Undead Corporation







"幻想郷から超鋼鉄重低爆音"




日本のテクニカルギタリストを擁するメロデスプロジェクトの1stアルバム。


Unlucky Morpheus、Icarus’cryでその超絶テクニックを存分に発揮する
シーン屈指の技巧派ギタリスト、平野幸村氏による新たなるプロジェクトで、
Unlucky Morpheusが女性Voのテクニカルメロパワ、メロスピでIcarus’cryが
男Voによるテクニカルメロパワ、メロスピなのに対しUndead Corporation
何と平野幸村氏自らがデスVoを披露するIN FLAMESタイプのメロディックデスメタルである!
いかにもな慟哭リフ、叙情的なリードギター、高音でギャウギャウ喚くタイプの
デスVo
等上記2つのプロジェクト同様上海アリス幻樂団カヴァーではあるが
その音楽性はまったくの別物になっているぞ!

穏やかでムーディーなピアノによるイントロに続く2曲目はストリングス系シンセ、
軽めのバンドサウンド
に始まりいかにもメロデス的なリフが登場、サビ(?)では
クリーンなコーラスも顔を出しその後のギターソロは流石の流麗なテクが披露され
充分にメロディアスさを含んだ安定感抜群のプレイが聴けその後はブラストになるぞ!
3曲目もいかにもメロデスライクなリフで疾走、やはりギターが聴き所でメロディアスさと
異様なまでにレガートな技巧を見せるソロがたまらんわい!4曲目はもの悲しいピアノ
幕を開けデスVoはダミ声寄り加工されたクリーンVoも登場し泣きのギターソロがまた
実に良い仕事をしておるのう・・・!5曲目はアグレッシヴに爆走しギターが美麗な
リードプレイ
を聴かせ叩きつけるようなリズム、弱いがガテラル風に咆哮しようとしたり
高音で喚いたりするデスVoが聴けるファストチューンだ!クリーンなコーラスも登場し
ギターソロはやはりエモーショナル極まりないぞ!6曲目はモダン寄りのリフで疾走し
その後は叙情的なギターが聴けるノリの良い曲。ギターソロがやはり聴き所だと言えよう!
7曲目はいきなりアグレッシヴに爆走しつつ叙情的なギターが聴けかなりテクニカルで
奇妙な疾走感
を持ちつつもサビ(?)のバックは非常にメロディアスなギターが顔を出す
ブルータルかつメロウなファストチューンである!ギターソロは泣きのプレイ主体
これまた流麗極まる速弾きも披露されるぞ。8曲目は珍しくキラキラ系のシンセで始まり
モダン寄りのリフも聴け疾走する今風の要素が取り入れられた曲。デスVo、シンガロングが
どこかアレキシ・ライホ風で全体的にCHILDREN OF BODOM的な雰囲気を感じさせるのう・・・!
ギターソロがやはりカッコいいぞ!9曲目はこれまた穏やかなピアノが聴けるアウトロ的扱いの終曲。
そしてしばらく待つとシークレットトラックSlipknotみたいなファストチューンが登場するぞ!


IN FLAMES直系の慟哭メロデスCHILDREN OF BODOMタイプのキラキラシンセは少なく
派手さには欠けるがそれを補うギタープレイが実に見事な1枚である!デスVoは
まだ弱さがあるし音の軽さも弱点だろうが基本的にギターを楽しむタイプの
スタイル
なんでその辺は気にはならないか!?ギターソロの流麗さが全てと言えそうな、
テクニカルかつメロディアスなプレイ満載のギターアルバムとしても楽しめよう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 スターヴォヤージュ2008、サニールチルフレクション、
妖精燦々として、スプートニク幻夜、二つの世界







"満月の夜に超旋律的重低爆音"




日本のテクニカルギタリストを擁するメロデスプロジェクトの2ndアルバム。


Unlucky Morpheus、Icarus’cryで活躍するテクニカルギタリスト、
平野幸村氏
が参加している事で話題の新たなモダンメロデスプロジェクトの2作目のアルバムである!
音楽的には前作の延長線上にあるモダンなメロデスを基調としデスVoに加え新たに
クリーンVoで歌い上げる女性シンガーをフィーチャーし、さらに今回はゲストが
数名参加しており
ヴォーカルが基本的に新メンバー及びゲストメンバーによるものになっているのう・・・!
プロダクションは軽さを残していた前作よりも良くなっており本気でへヴィというわけではないが
モダンな質感を出す事には成功していると言えよう!女性Voは特に音楽性にマッチしていると
言うわけではないがこの界隈によくある、あからさまにジャパニメーションの影響を受けた
媚びたスタイルの声質ではなく普通のポップス寄りのスタイルで歌唱力もありガッカリさせられる事は無い!

