VILDHJARTA







"Masstaden"




スウェーデン出身のプログレッシヴデスメタル/デスコアバンドによる1stアルバム。


ツインVo、トリプルギターの7人編成という大所帯バンドで、デビューアルバム以前に
EPをリリースしており、その頃はクリーンVoも交えていたらしいが、その後クリーンを
排除する方向性
に向かったようで、今の音楽性はトリプルギターを生かしたDjentタイプの
変態的かつヘヴィなプログレデス
となっており、デスVoも低音グロウルメタルコア直系の
スクリーチ
邪悪さを演出、それでいてただヘヴィでブルータルなだけでは無い、
どこか幽玄な雰囲気も放たれており和な印象もあるだろうか!?

1曲目は物悲しい幽玄さを放つクリーンギターに始まりゴリゴリにヘヴィなDjentリフ
怪しげなカオティックさを演出、2曲目もまたダークな神秘性が見られつつヘヴィな
Djent
となるのう・・・!3曲目も重苦しいスローテンポながらカオティックさが見られ、
4曲目も怪しげな幽玄さ、ゴリゴリにヘヴィな重苦しさが放たれておりカオティックな
変態要素
も押し出されているぞ。5曲目はクリーンギターによる怪しさ満点の暗さが見られ
ヘヴィサウンドも登場、6曲目はヘヴィな刻みが目立ちつつ途中であんま上手くない
クリーンVo
も聴けるが、確かに彼等の音楽性にクリーンVoはマッチしてないなぁ(爆)。
7曲目はクリーンギターによる静寂パートに続きヘヴィサウンドも顔を出すインスト。
8曲目は怪しげなギターの短い繋ぎで、9曲目もヘヴィなDjent静寂パートが顔を出し
10曲目もまた相当に重苦しく怪しいDjentで、後半はメロディーらしき部分も確認出来るのう・・・!
11曲目は細かさ満点の刻みリフに続き静寂パートも登場、12曲目もまた引っかかるような
重苦しいヘヴィなDjentリフが目立ち、13曲目はかなり美麗なアコギに始まり
ヘヴィサウンド、エフェクトの掛かったデスVoも聴けるのう・・・!


ゴリゴリにヘヴィで重苦しいエクストリームメタルでありながらも基本はスローで、
上記したようどこか和製ホラーに通じる怪しげかつ幽玄な叙情パートもちょくちょく挟まれており、
雰囲気モノと呼んで差し支え無さそうだな。メロディアスな部分は無く、疾走感劇的な展開
求めても楽しめないだろうが、幽玄な雰囲気に浸る分にはかなり良さげな1枚である!
OPETH近年のDIR EN GREY辺りが好きならハマる可能性のあるバンドだな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Eternal Golden Monk  Benblast







もどる


inserted by FC2 system