VANITAS VANITATUM







"UNDER THE DECAY"




日本のヴィジュアル系メタルプロジェクトによる1stシングル。


DIR EN GREYオマージュが詰め込まれた東方アレンジのヴィジュアルメタルSILENT DIFFERENCE
V系界隈最高峰のクリーンVoを聴かせてくれたしるへい氏がついに立ち上げた、完全オリジナルで
DIR EN GREYタイプのヴィジュアル系メタル
をプレイするプロジェクトである!前にもオリジナル
Vincent Juliaなるユニットを立ち上げていたが、こっちは昔ながらの90年代V系スタイルで
メタラーの俺としては正直好みでは無かった・・・!(爆)
だがこっちはモダンでラウドな
ガチの今風エクストリームV系メタル
である!しかもオリジナル!これを待っていたわい!

1曲目は怪しげなムードを醸し出すミステリアスなシンセ、デジタルサウンドが聴けるイントロで、
続く2曲目はピロピロギターで幕を開け今風のテクニカルデスコア感を放ちつつピアノも登場、
グロウルタイプのデスVoに続きクリーンVoも登場、やはりDIR EN GREY要素が強く、リメイクされた
“残”を思わせる曲調
だがサビはV系離れしたハイトーンで堂々と歌い上げておる!中盤以降は
冷たいピアノをバックにDjentライクなリズムも顔を出し、こういうテクニカルさDIR EN GREYには
無い要素
である。3曲目は叙情的なピアノに始まりバンドサウンド、語りも聴けメロウさのある
リードギターやシンセ
も登場、その後はグロウルと共に疾走しつつクリーンVo、ファルセットも交え
やはりDIR EN GREYの影響が強いな。サビはピアノも聴けその後もメロウなピアノが叙情性を放ち、
後半のギターソロ
はどこかトリッキーな面もあるだろうか!?


正直言ってまんま最近のDIR EN GREYで、まぁこういうアプローチはV系界隈では今も昔も
普遍、不動極まりない定番スタイル
となっておりまったくもってマイナスにはならんし、
本家には無いDjent的な今風テクニカルデスコア要素
も見せておりこの辺は俺らのような
エクストリームメタラーにもアピールする部分である!
バンドサウンドもギター、ベース、
ドラム等完全生
ライヴも可能な布陣ではあるんだが、やはりちゃんとしたバンドでは無く
プロジェクト
なんでライヴをやるのは難しそうだな・・・!まぁ何にせよ今後が楽しみな超実力派である!
彼には本プロジェクト一本で頑張って頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 UNDER THE DECAY







もどる


inserted by FC2 system