1曲目は加工されたデスVo、怪しさ満点の電子音によるイントロで続く2曲目は
ゴリゴリなへヴィリフモダンな質感を放ち疾走する今風のデスラッシュ
ヴォーカルはデスVoというよりはそこまで歪んではいない軽めのシャウト
スクリーモやV系に近い感じの咆哮を聴かせクリーンな女性Voも顔を出すツインVo体制だ!
3曲目は退廃的なムードを感じさせるスローチューン最近のIN FLAMESに近い
雰囲気を持っており途中テンポが上がりデスVoと女性Voが交互に顔を出しスクリーモや
メタルコア
等でよくあるデスVoとクリーンVoの掛け合いを再現しているぞ。4曲目は
フレージングはメロデスだがこれまた乾いた質感のモダンなリフが聴けアップテンポで展開、
やはり絶叫シャウト女性シンガーによるツインVoとなっておりクリーンVoのパートは
キャッチーさがあるのう・・・!5曲目は本作としては珍しくシンフォニックな冷たいシンセ、
ブラストビート
が登場しブラックメタルの空気を放つもその後はやはりモダンな疾走メロデス
デスVoが結構説得力を感じさせ良いな!電子音系のシンセが顔を出しスローになるパートは
やはり今時のアレンジじゃのう・・・!6曲目はキャッチーな女性Voが聴けるノリの良い
モダンメロデスチューン。
7曲目はピアノによる繋ぎのインストで8曲目は叩きつけるような
リフ、リズム
で始まりゲスト参加の天外冬黄嬢聴き覚えありまくりの有名メロを堂々と歌い上げ
声量、パワーで見事な差を見せつけキラキラシンセと共に爆走!デスVoが入るとテンポダウンするも
スローでダレるような事は無く終始キャッチーな展開を見せるぞ!そして間が開きボートラというか
エクストラトラックというか、そんな扱いの13トラック目はモダンなバンドサウンド
クリーン女性Vo、デスVoが聴けシンセもバッキングで顔を出し部分的にブラストも飛び出す
オシャレ感
を持ったキャッチーなミドル〜アップテンポ曲。


前作もモダンな要素は感じさせたが本作はさらにその方向性が押し出されておりいかにも
今風な質感のへヴィリフ、クリーンVoのアレンジ
がバンバン登場、1stと比べると若干の
方向性の変化
はあったがクオリティーは依然として高くエクストリームメタル好きには
たまらんスタイルに仕上がっていると言えよう!ただ今回前作であれほど技巧とエモーション
見せ付けていたギターソロがあまり目立っておらず、あったとしてもあまり印象に残らず
この点に関しては明らかな劣化だな・・・!中心人物というわけではないのか平野幸村氏が
あまりギターで参加しておらず、それがモロに影響している感じだろう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Double helix、Ready to take off、
Forgive your insanity、月まで届け、我が怨み







"極鉄"




日本のテクニカルギタリストを擁するメロデスプロジェクトの3rdアルバム。


Unlucky Morpheus、Icarus’cryの技巧派ギタリスト平野幸村氏によるモダンメロデス、
デスラッシュ系エクストリームメタルプロジェクト
による3作目のアルバムである!
前作は女性Voを大々的に取り入れバンドサウンドこそへヴィだったがヴォーカルはクリーンだった・・・。
だが本作は再びデスVoが大半を占めるデスメタル要素の濃いスタイルに戻りアグレッシヴな
メロデス、デスラッシュ
が好きなリスナーの溜飲を下げる極めてブルータルな1枚に仕上がっているぞ!

1曲目はピアノとノイジーな音で幕を開けいかにも今風のモダンなメロデス、デスラッシュとなり
絶叫デスVoと共に疾走、リフはまさしくここ最近のIN FLAMESあたりに近い音作りでブラストや
ビートダウン
も交えモッシュするにもってこいのエクストリームメタルが展開される!
サビはお馴染みの東方フレーズで泣きのギターを聴かせソロはテクニカルなシュレッドから
泣きに突入、その後は爆走とビートダウンでかなりのアグレッシヴさを発揮、デスVoも低音で
ガテラル風に咆哮し
上手くなっているのが判るな・・・。2曲目はモダンながらもドラマティックさ
放つハモリリフが聴ける疾走〜アップテンポチューンでサビはクリーンVoも登場しメタルコア的な
風情
を醸し出し泣きのツインリードが顔を出すもフレーズは例によって聴き飽きて久しいものなのが
残念じゃのう・・・!(爆)3曲目はピアノも聴けるがやはり爆走するエクストリームなモダンさ
濃いデスラッシュだ!サビ(?)のバックで聴けるギターはやはり何度も耳にしてきたメロディー
奏でるがそれ以外は終始攻撃的な曲に仕上がっているぞ!4曲目はピアノによる短い繋ぎのインスト
続く5曲目は珍しいミドル、スロー曲でギターリフはモダンながらも叙情性を放ち部分的にテンポアップ、
クリーンVoのコーラスも聴けるメタルコアバラード、パワーバラードと言えそうな雰囲気を持った曲だ。
6曲目はリフがアグレッシヴな劇的要素を出す爆走チューンでドラムのツーバス連打も実に熱く
モダンメロデスとしてかなりカッコいい楽曲である!リードギターはやはり東方らしさが濃いも
それ以外は文句無しである!ギターソロのエモーショナルな泣きっぷりもたまらんわい!
7曲目はカオティックなデスコアの領域に足を踏み入れたかのような変態的ギターが炸裂し絶叫と共に
爆走する本作中最もアグレッシヴな曲だがサビ(?)はクリーンVoでテンポも落ちこの辺はメタルコアか!?
ギターソロはメロディアスなプレイで東方フレーズも聴けその後は変態カオティック要素まみれになり
ブラストも登場、ラストはギターが泣きつつテクニカルなレガートさも発揮する!
8曲目はこれまたピアノによる繋ぎで9曲目はブラストで爆走、シンセが冷たさを放ち
クワイア風の音色も聴けブラックメタル的な高音絶叫、キラキラシンセも顔を出し北欧系の
雰囲気
を感じさせるドラマティックなモダンメロデスラッシュである!サビはクリーンな
女性Vo
がコーラスをとり後半はピアノと女性語りも登場し叙情性の演出も成されるぞ。


