UnsraW







"Spiral Circle〜COMPLETE"




日本のヴィジュアル系バンドのアルバム。


よくあるDir en greyフォロワーだがヴォーカルが凄い
タレコミのあったバンドである!モダンへヴィネス色濃い
典型的Dir en greyタイプのヴィジュアル系デスメタル
リスニング系のリスナーからはけっこうメタル扱いされている
節もあったりするようだ・・・。

イントロとなる1曲目こそ思い切りゴアトランス系の打ち込みで
不安になるも続く2曲目はメタリックなへヴィリフとシンセで
始まりデス声と共にDir en grey色濃い楽曲となる!もろフォロワーで
デス声の質感もかなり京にソックリである(笑)。3曲目はさらに
ゴリゴリしたへヴィリフが聴けヴォーカルもデス声で唸りまくるぞ!
サビはクリーンVoになりこれまたかなり京を意識している歌い方だな。
個性はともかくなかなか悪くない。4曲目はクリーンVo主体となるぞ。
6曲目はバラードでヴォーカルが無理している感じがあるな・・・。
7曲目はギターがけっこう面白いリフ、フレーズを聴かせてくれる曲。
疾走チューンではないがドラムは部分部分でツーバスを踏み
サビはクリーンでメロディアスなフレーズを歌うぞ!
ラストの10曲目はこれまた極悪デスヴォイスでアグレッシヴに
疾走したりスローになってへヴィさを強調したりする曲。
ドラムもツーバスを連打し頑張っているぞ!


まぁ一山いくらでそこら辺に転がりまくっているDir en greyフォロワー以外の
何者でもないのだがショボさはなくそれなりにしっかりした音作り
しておりヴォーカルもデス声はなかなか凶悪でよいな。基本凶悪さ重視で
バラードやクリーンVoのメロディーにフックがないのが気になるが・・・。
いっその事デス声オンリーになったほうがいいんじゃないだろうか!?
まぁオリジナリティーを求めるリスナーには受け入れられないであろうが
この手のV系へヴィロックを聴き飽きていない人なら聴いてみる価値はあるだろう。



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 -9-、Karma、嗤い鬼







"Calling"




日本のヴィジュアル系バンドの1stミニアルバム。


かつてまんまDIRフォロワーながらデスVoが良いタレコミが来たバンドで、
当時は実際にデスVo、シャウトの評判が良かったようだが今改めて聴くと
正直ショボさを感じさせるんだが(爆)、
まぁそれはともかく音楽的にはまさしく
DIR EN GREYフォロワー
以外の何者でも無く、モダンへヴィネスサウンド
音作りはなかなかに良くへヴィさもキチンとあるが個性はまったく無いのう・・・!(爆)

1曲目はSEによるダークなイントロで、続く2曲目はドラムソロに始まりいかにも
DIRフォロワーなV系モダンへヴィネスサウンド
を展開、デスVoはまさに一昔前・・・
ガテラルやホイッスルVoを使うようになる前の京
を彷彿とさせる喚き声となっており
まぁ今聴くと弱さを感じさせるのは仕方無い部分だな。3曲目はこれまた怪しげで
ダークなムード
を漂わせる雰囲気モノの音作りになり、ヴォーカルはクリーンだが
呻くような声で歌っており実に胡散臭いのう・・・!中盤からへヴィになりワウを
効かせたギターソロ
も聴けるぞ。4曲目はモダンながらメタルコア要素を感じさせるハモリリフで
疾走
するV系メタルコアと言えそうな曲調である!ヴォーカルは意外とクリーンメインだが
実力不足
バンドサウンドに完全に負けているのが惜しいものの音作り自体はなかなかに良いな。
途中でギターソロも顔を出すぞ!5曲目はへヴィさを残しつつも軽快なノリを放つも、穏やかで
マイルドなパート
も登場しサビはちょいとキャッチーか!?6曲目は淡々としつつも怪しげな
空気
を演出するへヴィながらもマイルドなスロー曲。


基本的にまんま一昔前のDIR EN GREYフォロワーで、本家自体がまた当時今ほどの
凄さを持っていなかった
んで彼らも高く評価されていたようだが、流石に今聴くと
ヴォーカルがデス、クリーン共に相当に弱弱しく感じられる
のは仕方無い部分だな。
ただバンドサウンドは良く、へヴィでタイトさを感じさせ特にドラムが良いのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 BLACK OUT  under the skin







"Abel/Kein"




日本のヴィジュアル系バンドの2nd、3edミニアルバムを一つに纏めたアルバム。


今も昔もシーンに履いて捨てる程存在しているDIR EN GREYフォロワーバンドによる、
2作目と3作目のミニアルバム1つに纏めたアルバムである!解散ベストと言い
ミニアルバム抱き合わせと言い、こういう試みが当たり前のようにあるからV系の
音源を無闇に集めるのは躊躇しがち
になるんだが(爆)、後から聴く人間にとっては
有難いのもまた事実か!?


