VICTORIUS







"The Awakening"




ドイツ出身の正統派/メロディックパワーメタルバンドによる2ndアルバム。


2004年に結成され、今現在で10年程のキャリアを持つ中堅所のバンドによる通産2作目のアルバムで、
前作リリース後にメンバーチェンジがあるも、その後ジャーマンメタラーにとってはある意味
伝説的なレーベル
であるNoise recordsカール・ウォーターバックに見出され本作をリリース、
音楽的には今時珍しい位にストレートなジャーマンメタルとなっており、ヴォーカルがかなり線が細く
弱弱しさがありそこが惜しい
ものの、パワフルなストロングさと共にテンションの高い
疾走チューン
を連発しており聴き心地の良い1枚に仕上がっているぞ!

1曲目から早速のハイテンションな疾走感を放つファストチューンとなり、ジャーマン的な
ストロングさ
を見せつつ同時にDRAGONFORCEっぽい空気もあるな・・・!2曲目もまた叩き付けるような
パワフルさ
を見せつつメロパワ然とした疾走感を見せるが、落ち着いたマイルドな叙情性も見られ
爆走一辺倒では無い緩急もあるぞ。3曲目は正統派寄りのストロングさを放つミドルテンポで、
明るめのサビがまたジャーマン、メロパワ然としており、中盤のピアノがフックとなっているか!?
4曲目は叙情性を放つツインギターが聴ける淡々としたミドル曲で、半端なバンドだと間違い無く
捨て曲になりそうな曲調
なんだがギター、コーラス等哀愁が強く楽しめるのう・・・!
5曲目はキラキラしたシンセも顔を出すパワーメタル然とした軽快なアップテンポチューンとなり、
メロウさも漂いつつサビがなかなかに憂いあるキャッチーさを放っており良いぞ!シンセ、ギターソロが
ネオクラシカル系
なのも聴き所である!6曲目はストロングさ、ダーティーさを放ちつつ疾走する
メロパワチューン
となり、ヴォーカルが線が細く弱いのが気になるが曲自体はカッコいいな・・・!
7曲目はモダンでは無いがヘヴィな印象を放ちつつ、クリーンギターによる叙情性も見られる
スローチューン。後半のギターソロで多少テンポアップするぞ。8曲目はジャーマン然とした勇壮なギターと共に
疾走感を放つも、その後は淡々としたミドルテンポで展開しサビで再び疾走だ!
9曲目もパワフルな疾走メロパワチューンで、テンポダウンもするがメロウな哀愁も漂っており良いな・・・!
サビがまた勇壮なキャッチーさを見せており、男の哀愁を感じさせるギターソロも大きな聴き所である!
10曲目もまたストロングな疾走感を放つジャーマンメロパワで、正統派然とした硬派さも強く漂い
男臭いシンガロングも印象的だな・・・!11曲目は“Metalheart”なんて曲名だが別にACCEPTの
カヴァーでは無く、
これまた男らしい硬派さに満ち溢れた剛直な正統派パワーメタルである!
12曲目は日本盤ボーナスで、どうやら昔のデモらしく勇壮かつ叙情的なツインリードで幕を開ける
正統派HM/HRなんだが、ただでさえ弱いヴォーカルピッチ等さらにヤバく
本作でそれなりに成長したと言う事が伺えるだろう・・・!


ヴォーカルがどうにも線が細く部分的にピッチが怪しい箇所もあり、そこがB級感
醸し出してしまってはいるも楽曲自体は非常にパワフルでストロングな硬派さを放つ
ジャーマン色濃いメロパワ
で、疾走チューンが大半ではあるもののそんな中にあって
メロウさ、叙情性も見られ緩急付いた仕上がりなのもセンスを感じさせるな・・・!
ミドル曲でも良い曲を書けそうな実力
を感じさせるだけに、あとはヴォーカルがもっと
正統派HM/HRらしい本格的な説得力、上手さを身に付けて頂きたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Age of Tyranny  Starfire  Under Burning Skies
Black Sun  Through the Dead Lands  Call for Resistance  Kings Reborn  Metalheart