所々でシンセ、ピアノ、デジタル音が顔を出す箇所もあるが基本は爆走しまくりのドラム
へヴィさを醸し出すソリッドなギター、実力を増し説得力を身に付けたデスVo
メインを張る超アグレッシヴ極まりない爆走モダンデスラッシュである!演奏や楽曲の
クオリティーはかなり高いが原曲が(同人界隈では)超メジャーなので正直とうの昔に
聴き飽きており
折角の泣きのギター、メロディアスなパートが顔を出してもこれのせいで
あまりグッと来ない
のが非常に惜しいわい・・・!このクオリティーでオリジナルやってくれたら
かなり楽しめそう
なだけに余計に残念じゃわい!東方だったら確実に売れる時代も終焉の時を
迎えそう
だしシーン全体が清浄化するのも時間の問題だと思いたいがどうだ・・・!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Bleed,hate,curse,and die、Frozen、
This is war、Put all bitch to death、Slash your mind







"鬼伽草子"




日本のテクニカルギタリストを擁するメロデスプロジェクトの4thアルバム。


Unlucky Morpheus、Icarus’cryにて技巧を見せ付けるテクニカルギタリスト平野幸村氏による
モダンメロデス系プロジェクト・・・だったのだが本作では全てのギターをもう一人の中心人物である
パインツリー氏
がプレイしアレンジも彼が手がけ幸村氏の名はクレジットに無く彼は参加していないようだ・・・!
とりあえず本作は4作目のアルバムで、音楽的にはこれまでのモダンなへヴィサウンド和の要素を
ふんだんに盛り込んでおり
Unlucky Morpheusでもモロに陰陽座の方向性を取り入れたアルバムを
リリースしていた
が本作は和楽器を大々的に導入し煌びやかな祭りムードを醸し出しているな・・・!

1曲目はピアノ、パーカッションが優雅なムードを放ち生の尺八煌びやかな和の世界観
演出するイントロで続く2曲目はモダンなへヴィサウンドに琴など和楽器を導入し女性ヴォーカルも登場、
パーカッションはどこか祭りライクなムードを放ちメロディーラインも和のムードプンプン
クオリティーは非常に高いが個人的に東方のせいでこの手のメロにいい加減飽きが来ているのが
悲しいわい・・・!まぁ本作も東方なんだが(爆)。3曲目はピアノ、女性ヴォーカルに始まりゴリゴリの
へヴィリフ、尺八、パーカッション
が聴けるスローチューンでメロディーはやはり聴き飽きたフレーズだ。
4曲目はパーカッシヴなドラム、へヴィリフ、女性Voが聴けるミドル曲。女性Voの声質が媚びていない
タイプ
で良いな(笑)。5曲目は太鼓、尺八、声による繋ぎで6曲目は三味線(?)、女性Voで幕を開け
へヴィリフデスVoも登場!モダンさと和楽器の融合と言うべきミドル曲に仕上がっているのう・・・!
7曲目はモダンなバンドサウンド主体になっておりサビで久々にアップテンポになるぞ!女性Voは
気だるく歌い上げるJ-POP寄りの歌唱を披露しているな。8曲目は女性Voが和メロをアカペラで歌い
歌唱力の高さ
を見せつけモダンなへヴィリフ、笛も顔を出し壮麗かつ煌びやかな和のムード
醸し出し平安京辺りのな(V系上がりのギタリストではない)空気を放っておるな・・・!メロディーも
強烈な和メロでアレンジセンスが実に良いのう!笛のソロも聴けるぞ。9曲目はモダンなへヴィサウンドに
冷たいピアノが乗り
リズムがどことなく複雑でMESHUGGAH辺りに通じるムードを感じさせ尺八も聴ける短いインスト。
10曲目以降はこれまでの曲のヴァージョン違い尺八がリードメロを奏でておりさらに和のムードを
強調
しているな・・・!13曲目以降はカラオケヴァージョンとなっているぞ。


本作は和の世界観をコンセプトにしているため東方曲の中でも特にコテコテの和メロ
持った曲をチョイスしているようでこの手のメロにまだ新鮮味を感じられるリスナーなら
存分に楽しめよう!俺みたいに飽きて久しいリスナーは・・・まぁガマンしてくれい!(爆)
クオリティーは極めて高くメロとアレンジが見事にマッチしておりハイレベルなセンスを感じさせてくれるが
出来ればこのアレンジでヴォーカルをデスVoにしてメロディーが判らんレベルにして欲しかった・・・
というのはただの俺の(東方に飽きたリスナーの)エゴだろう。だが過去作と比べ大分音楽性が変化し、
プロダクションは極めて良好
だがメロデスと言うよりゴリゴリのモダンさ
重視しており疾走チューンは少なくミドル、スロー曲が主体となっているのは評価が
分かれそうな部分
だな。幸村氏不在のためギターソロも無くこういう部分は90年代の
ラウドロック、モダンへヴィネス
辺りの流れを汲んでいるのだろうか・・・!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 奇稲田姫、天涯







"レアトラックス"




日本のテクニカルギタリストを擁するメロデスプロジェクトのレアトラック集。


アタシのプッシーにブチ込みたいんだろフニャチン野郎!
その黒光りするモンは飾りなのかよ!アタシをイカせてみなよ!
ファックしてみやがれってんだ乳臭ぇガキが!!!

・・・とでも言いたげなジャケの本作、前作はテクニカルギタリスト平野幸村氏不在のためか大きく音楽性が変化しており
和楽器を大々的に導入した平安京タイプの和風モダンへヴィネスとなっておりアレンジセンスは
極めて高い
ものの疾走感、ギターソロは無く物足りなさを覚えたのもまた事実・・・!
だが本作は幸村氏が戻ってきておりレアトラック集という事で音楽的にはモダンさを持ちつつも
奇をてらわない王道を行く叙情タイプのメロディックデスとなっておりシンセもあるが
主にバッキングで白玉コードを重ねるのみメインはギターなのも実にストレートである!

