VALTHUS







"Tapestried Destiny"




日本のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


嬢メタル、歌謡メタルヴィジュアルメタル、同人メタルがジャパメタシーンを
席巻する中久々に登場した正統派のメロパワ、メロスピバンドである!音楽的には
STRATOVARIUS辺りの流れを忠実に汲んだシンセ入りの王道を行くメロパワ系で、
歌詞も完全に英語で流行りの歌謡要素も無ければ同人ライクなナード臭さも無い、
今時珍しい位にストレートなメロディックパワーメタル徹底追求しており、
国産バンドではAZRAELやBALFLAREに続く存在だと言えよう!

1曲目は意外にもストロングなへヴィさを放つギターシンセが顔を出し神秘性と
緊迫感
を演出、勇壮なリードギターメロウなピアノも聴けるイントロで、
続く2曲目もまたストロングな音作りでどこか勇壮なムードを醸し出し、シンセや
リードギターも登場し疾走!
まぁ全編爆走と言う訳では無いがまさしく本格派の
正統派メロパワ系サウンド
となっており、サビはポジティヴな飛翔系疾走感を放ち
メロスピ以外の何者でも無い!ソロパートもシンセとギターがバトルを展開するぞ!
3曲目はどこか正統派ライクなリフが聴けるも疾走感は完全にメロパワ、メロスピ
歌謡曲クサくならない範囲での勇壮なメロを披露しておる!シンセソロも目立っているが
後半ではギターソロも顔を出すぞ!4曲目は煌びやかなシンセが目立った軽快な
アップテンポチューン
で、これまた歌謡曲臭くならない範囲でキャッチーさを放っているか!?
ベースソロも顔を出しギターソロ、シンセソロと続いていくのう・・・!5曲目は勢いのある
バンドサウンド
ストリングス系シンセが顔を出し勇壮かつキャッチーに疾走!
待ってましたの王道メロスピ、クサメタル振りを発揮しておる!途中でゲスト参加の女性Voも顔を出し
華やかさも見せているな。ギターソロの合間でベースソロも登場するぞ!6曲目は煌びやかなシンセ
顔を出しつつもリフ、リズムはへヴィさのある淡々としたスローチューン。ヴォーカルメロに
キャッチーさがあり捨て曲になっていない辺りは流石じゃのう・・・!7曲目は再び勇壮な
疾走感
を醸し出すメロパワチューンで、キラキラシンセも目立ちサビは飛翔感溢れる
クサさ
を放っているぞ!ギターフレーズもまたクサいのう・・・!8曲目はどこかエキゾチックとも
取れそうな神秘性を放つシンセ
ミステリアスミドル〜アップテンポ曲。
ヴォーカルメロはやはりキャッチーさが目立っているな。中盤のソロ前の泣きのツインリード日本人らしい
叙情的なメロディーセンス
を見せており実にクサい!9曲目はメロウなピアノが印象的な
哀愁漂うバラード
で、ストリングスシンセ泣きのギターも顔を出しサビは盛り上がるぞ。
10曲目は出だしから勢いを見せるギターが聴け、ストリングスシンセエピカルな
クサメロ
を奏でるも疾走はせずミドル〜アップテンポで展開しておりちょいと惜しいか!?
ギターソロ前のツインリードもまた相当にクサく、それだけに非疾走なのが残念じゃわい・・・!
11曲目は淡々としたリズムだがこれまた大仰な勇壮さを放ちその後は勢い良く疾走!ツインリードがまた
クッサイフレーズを奏でておりブリッジではベースも唸るぞ!全体的にKNIGHTS OF ROUNDに
近いムード
がありしなやかながらもエピカルなクサさを強烈に放っておるわい!


上記したよう、今時のジャパメタ要素の薄い本格派の海外志向(?)バンドで、
最近の歌謡ジャパメタ、同人メタルコッテコテなクサさに慣れ親しんだメタラーから
してみれば相当に薄味に感じられるかも知れんが、こういうサウンドこそが本来の
メロパワ、メロスピ
なのだ!オール英語詩のヴォーカル線の細さがあるも稚拙さは無く
こういう音楽性にマッチしたしなやかさ
があり好印象だな。アルバム聴く限りじゃ
演奏もタイトで、ギターやシンセがバトルするソロもまさしく様式美メタルの流れを
キチンと受け継いだスタイル
で嬉しくなるな。いかにもジャパメタなコテコテサウンドも
良いが
その一方でこういう海外タイプのバンドもまた良いのう・・・!外タレタイプの
メロパワ
を聴きたいリスナーにオススメの期待の新人である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Cathedral  Pale Light  Tears in Troia
At the Side of That River  Rebirth







もどる


inserted by FC2 system