"Dreamchaser"




ドイツ出身の正統派/メロディックパワーメタルバンドによる3rdアルバム。


「Power Metal is Alive!!」なるスローガンを掲げるドイツ出身の男気溢れるド硬派パワーメタルで、
ヴォーカルの弱さこそ気になれど、楽曲自体はジャーマン的な剛直さ溢れるストロングな
メロパワ要素が強く、
それでいてミドル曲の出来もなかなかに良かった良質バンドによる
通産3作目のフルアルバムである!本作の方向性も前作をしかと踏襲した硬派なジャーマン系
メロパワ
となっており、正統派寄りな面もありつつ曲によってはDRAGONFORCEっぽさを
感じさせる部分
もあり、サビ等メロディーもキャッチーな中に憂いを見せておる!

1曲目は叙情的な出だしから一気に疾走!明るさと共に一瞬ブラストも顔を出し
よりDRAGONFORCEに接近した印象があり、ヴォーカルは相変わらず線が細いものの
曲自体はカッコ良くサビも憂いあるキャッチーさを感じさせ良いのう・・・!ギターソロもツインリードで
勇壮かつ叙情的
である!2曲目はミドルテンポ寄り正統派に接近しつつもジャーマン、
パワーメタル的な面
はしかと見られるな。3曲目はポジティヴな明るさのあるコーラスに始まるも
その後はキラキラシンセと共に疾走!キャッチーさも強くインストパートシンセが
ネオクラシカル
な印象を放っているな・・・!4曲目はヘヴィでストロングな印象のある疾走チューンとなり、
モダンでは無いが無骨さの強いパワーメタルとなっているぞ!ギターソロはミステリアスさ
感じさせつつメロディアスに展開しておるのう・・・!5曲目はこれまたジャーマン色濃い明るさを放つ
アップテンポ曲で、サビはそれなりにキャッチーさがあるか!?6曲目はギターの細かい刻み
これまたジャーマン的だが、どちらかと言ったら正統派HM/HRに近い曲調だな。基本はミドル〜アップテンポだが
サビやギターソロで疾走するぞ!7曲目もまた正統派に近い珍しいスローチューンだが、
サビはジャーマンメタルの流れを汲んだキャッチーさも見られるな。ヴォーカルも前作と比べて
それなりに説得力が出てきており、こういう曲調でも聴かせ切れる所が良いのう・・・!
8曲目は細かいギターフレーズと共に疾走するも、Aメロ以降で失速淡々としたミドルテンポになり
サビで再び疾走するジャーマン系の明るい曲となるぞ。ソロパートはギターとシンセのバトル
どこか様式美ライクな印象もあるな・・・!9曲目はダークな重苦しさを放ちつつパワフルに疾走!
モダン
では無く正統派HM/HRの中でヘヴィさを放っており無骨なパワフルさを感じさせてくれるぞ。
10曲目はダウンチューニングで結構モダンな印象が強いが、曲調自体はあくまでもジャーマン、
正統派
だな。11曲目はドラマティックなギターで幕を開ける穏やかなバラード。ギターソロは
泣きを見せるメロディアスなプレイで実にエモーショナルじゃのう・・・!12曲目は日本盤ボーナスで、
正統派に近いアップテンポだがサビはいかにもジャーマンな仕上がりだな・・・!


前作の流れを汲んだ正統派寄りのジャーマン系メロパワとなっており、ヴォーカルは
線の細さこそあまり変わらない
もののピッチは安定してきている印象があり、楽曲面も
よりキャッチーさ、メロディアスさを増しており憂い、叙情性あるフックを感じさせてくれるぞ!
前作に続いてジャーマン、メロパワ好きであれば楽しめる良質の1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Twilight Skies  Dragonheart  Fireangel
Speedracer  Where Ravens Fly







もどる


inserted by FC2 system