1曲目はピアノで始まるモダンさを持った疾走する今風のメロデス、デスラッシュ
ヴォーカルも弱さはあるがデスVoだ!サビ(?)にあたるパートのバックで聴けるツインリードが
東方フレーズ
を弾いておりお腹いっぱいになるがそれ以外は完全にオリジナルなメロデスで良いな(笑)。
中盤さらに爆走しテクニカルかつ咽び泣くギターソロが登場!レガートさも心地良いのう・・・!
2曲目はツインリードやはり飽きたメロだがそこ以外はミドル/アップテンポで展開する
モダンなメロデス
ビートダウンっぽいパートも顔を出しシンセもバックで鳴っているな。
ヴォーカルの声質はデスVoというよりはハードコア系のダミ声に近いか!?ラストは冷たい
ピアノ
をバックにエモーショナルなギターソロが聴けるぞ。3曲目はいかにもメロデスな
リフ
で疾走するストレートな曲だが加工気味のクリーンVoも顔を出しこの辺はメタルコアの
流れを汲んでいる
のだろうか!?4曲目はオルゴール風の音色で幕を開けリードギターが
メロディーを奏で
バンドサウンドが盛り上がりアップテンポでパワフルに展開するモダン寄りの曲
仕上がっており今風のメロデスってな塩梅だ。中盤以降でブラストビートと共に爆走し
アグレッシヴさを放つもその後のソロはメロディー重視の泣きのプレイである!
5曲目はダークで劇的なギターに始まりモダンかつメロデスライクなリフと共に
アグレッシヴに疾走開始!ギターソロも実にテクニカルじゃのう・・・!ストレートな曲かと思いきや
中盤で急にジャジーになり館内放送のような語りも登場、クリーントーン寄りの
ギターソロ
も聴けるがこのパートはやや唐突過ぎで不要だったかも知れんなぁ・・・!


デスVoが弱く感じられるテクニカルなレガートさを誇るギタープレイは流石で
泣きの表現力も向上してきている感があり、曲調も疾走感ある王道のメロディックデス
仕上がっており過去作と比べるとシンプルに纏まった感があるも個人的にはこういう
スタイルは大好きなんで満足できるわい!
変に奇をてらう事はせず王道の良さで勝負する
極めてストレートな1枚である!





オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"私はもう死んでいる?"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの5thアルバム。


テクニカルギタリスト平野幸村氏優れたアレンジセンスを見せるマルチプレイヤー
パインツリー氏
によるプロジェクトの最新アルバムである!本作の方向性は
Undead Corporationの従来のスタイルを踏襲したモダンでアグレッシヴなメロデス、
エクストリームメタル系
ハードコア的な吐き捨てタイプのデスVo、確かな歌唱力を
持った女性Vo
も顔を出しているが2nd同様ギターソロは少ない感じだな。サウンドプロダクションは
実に素晴らしくタイトなアンサンブルと相まってエクストリームメタルの良さというものを
キッチリと伝える事に成功、分離の良い重厚なへヴィさをしかと出しておるわい!

1曲目は枯れたオルゴールの音色、SEによるイントロで続く2曲目は早速のモダンなへヴィリフ
勢い良く疾走し実にパワフルなサウンドをブチかましヴォーカルも吐き捨て系のデスVoで実に
アグレッシヴだが女性Voも顔を出しサビはどこかダンサブルなリズムキャッチーなメロを
聴かせてくれる
のう・・・!3曲目もモダンなサウンド実にへヴィだがリフはメロデス的な
部分
もありミドルテンポ気だるい女性Voが聴け全体的にパワフルじゃのう・・・!
4曲目はトランス風のシンセに始まるもその後はへヴィでパワフル極まりないモダンな
サウンド
で展開しヴォーカルも実に熱いデスVoである!サビは女性シンガーがクリーンで歌い
キャッチーな要素
もあるが基本はアグレッシヴなへヴィサウンドだな。5曲目はデジタル系の音
顔を出しつつモダンなグルーヴを放つへヴィなミドル曲でシリアスなムードが強くヴォーカルは
女性シンガーによるクリーンVoオンリーだな。6曲目はアグレッシヴに疾走する
モダンなメロデスチューン
で女性Voに加えデスVoも顔を出しリフワークが実にカッコいいのう・・・!
そして本作では初のギターソロが登場し弾きまくりと言うほどではないが流麗なプレイ
聴かせてくれるぞ!7曲目はメロウなピアノによる繋ぎのインストで8曲目はこれまた
パワフルでアグレッシヴなリフ、リズムが聴けアップテンポで展開、バックでシンセが
白玉コードを鳴らし
女性Voはキャッチーさを出しておりサビは特にキャッチーさが強いぞ!
ギターソロも登場しこっちはメロディー重視のプレイを披露しているな。そしてノイズのトラックが続き
13曲目は過去曲のリメイクで冷たいピアノ、どこか和っぽいメロディーを歌う
女性Voが聴けるミドル曲ギターソロ泣きのプレイに流麗なレガートさを
放っており
聴き応え十分である!後半一瞬だがブラストも聴けるぞ!そしてまたノイズのトラックが続き
69トラック目がシークレットで8曲目のデスVo無しヴァージョンが収録されている。