1曲目はデジタルサウンドに始まりシャウトと共にモダンへヴィネス系の音作りとなる
ノリの良いアップテンポチューン。デスVoの加工が強い辺りいかにもV系な
ごまかし感
が漂っておるなぁ・・・!サビはソフトなクリーンVoで中盤はビートダウンになるぞ。
2曲目もモダンな音作り怪しげなムードを醸し出すV系らしいダークな曲で、
クリーンVoに説得力が無いのが惜しいのう・・・!サビは雰囲気が変わり妙に
キャッチーな明るさ
を放ち正直ミスマッチだな。3曲目もモダンな音作りへヴィさを放ち
リフはちょいとメタルコア寄りな部分があるぞ!サビはやはりクリーンVoになりその後は
イマイチ起伏が無いんだがメロディーを奏でるギターソロが聴けるのう・・・!
4曲目はなかなかにドラマティックなギターで幕を開けるへヴィな曲で、リフは
アップテンポ
だがヴォーカルパートはスロー怪しさを見せており、
中盤以降のギターソロ
ツインで重なり合い劇的さを放っているな。
5曲目はアコギ、ピアノメロウさを演出し、ベースも唸りシンセも顔を出す叙情バラード。
中盤でトレモロリフ喚きデスVoが顔を出しこの辺が相当にDIRっぽいなぁ・・・!
6曲目もへヴィだがどこか淡々としつつ90年代V系っぽい雰囲気も感じさせるだろうか!?
7曲目はクリーンギター穏やかさを放ち、その後はマイルドなソフトさを見せる
ポップ寄りのV系ロック
になるがやはりギターは重さがあるな。8曲目はノリの良いリズムの
モダンへヴィネスで、デジタルサウンドも顔を出しヴォーカルの人をおちょくったような歌い方がまた
一昔前の京を思わせるのう・・・!サビは唐突に疾走するぞ。9曲目は引っかかる様なリフ
喚き散らす加工シャウト、自己主張するベースが聴ける怪しげなへヴィチューンである。
10曲目はノイジーなリフをバックに淡々としたムードを醸し出すクリーンギターが乗る
マイルドなバラード系。中盤で強引にへヴィなパートが挿入されるのう・・・!
11曲目はボーナス扱いで、SEに始まりへヴィサウンドが登場、デジタル要素も目立った
スローで淡々とした怪しげな曲調
になるぞ。


本作もやはりDIR EN GREYフォロワータイプと言い切ってしまえる、よくあるタイプの
V系モダンへヴィネス
なんだが何気にフレーズそのものをパクっているみたいな事は無く
いい意味で普通(?)なフォロワーバンド振りを見せているのが特徴だろうか!?
まぁ音楽的にはまんまDIRだし、ヴォーカルも一昔前の京を相当に意識しているであろう
歌唱
を見せているのだが、やはりもうちょいメロディーにフックが無いとなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Platonic Bitch







"GUILTY"




日本のヴィジュアル系バンドの4thミニアルバム。


どうやら例によって例の如くだが、既に解散したらしいDIR EN GREYフォロワーの
V系モダンへヴィネスバンド
によるラストミニアルバムである!音楽的にはやはり
DIR EN GREYの流れを汲んだモダンなゴリゴリさを見せてくれるV系ラウドロックで、
ヴォーカルはデスVoこそまだ弱いもののそれなりに向上しているが、クリーンがやはり
相当に弱さを感じさせ不安定さも目立っているな・・・!

1曲目は戦場SEによるインダストリアル風のイントロで、続く2曲目はゴリゴリの
へヴィリフ
が聴ける前時代的なV系モダンへヴィネスだが、演奏はタイトプロダクションも
良好となっており
ドラムはツーバス連打も披露するぞ!DIR EN GREYと言うよりはSlipknotに
近い空気
もあるが、サビはメタルコアライクなギターフレーズも顔を出しタッピングを
使ったソロ
ビートダウンも聴けるぞ!まぁクリーンVoは弱いのだが・・・!ラストの
絶叫なかなかに悪くないか!?3曲目もモダンへヴィネス要素を押し出したグルーヴィーな
ミドルチューン
で、ヴォーカルは弱めのクリーンメインで途中妙に情けないラップ(?)も顔を出すが
ベースはスラップを披露しておる!4曲目はクリーンギターが目立った一昔前のDIRで
ありそうなバラード系の曲。
サビはフィメールVoもコーラスに加わりエモーショナルな
メロディーを奏でるギターソロ
も聴けるのう・・・!後半でヴォーカルが高いキーを何とか頑張って
歌おうとしているが
やはり思い切り不安定じゃわい!5曲目はデジタルリズム、ピアノで幕を開け
メタルコア的なリフも登場!ヴォーカルはイマイチなクリーンメインだが疾走オブリも印象的
喚きシャウトも微妙なんだが曲自体は良いな。6曲目はピアノ、チェロ系のシンセが聴ける
叙情的なアウトロである。


まんまDIR EN GREYフォロワー前時代的ヴィジュアル系モダンへヴィネスで、
ヴォーカルはクリーンが弱点なれどバンドサウンドがタイトへヴィさもしかとあり、
こういう基礎的な部分で印象の良いバンドだと言えよう!一部の曲でメタルコア系の
ギター
も顔を出し、こういう方面を伸ばせばまた良くなりそうだっただけに
解散はちょいと惜しいか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 SALIVA OF GOD  WITHERING BLOOD







もどる


inserted by FC2 system