VEONITY







"Gladiator's Tale"




スウェーデン出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


2013年に結成され、本作の前にEPを1枚リリースした経歴があるらしく、
本作が彼らにとって初のフルレンスアルバムとなっているようだ・・・!音楽的には
メロスピでは無く男臭さ漂うジャーマン的なメロパワとなっており、ギターリフも
そんな感じ
ならリードギターもそんな感じでクサさを放ち、さらに漢メタルには珍しい
キラキラシンセも随所で顔を出し、この辺のセンスは北欧的な部分だろうな・・・!
ちなみにゲストでREINXEEDのTommy JohansonRANCERのIsak Stenvallが参加している。

1曲目はキラキラシンセ男臭さ満点でありつつ妙に能天気なシンガロングが登場し
ジャーマン的に疾走!ヴォーカルがかなり男臭く、よくあるB級メロスピのような
ヘナチョコ軟弱系
じゃないのが好印象だな。サビがまた明るくもクサくて良いぞ!2曲目もまた
細かいギターに始まり勇壮なジャーマン的疾走チューンとなり、メロディーラインもまた
クサさを感じさせてくれるのう・・・!3曲目もまた手数の多いギターフレーズが聴ける
軽快なアップテンポとなり、中盤以降は多少の穏やかさ、哀愁も見られギターソロも登場、
4曲目はハイトーンVoと共に正統派HM/HR然とした空気を放ち、5曲目はメロパワ色濃い
ギターと共に疾走
するが淡々とした部分もあり、サビは分厚い男クワイア
クサさを見せてくれるぞ!6曲目はミドル、スローテンポ怪しげなVoクワイアも登場、
メロディアスなギターも目立っており、7曲目はクサいギターフレーズと共に疾走する
ポジティヴなジャーマン風メロパワとなるぞ!これまた男クワイアがかなり濃厚だな・・・!
8曲目もまたクサいギターと共に疾走しており、淡々とした印象もありエキゾチックで
メロディアスなギターソロ
も聴き所なんだが、バッキングのリフが無いのが寂しいだろうか!?
9曲目はピアノ、Voによるバラードで、メロディアスなギターソロが印象的じゃのう・・・!
10曲目は淡々とした地味なミドルテンポだが、やはりコーラスワークがクサいな。
ギターソロはどこか様式美寄りか!?11曲目もまたクサいギターが聴けるアップテンポ曲で、
サビの分厚いコーラスがまたクサいぞ!12曲目はジャーマン色濃い
ギターフレーズ
が聴け、これもサビが分厚くクサさもあるのう・・・!


スウェーデン出身ながらジャーマン的なストロングさ、男臭さを放ちクサく疾走する
漢メロパワ
となっており、B級以上A級未満な印象があるがクサさ、硬派さは確かである!
プロダクションは若干軽めで演奏、ヴォーカルも決して上手いとは言えないんだが
メロディーの良さ些細な部分を補っているだろうか!?とは言えギターリフが
全体的に弱く、
曲によっては殆ど目立っていない部分もありそこが最大の欠点だな。
ジャーマン、正統派の要素があるならまずリフをどうにかして頂きたい所じゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Into Eternity  Slaves in a Holy War
For the Glory  Gladiator's Tale  King of the Sky  Farewell







もどる


inserted by FC2 system