平野幸村氏がリードギターで参加している割には本作もやはりギターソロが少なく
テクニカルなシュレッドはあんま聴けない
が演奏自体は非常にタイトリフワークを楽しむ
スタイル
と言えるかも知れんな。パワフル極まりないへヴィなエクストリームサウンド実に
心地良く
このプロダクションの良さがアルバム全体の印象をさらに良くしているのう・・・!
モダンメタルとしてのクオリティーが実に高くキャッチーさを出す女性Voが味になっているが
逆に女性Vo無しで全部デスVoだったとしても十分以上に通用するだろうな。モダンな部分が
強い
が最近よくある電子音、トランス系のシンセが殆ど・・・というか全く無くあくまでも
バンドサウンド重視
というアレンジがまた嬉しいのう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Revived  Bleak Land  and Say Good Bye…  幽し者へ







"一撃"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの6thアルバム。


楽曲アレンジ、プロダクション、演奏全てが超高水準を誇る実力派デスメタルプロジェクト
通算6作目、デモ音源を含めれば7作目のフルアルバムである!今回もスタイルとしては
従来と変わらぬ東方アレンジゴリゴリにモダンなエクストリームメタル
披露しており、さらにゲストミュージシャンを数多く迎えシーンのトップに君臨する本格派の
デスシンガー
が数多く参加しており楽曲に、アルバムに凶悪な彩りを加えているぞ!

1曲目は早速のブルータル極まりないアグレッシヴなリフで突進し絶叫も登場、
勢いに満ち溢れた爆走デスラッシュで実に凶悪だが叙情的なリードギターも顔を出し
メロディアスな部分も微かにあるのが特徴か!?ギターソロはゲスト参加のBach氏
よるもので確かなテクに泣きのエモーションを溢れさせておるのう・・・!2曲目は
タイトなリフの刻みモダンなグルーヴを醸し出すミドル曲で絶叫デスVoのみならず
女性クリーンVoも顔を出しツインVoとなるぞ。中盤はビートダウン風で後半は疾走する
パートも見せておるな・・・!
3曲目はいきなりの突進力溢れるブルータルなヘヴィサウンド
爆走するもすぐにリードギターも顔を出しメロデス然とした様相を醸し出すARCH ENEMYに
通じるムードを持ったファストチューンだ!
ギターソロは淀みの無い流麗なプレイで
テクニカルに聴かせてくれるぞ。
4曲目はシンフォニックなシンセも聴けDIMMU BORGIR
通じる雰囲気もあるがチャイニーズライクな女性Voコーラスも登場し怪しさを演出、
途中アグレッシヴなブラストも登場しどちらかと言えばシンフォニックブラックに
近いスタイル
を見せているな。ギターの幸村氏による高音デスVoはどこかダニ・フィルスに
似た印象もあるか!?
5曲目は再びデスラッシュ然としたタイトなリフの刻みを見せ爆走、
デスVoはかなり早口で高音シャウトとガテラルを交え忙しない印象があるな・・・!
サビはバックのギターがメロディアスなフレーズを聴かせギターソロもまた流麗な
テクニカルさ
があるのう・・・!6曲目も疾走チューンだがどちらかと言えば跳ねるような
リズム
ノリの良さを見せておりブラストも登場、シンセは壮麗なムードを醸し出しつつ
デジタルライクな部分もあるな。ギターソロはメロディー重視の泣きのプレイだが後半は
流麗な速弾きを披露し実に滑らかな印象があるぞ!7曲目はシンセ
目立ちつつ叩きつけるようなタフなリズムがパワフルな疾走曲久々に女性Voも登場、
まぁ声質的にはアニソンというかJ-POP的な感じで曲調にはマッチしておらず
リードギターは聴き飽きたフレーズを披露しておりこの辺はイマイチだが高品質な事には
変わりは無いな。8曲目は冷たいピアノ、ストリングスで幕を開けモダンな退廃ムードを醸し出す
リフも登場し久々のミドル曲かと思わせておいてやはり疾走!本作中最もシンセが目立ってはいる
やはり主役はバンドサウンドとデスVoになっておりギターソロも聴き所である!
9曲目も爆走デスラッシュタイトなアンサンブルで畳み掛けデスVoはRib:y(uhki)氏によるもので
これまた早口で繰り出されかなりDIRの京を意識したような部分もあるな・・・!
ギターソロはARCH ENEMYに通じる泣きの慟哭エモーションを見せているぞ!10曲目以降は
恒例となったヴォーカル無しのインストカラオケヴァージョンだ。


本作もまた従来のアルバムと変わらぬ高品質な事この上無い世界水準のエクストリームメタル
見せており、東方アレンジではあるがここ最近の流れなのかそれっぽさが皆無なのも
やはり好印象である!一部でクリーン女性Voも出てくるがこういう曲調なら不要だったと
言えるだろうな・・・!メロディーは泣きのギターにまかせてヴォーカルはただひたすらに
絶叫、咆哮を繰り出す
のみ!ストレートなメロデス、デスラッシュスタイルではあるが
こういう恐ろしく質の高いバンドにこそ王道を貫いて頂きたいのだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 The silent world  Made me insane  Put curse on you
Magus night fever  Chain heart girl  Phantom Ensemble  Magus night fever brutal scream version







"紅染の鬼が哭く"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの7thアルバム。


エクストリームメタルとして実に高いクオリティーを誇る実力派プロジェクトによる
最新アルバムで、ストレートなスタイルのモダンなヘヴィさを見せるアグレッシヴな
デスメタル
和の要素を大々的に導入したエクストリームメタル双方のスタイルを
自在に操りアルバム毎に方向性を交互にチェンジしているが、本作は後者の方向性
ヘヴィさも十分にあるがそれ以上に和のムードを大胆に導入しており尺八や和太鼓等に
加えメロディーラインも和音階を多用、日本の祭り的な雰囲気も強烈に放たれており
そこにゴリゴリのヘヴィリフ、ビートダウンが強引に割り込む様はインパクト十分である!

