギターソロはかなり流麗じゃのう・・・!5曲目も今風な
デジタルシンセが聴けつつも疾走!
珍しくクリーンVoで幕を開けヴィジュアル系っぽさを放つが
勿論デスVoピッグスクィールも聴けるぞ。ギターソロが意外にもどこかブルージーな泣き
見せているが、その後のシンガロングパート今風のチャラさがあり、あろうことかラップまで登場!(爆)
6曲目はこれまた上記のアルバム収録曲で、本作中最もストレートなメロデスに近いメタルコア
シンセも聴けるがチャラさは薄めだろうか!?


前作同様やはりまだプロダクションが軽く、既存曲オンリーなので全ての曲を知っている
リスナー
からすると新鮮味が薄く、やはり企画盤の域を出ていないアルバムなんだが
コンピの曲を纏めて聴けるのはありがたいだろうか!?今聴くとやはりデジタルシンセ等
かなりチャラく、
モダンながらも基本はメロデスなANOTHER STREAMや、ヴィジュアル系の
流れを汲んだ耽美なクサさ
荘厳なシンフォニックさが武器のImperial Circus Dead Decadence
ほうが個人的には好みなんだが(爆)、ようやく攻撃再開し新譜をリリースしたICDD同様
こっちも活発な活動を期待したい所
じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 …for Bloodlust and Anima  The Red Punishment of Luna
Dancer In Haunted Dark Alley







もどる


inserted by FC2 system