VORCHAOS







"Vortex of chaos"




日本のラウド/エクストリームメタルバンドによる1stアルバム。


実は何年か前にたまたまライヴを観た事があるバンドで、そのサウンドに
似合わない吉祥寺クレッシェンドでのライヴだったのを記憶している。
本作はデビューアルバムで、音楽的には今風メタルコア、ポストハードコア
基本となっており、疾走感もあったりメロデス路線のリフも見られたりは
するんだが、グロウルも交えつつクリーンVoがかなり目立っており
音作り自体はエクストリームメタルなんだが、楽曲的にはむしろJ-ROCK、
ラウド路線
な感じでメタラーよりもウェイな奴等に受けるかも知れん・・・!
ちなみに歌詞は今後も一貫して日本語詩である。

1曲目はSEによるイントロで、2曲目は勢いあるメタルコアな音作りで
シンガロングも登場し疾走するが、クリーンVoがかなり目立っており
ギターソロはなかなかに流麗だな。3曲目は日本語グロウル、ダミ声、語りが目立ち
これまた疾走、DIR EN GREYに近い印象もありつつエモ的な面もあり、4曲目は短いSEの繋ぎで
5曲目は怪しげなギターが聴け、ヘヴィな勢いを放ちつつ日本語ダミ声の
アジテーション風Vo
が登場、メタリックになった激情ハードコアと言えなくも無いか!?
6曲目はクリーンギターが穏やかさを演出するバラード系で、後半なかなかにプログレ的
なるんだが、こういう音だとやはりVoの歌唱力の足りなさが浮き彫りになってしまうなぁ・・・!
7曲目は短いSEの繋ぎで、8曲目はヘヴィかつ細かいアンサンブルのアップテンポで、
エモ的な印象もあり9曲目はキャッチーな印象が強いエモメタル風の
軽快なアップテンポ
だな。10曲目もバンドサウンドはヘヴィで勢いがあり
ブラスト
も聴けるんだが、Voはクリーンが大半じゃのう・・・!11曲目もヘヴィでワイルドな
アップテンポとなり、途中から疾走もしておりギターソロがメロディアスで良いな。
12曲目はヘヴィでありつつ暗めのバラード的なメロウさ、穏やかさもあり、
13曲目はメロデス寄りメタルコアなリフと共に疾走!ストロングな勢いが見られ
14曲目もパワフルなリフ、リズムのミドル〜アップテンポだな。ギターソロはかなりの
勢いを見せるシュレッド
で、この辺は間違い無くHM/HRである!
15曲目はボーナスで、2曲目のアコースティックアレンジだ。


バンドサウンドはメロデス要素の残ったメタルコア、ポストハードコア
疾走感もあり好印象なんだが、クリーンVoが同系統バンドと比べて多く、
チャラい程では無いにせよ今風な感じで、メタリックでありながらも
HM/HRと言うよりはラウド系J-ROCKに近い印象があるだろうか!?
ギターソロがなかなかに流麗なシュレッドを披露しており、そこは十分に
メタルしておる!
曲数が多過ぎてダレてしまうのが最大の難点かも知れんな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Chaos core  誰そ彼  テクノブレイク
Give a cry







"Singularity"




日本のラウド/エクストリームメタルバンドによる2ndアルバム。


多少はメロデス寄りメタルコアなリフ疾走感もあるが、全体的に
クリーンVo多めで今風ポストハードコア、エモメタルな要素も強い
国産バンドによる通産2作目である。音楽的には前作の延長線上で、
クリーンVoがいかにも今風な感じでメロディーラインもJ-POPと言うか
J-ROCK
路線でメタラーが楽しめるかどうかは判断に困るが、少なくとも
バンドサウンドはメタリックチャラいデジタルシンセに走るような事も無く、
疾走感もありギターソロもあるんで、完全にイマドキチャラチャラした
ウェイ、アゲアゲ、パリピ
な連中がクスリキメながらビッチとヤル時の
BGMになっちまうような事は無い・・・と思う(笑)。