1曲目は早速和のムードを醸し出す叙情的なピアノにこれまた和なムードを
放つ語りが登場するイントロ
で続く2曲目は尺八、和太鼓とエクストリームメタルを
融合した曲調
だがヴォーカルは気だるさのある女性Voキャッチーさを見せているな。
リズムも軽快なアップテンポである!3曲目は琴、尺八和の要素を強烈に見せる
エモーショナルな女性Vo
が乗る祭りメタル(!?)ゴリゴリにヘヴィなビートダウン
顔を出すがメロディー重視でデスVoは無い。4曲目は和楽器が本格的なムードを放ち
懐の広さ
を見せつける繋ぎのインスト能管は何と生である!5曲目はSlipknotを
彷彿とさせるモダンさ満点のへヴィサウンド
和楽器が纏わり付き相当にへヴィな
エクストリーム要素
を見せながらもサビは非常にキャッチーである!6曲目はこれまた
ゴリゴリにブルータルなへヴィサウンドが聴けつつもやはり和の要素も目立っており
パーカッションも自己主張しているのう・・・!サビはピアノも顔を出すぞ。7曲目は
モダンかつ細かいリフの刻みにやはり和楽器が乗る祭り的エクストリームメタル
サビはこれまたキャッチーではあるが東方なんでやはり飽きているなぁ・・・!
へヴィリフに尺八ソロ
が乗る中盤も面白いな。8曲目はピアノ美麗な女性Voが実に
エモーショナルなムードを醸し出しその後はやはりゴリゴリのへヴィリフ和楽器、
尺八に太鼓
が融合し和の情緒を強烈に放っておるわい!9曲目はアウトロ的な
インスト
でやはり生の能管が聴け語りも登場するのう・・・!10曲目は尺八メインのインスト
それ以降はヴォーカル曲のインストになっているがただのカラオケヴァージョンではなく
メインメロディーを尺八がプレイしているぞ。


エクストリームメタル和の要素を高度なレベルで融合させ本作もまた強烈な個性
見せつけているがその一方でエクストリームメタル要素は実はそれほど高くは無く
疾走感よりもグルーヴ重視
な面がありデスVoも無くクリーン女性Voオンリー
歌唱力は高いデスメタル視点ちょいと物足りなさがあるのも事実か!?
東方という事でメロディーに飽きを覚えているのも事実だ。まぁデスメタルに
プリミティヴ要素を導入
しているという事でまさに日本のSEPULTURAと
形容すべきアルバム
だろう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 葬







"O.D."




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの1stオリジナルアルバム。


これまで高いレベルのアレンジ能力でハイクオリティーなエクストリームメタル
プレイしてきたUndead Corporationだが、過去作は全て東方アレンジという事で
いい加減飽きを覚えてきたリスナーが多いのもまた事実・・・!だが本作はそんな
世論を反映してか(?)待望のオリジナルで攻めてきた!音楽的にはイマドキらしい
デジタル音
ゴリゴリのヘヴィリフを導入したモダンな音作りのエクストリームメタルで、
ヴォーカルはデスVoと女性クリーンVoのツインでアグレッシヴな中にキャッチーさも内包、
バンドサウンドはドラムも含め全て生となっており演奏、プロダクション共に一級線の
高品質さ
を見せ、さらにデスVo国産エクストリームメタル界隈トップクラスの
実力を誇る道元氏
が参加しておる!

1曲目はSEによるイントロで続く2曲目はデジタル系の要素を導入しつつも
勢いのあるヘヴィサウンドが聴け疾走!リフも実にゴリゴリしておりデスVoも
道元氏なのでレベルが高くサビではクリーン女性Voが顔を出しイマドキらしい
キャッチーさも見せておるのう・・・!
3曲目はメロデススタイルのリフが聴け
絶叫シャウトと共に疾走!
その後はグルーヴィーさも見せ女性Voが気だるさを演出、
デスVoの出番は少ないがサビはやはりキャッチーだな・・・!4曲目もまたゴリゴリに
勢いのあるヘヴィリフ
が聴け疾走!メロデス的ながらも叙情性よりも攻撃性を
重視
しており実にパワフルだがサビは女性Voでやはりキャッチーである!
5曲目はイマドキらしいデジタル系シンセも顔を出すモダンな音作り
デスVoもどこかラップ風の畳み掛けを見せ女性Voは気だるい感じだな・・・!
6曲目も気だるいムード漂う女性Vo、グルーヴィーなリズムで幕を開けるが
その後はエクストリームさ満点の爆走チューンと化すぞ!ドラムもブラスト気味
叩きまくり凄まじい突進力を見せておる!7曲目はグルーヴィーさを重視した
モダンなヘヴィリフ
重々しさを見せるがピアノやシンセも顔を出しメロウな
側面も見せるのう・・・!
8曲目は女性Vo、ピアノ、シンセがこれまた叙情的な
ムードを放ち
バンドサウンドもゴリゴリでは無く、デスVoも聴けるがどちらかと言えば
ラウド寄りのJ-ROCK
と言えそうな曲調だろうか!?


演奏、プロダクション、楽曲等実にクオリティーの高いエクストリームメタルで、
ギターソロが無かったり女性Voのサビがちょいとポップ過ぎてあざとさを感じさせたり
するもののワールドクラスのクオリティーを持っており、日本のバンドを軽く見る
洋楽至上主義者を黙らせるに十分なレベル
に余裕で到達しておる!過去の活動歴や
参加しているシーン
から本作も同人メタルのカテゴリーに入るものだと思うが
所謂ナード的要素は本作には皆無!ガチのエクストリームメタル以外の
何者でも無く、
一言で言うならイケてる奴等のためのイケてるメタルである!
女性Voもオタッキーさ皆無のロック姉ちゃんよ!(爆)アルコール片手にモッシュピットで
暴れまくって
その後は女ナンパして青姦しようぜ!そんなムードがプンプン漂う
まさにダニー・トレホ系メタルだ!HEY!俺達はワルだぜ!
イッパツヤラせろ!マリファナをよこせ!ひ弱なギークはお呼びじゃねぇぜ!

