VERSUS THE WORLD







"Drink. Sing. Live. Love."




アメリカ出身のメロコア/エモバンドによる2ndアルバム。


THE ATARISLAGWAGONのメンバー等によって結成されたプロジェクト的な
色合いの濃いバンド
で本作が通算2作目のアルバムとなっておる!音楽的には
メンバーの元のバンドを思わせるメロコア要素の強いスタイルだがとりあえずは
エモ/ポストハードコアとされているようで確かによくあるメロコア的な青臭い
明るさ、疾走感は無く
どこか淡々としたムード漂うミドル曲がメインとなっており
どこか明るくなり切れない陰りのようなものは感じさせるのう・・・!演奏や
ヴォーカルは妙に上手くタイトハードロック色濃いギターソロも聴けるぞ!

1曲目はエモと言うよりもどこか淡々としたメロコアに近い音作りを見せる
ミドル曲だが意外と流麗な速弾きを見せるギターソロも顔を出すぞ!2曲目も
メロコア寄りだがやはり明るさは無く爆走もせずミドルテンポで陰りのある
淡々としたムード
を演出、サビは多少はキャッチーか!?3曲目はいかにも
アメリカのバンドらしい乾いた明るさ
を見せるもやはりどこか落ち着きのある
ミドル曲。
サビがこれまたキャッチーさを感じさせるのう・・・!4曲目は
語りに始まりどこか怪しげな淡々としたリフが聴け多少はノリの良さを見せる
アップテンポ曲
ヴォーカルメロがこれまた怪しげでフックがあり良いな。
メロディー重視のギターソロ
も顔を出すぞ!5曲目は前曲を引き継ぐかのような
暗くもドラマティックなリフ
で幕を開けるがヴォーカルと共に淡々とした展開になり
サビは怪しくもキャッチーさがありワウを効かせたギターソロは充分に
ハードロック的だ!6曲目はアメリカのバンドらしい穏やかさを見せる
ミドル曲アコギも微かに聴こえるのう・・・!7曲目はメロコア色濃い
雰囲気
を漂わせつつも爆走はしないミドル〜アップテンポ曲。サビがまたキャッチーだな。
8曲目は淡々としたムードを醸し出しライトなノリを放つ穏やかな
メロコア
と言った感じの曲だ。ギターソロも聴けるぞ。9曲目もメロコアながら妙に
落ち着き
がありメロディーが憂いを漂わせさらにキャッチーさもあるぞ!
ギターソロもこの手のバンドらしからぬ流麗さがあるのう・・・!10曲目は本作としては珍しく
勢いを感じさせるタイトなリフ、リズムを披露しシリアスなムードを演出、
それでいてヴォーカルはメロウな部分があるぞ!ギターソロもまた聴き所である!
11曲目はここに来て初の疾走を見せつつもバンドサウンドはハードな要素のある
タイトでシリアスな憂い
を帯びたファストメロコアチューンである!
ギターソロも速弾きを交えつつメロディーも奏でており短いのが悔やまれるな・・・!
12曲目はクリーンギター、ヴォーカルがメインの淡々としたブルージーな質感
内包したバラード系のスロー曲。中盤の盛り上がりがポストハードコア的か!?
ギターソロも哀愁漂っており良いのう・・・!13曲目はギターの音色がエモ的な
ハードさを内包したミドル曲
でやはり淡々とした憂いを感じさせるな。
中盤付近からチェロの音色もバックで登場し壮大さも見せるぞ!


メロコア畑のメンバーによるエモ系のバンドという事で音楽的には確かに
メロコア要素が感じられるもののやはり明るくなり切れない、おバカに
なり切れない陰り、憂い
が漂っているな・・・!だがそれでもイギリスや
ヨーロッパのバンド
ではなくアメリカのバンドなんで陰りがあるとは言っても
それなり程度でやはり根底にはアメリカ産らしいカラッとした部分があるか!?
疾走感も無く全体的に地味エモ、ポストハードコアと呼ぶには激情が
足りない
のだが質は低くないので暗めのミドルテンポメロコアと
割り切って聴くのが吉
だろう!ある意味大人のメロコアである!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Mason Grace  The Kids Are Fucked  Lullabye
Oh Brother, Where art Thou  In Fear of Finale  Donner Pass  We Were Alive







もどる


inserted by FC2 system