1曲目はいきなりのあんま巧くないクリーンVoによるJ-POP寄りのサビに始まり
嫌な気分になるも、その後は疾走グロウルも登場、ギターソロも聴けるぞ。
2曲目は擬似ライヴな煽りが聴け、リフもヘヴィになりストロングに疾走!
Voは激情ハードコア風でサビも在り来たりだが、ブラストも顔を出し
普通にエクストリームメタルしているな・・・!3曲目はSEによる短い繋ぎで、
4曲目はアンビエント感あるバラード寄り。やはりまだクリーンVoに
頼り無さが残っているな・・・!5曲目はラウド寄りのヘヴィさが見られる
グルーヴメタル路線で、ダークな怪しさがありクリーンVo等一昔前の
DIR EN GERYフォロワー
V系っぽさがあるか!?6曲目はエモに接近した
ギターが聴ける穏やかなバラード。7曲目はラウド寄りの疾走感を放ち、
アジテーション風のダミ声Voが聴けるぞ。8曲目はアウトロ的なデジタル音のインストだ。


前作の路線を踏襲しつつ成長した感じで、プロダクション、演奏の
キレの向上
に加え、無駄に曲数が多くダレを覚えた前作の反省か、
一気に曲数が少なくなりランニングタイムも30分程度と、かなり極端に
無駄を省いておりダレなくなった
のが大きいな・・・!前作に続いてちゃんと
疾走感ギターソロが残っており、今風メタルコア、ポストハードコアではあるが
今の所はセルアウトの心配は無さそうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 lm!







"Vorchaos"




日本のラウド/エクストリームメタルバンドによる3rdアルバム。


今風ポストハードコア、エモメタル要素を強く見せつつもこの手のバンドが
失われて久しい疾走感、メロデス風リフ、シュレッドギターソロが聴ける、
メロデスとしてはセルアウトだがポストハードコアとしては良心的
バンドによる通産3作目にしてメジャーデビューアルバムである!
メジャーと言う事で一気に売れ線ポップス化し、グロウル、スクリームや
疾走感の喪失、クソつまらん没個性アニソンJ-POPなサビ
ばかりに
なってしまうと恐れるリスナーも俺を含めて多いが、果たしてどうなのか!?

1曲目は早速メタリックさのあるスクリーモ、エモメタル感があり
VoラインはJ-POP寄りだな。2曲目はピアノにこれまたポップなVoが登場、
その後はヘヴィになるがユルいポップさも強く、3曲目でようやくヘヴィに疾走し
ダミ声Vo
が目立ち、シュレッドギターソロも聴けるぞ。4曲目はこれまた
J-POP、J-ROCK要素が強い売れ線ラウドポップ路線で、途中から
ブレイクダウンが登場、5曲目は穏やかで明るいポップスバラード。
6曲目はそれなりにHM/HRなツインリードが聴ける短い繋ぎで、7曲目は何とかなりの
ストロングさ、アグレッションを放つデスラッシュ路線の爆走チューンだ!
クリーンVoさえ無ければキラーチューンだと言えよう!8曲目も疾走曲だが、
クリーンVoメインで激情ハードコアに近い印象があるな。9曲目はシンガロングが目立ち、
怪しいダークさが見られるV系ラウド風。ラップ風パートは不要だ。
10曲目は何故か経読風なAメロに続き疾走感もあるラウド路線だな。
11曲目もそこそこハードだが曲調自体は完全にJ-POPでつまらん。


一応路線的には過去作の流れを汲んだメタルコア、ポストハードコア要素を
キープしており、グロウルヘヴィさも残されてはいるんだが、そこはやはり
メジャー作だけあってクリーンVoがかなりJ-POP、J-ROCK化しちまっており
鼻に付く
と言うか何というか、フックは無かったが特に売れ線でも無かった
過去作のほうが良かった
としか言えんな!グロウルの頻度も明確に減っており
疾走感も減退、
よくある凡百の売れ線ラウドJ-ROCKになっちまったんだが
昔からそういう要素がそれなりにあったからなぁ・・・!かつてたまたま観たライヴで
その場に居合わせた数少ない俺の知人曰く「こっち側(HM/HR側)の音では無い」って事だな(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 LET IT DIE〜おまえに届くまで〜  Abanthrash







もどる


inserted by FC2 system