俺のタマを舐めやがれマザーファッカー!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 In This Beautiful World  Gone With The Blast  Too Sweet







"暴君"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの8thアルバム。


前作において満を持しての完全オリジナルアルバムをリリース、東方に飽きて久しい
我々のようなリスナー
を大いに喜ばせてくれた高品質エクストリームメタルプロジェクトの
新作である!
再び東方に戻っての通算8作目で、本作もまた複数のゲストシンガー、
ゲストギタリスト
を招いての豪華で良質な仕上がりを見せておるわい!

1曲目は絶叫シャウトと共にストロングに疾走!ギターリフはメタルコアと言うよりも
メロデスな感じだがモダンなへヴィさも感じさせ女性クリーンVoも登場、比較的ストレートな
曲調
参加シンガー的にも上記の“O.D.”に近い感じだな。2曲目も切れのいいリフ、
ドラミングで勢いを放つが
同時にどこかエモい叙情性も感じさせ今風のシンセも登場、
これまた男女ツインVoデスVoとクリーン女性Voが聴けるが比較的後者のほうが
目立っているな。
中盤で叙情的なギターソロも聴けるぞ!3曲目もまた疾走感溢れる
ストロングなメロデス
で、シンガーが道元氏、リードギターがKOUTA氏という事もあり
THOUSAND EYES、THOUSAND LEAVESライクデスラッシュ的切れ味も感じさせるのう・・・!
ギターソロもまた聴き所である!4曲目は爆走とまでは行かないアップテンポ
ノリの良いメロデスサウンドを展開、ヴォーカルは再び男女ツインVoになり女性クリーンVoも
サビで聴けるぞ。
5曲目はいきなりのDRAGONFORCEライクなピロピロギターに始まり疾走!
まぁヴォーカルはシャウト、デスVoなんでメロパワ、メロスピにはならずしかと
エクストリームメタルしているんだが、結構キラキラした音色も目立っておりギターは
テクニカルじゃのう・・・!
6曲目はRib:y(uhki)氏が参加した曲だけに出だしは思い切り
ブラックメタル風
だがその後はメロデス系になり、何気にバックでピアノストリングス系シンセ
目立っておるな。デスVo等の歌い回し、リズムシアトリカルな印象もありギターソロは
エモーショナルな泣き
を見せているぞ。7曲目はCRADLE OF FILTHを彷彿とさせるシンフォニックな
出だし
からこれまたブラックメタルばりのブラストが炸裂!クワイア系コーラスも顔を出し
6曲目以上にシンフォブラックしておるわい!サビは朗々とした女性クリーンVoも
聴けるのう・・・!
ギターソロがまたドラマティックに構築されており良いな!8、9曲目は
2、7曲目のデスVo抜きヴァージョンで、10曲目以降は本作収録曲のヴォーカルパートを
ギターに入れ替えたインストアレンジヴァージョン
である。名うてのギタリストが
参加している
んで実にエモーショナルなプレイが堪能出来るぞ!


エクストリームメタルに限らず相当に幅の広い音楽的素養が持ち味の
プロジェクト
だが、本作は結構シンプルでストレートなメロディックデス、
デスラッシュ系
に絞った印象があり、散漫さを感じさせずに聴き通せる仕上がりに
なっておるのう・・・!
そんな中で幸村氏がギターをプレイした曲ピロピロ系の
メロパワ風エクストリームメタル
になっており、6、7曲目はシンフォニックブラック的だったりと
ゲストミュージシャンの素養に合わせた曲調になっていると言えなくは無いだろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Everything will freeze  Bloodthirsty Nightmare Lullaby  The Empress







"神速"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの9thアルバム。


高水準の今風エクストリームメタルをプレイする実力派プロジェクトで、前にようやく
オリジナルをリリース我々を喜ばせてくれたんだが、本作はまた東方モノとなっており、
今更ながらの北斗の拳オマージュがよう判らんが(爆)、おそらく東方が廃れて来た事を
世紀末になぞらえて表現(皮肉)している
のであろう・・・!まぁそれはともかく本作も複数の
ゲストミュージシャン
を招いて様々なエクストリームメタルをプレイしており、実質7曲だが
恒例のデスVo無しヴァージョンリードギター入りヴァージョン等も
収録されておりボリューム感は満点である!

