VAGUEDGE







"東方夢叶幻想日記"




日本のメタル系コンポーザーによるカヴァーアルバム。


うちがライナーノーツで参加したImperial Circus Dead Decadence
楽曲アレンジギターの一部をプレイしたHull氏によるプロジェクトで
毎度お馴染み上海アリス幻樂団のカヴァーアルバムである!
“惨劇の血に赫く染まった愛と絶望の黒い死とが紡ぐ最期の物語”
聴く限りではしかとしたアレンジ能力が備わっている事を感じさせてくれるが
本作はメタルではなく、穏やかだったり打ち込みが使われていたり
和風だったりジャジーだったりトランスだったりするも
一応曲によってはラウドなギターもありただ大人しいだけの
アレンジではない
な。女性シンガーが2名参加しておりそれぞれタイプの違う声質
双方共にちゃんとした歌唱力があるぞ!

1曲目は琴の音色で始まりも登場、穏やかな和の雰囲気
持った静かな曲だが2曲目は荒々しいギターが登場しメタルと
いうよりはラウドなオルタナ系の雰囲気を持ったアップテンポチューンだ!
リフのフレーズはちょいとメロデス風で女性Voはどこか気だるい雰囲気を
持っており
ギターソロもメロディアスだな。3曲目は打ち込みリズムと
ピアノ、伸びのあるクリアな女性Vo
が聴けるアトモスフェリックな要素を
感じさせる曲。終始淡々とした展開ながら長くちょいとダレるか・・・!?
4曲目はスイングジャズ的な雰囲気を持った曲でウッドベースやホーン、
ピアノにブラシを使ったドラム等完全にそういったオシャレな
空気
が漂っておるのう・・・!5曲目は打ち込みデジタルサウンド
構成されたテクノ、トランス系の短いインスト曲。6曲目は鐘の音が
リリカルさを演出
するこれまた短いインストで7曲目は非常にチープな
昔のファミコン風の電子音
に始まりバンドサウンド、ハモンドも顔を出す
ポップさの濃い曲だ。8曲目は打ち込みのスパニッシュなアコギ
聴け途中で笛も顔を出しクラシカルなフレーズも登場するぞ!生のガットギターで
聴きたかった
がまぁこれを弾くのはかなり難しいだろう・・・!
9曲目はトランス系の派手なシンセ、打ち込みリズム、ピアノが聴け盛り上がるも
ヴォーカルパートは終始穏やかで大人しいアトモスフェリック風だ。
シンセソロも2回ほど聴けるぞ。そして10曲目以降はこれまでの
ヴォーカル曲のカラオケヴァージョンとなっている。


和風な曲にラウドロック、ジャズ、トランスと様々なスタイルの
楽曲
が収録され幅広いアレンジスキルを感じさせ実に芸達者だが
やはりそれ故散漫に感じられ、また音の詰め方こそしっかりしているが
全体的に盛り上がりどころに欠け淡々としている感がありそこが
気になるといえば気になるな・・・!Imperial Circus Dead Decadenceでは
素晴らしい仕事をしていたし、やはり我々メタラーはメタルアレンジを
求めてしまう
のう!(笑)もっと2曲目のような曲が聴きたかったわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 Unlimited your reaction!







"忘郷少女とアストロラーベ"




日本のメタル系コンポーザーによるオリジナルアルバム。


Imperial Circus Dead Decadenceでアレンジやプロデュースを手がける一方で
自身のプロジェクトであるVAGUEDGEにて東方メロデスにしたり非メタルにしたりして
活動しているHull氏によるオリジナルアルバムである!音楽的には完全インスト
メタル、ロック要素皆無の打ち込みによるファンタジックなヒーリングミュージック
なっており、ゲームサントラの要素を強く押し出しているようでHull氏の多彩な
コンポーズセンスが伺い知れよう・・・!


1曲目はハープの音色がメロウなファンタジックムードを醸し出しストリングスや
笛系の音色、壮大なオーケストレーション
も顔を出し民謡的な要素も見せる曲。
2曲目もまた民謡ライクだが明るくも穏やかでどこか牧歌的なムードも漂っているな。
3曲目はどこか怪しげな出だしからフラメンコ風の曲調になりエキゾチックな
アップテンポ
で展開、フュージョンというかボサノヴァ的な要素も醸し出すか!?
4曲目はストリングスがプログレッシヴさのある軽快なリズムで舞いバックでアコギ、
ハーディーガーディー
も聴けこれまたどこか明るい祝賀的なムードが漂っているな・・・!
5曲目はアトモスフェリックな打ち込みリズム、ピアノアンビエント系のムード
醸し出し加工されたクワイアストリングスも顔を出すいかにもサントラってな感じの曲。
6曲目はピアノ、ピチカート音上品さを見せ大人しくも優雅なフィーリング
放っておりストリングスも盛り上がりを見せるがバックで鳴るピコピコした電子音は
不要だろう・・・!
7曲目は電子音が目立ちピアノも聴け怪しげなムードを演出、
どこかXファイルっぽいか!?(爆)後半は壮大なオーケストラも顔を出すぞ!8曲目は
デジタルサウンドオーケストレーションダークなムードを放つ
重厚な曲
ヴァイオリン音もソロを奏でるぞ。9曲目はアコギ、ピアノ、
笛、ハープ(ピチカート?)
が打って変わって穏やかさを見せる曲になり途中で顔を出す
ピコピコ音にも聴こえるハモリの笛クサいメロディーを奏でておるのう・・・!
10曲目はメランコリックなピアノ、ストリングスが聴け中盤から重厚なムードが醸し出され
シンフォニックなホーンも顔を出し荘厳に盛り上がるぞ。11曲目は
これまたメロウなピアノストリングスが顔を出しオーケストレーション
盛り上がり大仰な展開を見せているのう・・・!12曲目は再びクサさのある民謡に戻り
牧歌的でほのぼのした曲調になるぞ。


ファンタジックな打ち込みインストのイージーリスニングであるが打ち込みといっても
デジタルサウンドではなく民謡、民族音楽系の生楽器音で構成されておりゲームサントラ、
RPGのサントラに近いムードを醸し出している
と言えるだろう!普通に民謡インストとして
聴いても良質のクオリティーがあるがこういう世界観を好むリスナーならば
相当にツボだろうな・・・!とは言えそこはサントラ系なのでHM/HRやプログレのように
1曲の中でドラマティックに展開したりする事は無くあくまでもBGM系の曲調
なっているのでそこが物足りないと言えば物足りないか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 故郷を忘れた少女  ウィーカ=シーロットの陽炎
廃都の見る夢、戻らない光  黒き翼と禍いの機巧  刻と因果のアストロラーベ  終わらない追憶の路







もどる


inserted by FC2 system