VALERIAN







"Stardust Revelation"




インドネシア出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


HM/HR後進国もいい所の辺境地、インドネシアから2004年に登場したバンドによる
デビューアルバムで、どうやら過去にEPを1枚リリースした経験があるようだ。
音楽的にはシンセ入りの疾走メロパワで、多少はシンフォニックな部分もあるが
やはりメタル辺境地なだけあってかプロダクションは極めてスカスカ、チープさ満点で
非常に頼り無い
ものの、意外とリフがそれなりに主張しておりメロスピと言うよりも
メロパワと言いたくなる感じだな。Voはよくあるヘッポコハイトーンでは無く、
意外にもダミ声で荒々しく歌い上げるタイプで、HM/HRシンガーらしい勢いがあり
好印象ではあるものの、全体的にかなり強引で無理矢理叫びまくっている感じで
そこがまたいかにもなB級バンドだな。

1曲目はシンセオーケストレーションにナレーション、リズムやピッチを大きく
外しているクワイア
による壮麗なイントロで、2曲目は極めてスカスカ
ギター、ドラムにシンセで疾走、かなり荒々しいVo無理矢理歌い上げており
3曲目はこれまた意外とワイルドなノリを放つアメリカンな正統派HM/HRとなり、
4曲目は軽快さがありピアノの音色美麗さを演出、コーラスワークがかなりショボいが
メロハー寄りの曲調
だろうか!?5曲目はチープかつファンタジックなシンセと共に
疾走するクサメタルで、ポジティヴなツインリードがいかにもな感じで良いな。
6曲目は疾走しつつ胡散臭さも見られ80年代B級正統派HM/HR風にもなるのう・・・!
7曲目は勇壮なリフ、ストリングスが聴けるエピック寄りのアップテンポで、
8曲目はメロディアスな正統派だが、コーラスがやはり微妙だな。9曲目はシンセが目立った
疾走メロパワチューン
となり、10曲目は1曲目同様オーケストレーションに
微妙過ぎるクワイア
が聴けるアウトロ的な曲だ。


流石にHM/HR辺境地出身なだけあってかプロダクションはかなりスカスカで
劣悪
だが、演奏はそこまで悪くは無く、ジャーマンメタル正統派の要素もあり
意外とリフがおろそかになっておらず、シンセ入りだがキラキラシンセにあまり
頼らないメロパワ
を聴かせてくれるぞ!Voも上記したようかなり強引な感じだが、
荒々しく野蛮なダミ声タイプ
HM/HRらしさを出しているのは良いな。
コーラスが圧倒的に下手糞で、ピッチもリズムも何もかもズレまくりで
収録ミスレベルに酷い
のが最大の欠点だろうか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Symphony Of Endless Desire  Heroes Land Odyssey
Glorious Anthem







もどる


inserted by FC2 system