1曲目は早速のブラストビートモダンなギターリフ、ストリングスシンセ
シンフォニックブラックのようなムードを演出、クワイア系コーラスも顔を出し
デスVoも登場するが、サビはソプラノ寄りの女性Voよくあるアニソン系の媚びが
無い
のは好印象だな・・・!ギターソロが流麗で聴き所となっているぞ!2曲目はソプラノVoで幕を開け
神秘的な叙情性を演出した後ヘヴィなバンドサウンドも登場、シンフォニックな
メタルコア
と呼べそうだが穏やかなパートも目立っておりヴォーカルは女性Voのみである。
中盤以降でブラストビートも顔を出しギターソロは泣きのハモリを聴かせてくれるのう・・・!3曲目は早速の暴虐な
ヘヴィサウンド、デスVo
で幕を開けブルータルに展開、ブラストビートも多用されRib:y(uhki)氏の
デスVoも暴れまくっており捲し立てるようなアグレッションを見せてくれるのう・・・!ギターソロ
これまた流麗かつテクニカルメロディアスさも目立っているぞ!4曲目はデジタル系のリズム、
エレクトロニカサウンド
が目立ちいかにも今風なエクストリームメタルとなるが、ストリングスや
ピアノ
も顔を出しエモい叙情性もあるか!?後半でブラストビートも炸裂するぞ!5曲目はホーン系の
オーケストレーション
ヘヴィサウンドが聴けFLESHGOD APOCALYPSEDIMMU BORGIR辺りに
近い印象があるのう・・・!クワイア系コーラスブラストも炸裂しサビはソプラノVoが崇高さを演出しておる!
6曲目はブルータルなリフブラストで爆走するデスコアとなり、デスVoも低音のグロウルで邪悪に
攻めておるな・・・!
中盤はビートダウン寄りのヘヴィなスローテンポになりつつカオティックな
要素
もあるだろうか!?ギターソロのハモリがまた相当に劇的じゃのう!7曲目は極悪デスコアサウンド
ピアノ、ストリングスを導入しブルータルに爆走!途中ソプラノVoが顔を出しこういう部分もまた
FLESHGOD APOCALYPSEの影響だろうか!?8曲目以降はデスVo無しヴァージョンで、11曲目は
3曲目のミックス違いとなっており12曲目以降はリードギター入りのインストヴァージョンである。


本作のどこに北斗の拳要素があるのかよう判らんのだが、音楽的にはエクストリームメタルに
シンフォニックさを取り入れた印象
がありFLESHGOD APOCALYPSE辺りの影響
見られるんだが、曲によっては今風のエレクトロニカ要素を演出しており総じていかにも今風な
モダンさ
を感じさせるな・・・!まぁそれでも基本はゴリゴリにブルータルなヘヴィサウンドがメインなんで
ピコリーモ、デジタル系メタルコアのようなチャラさが一切無いのは好印象である!やはり個人的には
イマドキっぽいデジタルサウンド、エレクトロニカよりもシンフォニックアレンジのほうが好みなんで、
次にオリジナルやる時は是非ともFLESHGOD APOCALYPSEタイプのシンフォデスコアで攻めてもらいたいのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 MEGALOMANIA  Malicious Maggots  Behind the Wonderland
The Wrath  Belial Drive







"兵"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの10thアルバム。


前作のラオウ・・・北斗の拳パロディーに引き続いて今度はJOJO第2部のカーズを
パロったジャケ
が我等ボンクラメタラーの視線を集める本アルバム、次は男塾辺りが
来そうだがアメコミ好きとしては末はアベンジャーズジャスティスリーグ、いやもう
ウォッチメンとかシン・シティとか、スポーンとか久々に実写映画やるタートルズとかの
パロディーも見てみたい気がするが
まぁそれはさておき、本作もやはり東方モノ過去作以上に
多数のプロジェクト
をゲストに招き洗練されたエクストリームメタルをプレイしておる!

1曲目は意外とそこまでゴリゴリでは無くスクリーモ寄りのギターサウンドが聴け気だるさのある
女性Vo
デスVoが登場、ドラムはいかにも打ち込みなんだが何気にベースが目立っており
キャッチーで軽快な印象
もあるな。ギターソロはメロディー重視のプレイである。2曲目はメロデス色濃い
リフ
に始まりブラストも炸裂!Thousand Leavesが深く関わった楽曲のためハイレベルなデスラッシュ
提示しており道元氏のシャウトも相変わらず熱い!3曲目はいかにもイマドキなデジタル音を
大々的に導入
しつつもバンドサウンドはメタルコア、ポストハードコア然としたヘヴィさを
放っているピコリーモ系
で、ヴォーカルは道元氏のデスVo弱弱しいヴォーカロイド風の
チャラい加工が施されたクリーンVo
のツイン体制である。デスVoだけでいいのに(爆)。
4曲目はUnlucky Morpheusとコラボした曲のため、音作りはヘヴィな印象もあるしドラムも
エクストリームメタル仕様
なんだがヴォーカルは天外冬黄嬢ストリングスシンセや
クワイア風コーラス
も放り込んだメロパワ、メロスピとなっておる!ギターソロも構築された
印象
がありテクニカルなシュレッドだけでは無いのう・・・!5曲目は再びメロデス然としたリフで
爆走
道元氏のデスVoも登場、パワフルでストロングな印象もあるが女性Voも顔を出し、
中盤はハードコア然とした2ステップ誘発型のミドルテンポになり、さらにその後ブレイクダウン的な
スローテンポ
にもなるのう・・・!6曲目はKissing the Mirrorとのコラボ曲だが、UNDEAD CORPORATIONの色が
付いているためか
普段より音圧がありヘヴィさ、タイトさを増しており、メロデスでありつつ
デスラッシュ的な印象もある
だろうか!?ギターソロも構築美を感じさせてくれるな。7曲目もエクストリームだが
ポストハードコア的な面もありヴォーカルもデスVoと女性Voによるツイン体制である。


メロデス、デスラッシュ、メタルコアのみならずスクリーモやメロスピ等を
プレイするバンド、プロジェクト
ともコラボしているせいか過去作以上に雑多なジャンルが
詰め込まれており、
ある意味コンピレーションアルバム的な側面もあるんだが共通しているのは
どの楽曲も洗練されたハイレベルさを誇っているという事である!一部メロスピ、クサメタルもあるが
近代エクストリームメタルが凝縮された今風な1枚だと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Through my veins  火車の叫ぶ夜に  Phosphene
Frozen Gear







"瞬殺"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトの11thアルバム。


北斗の拳、JOJOジャンプ黄金期パロディージャケが話題を集める(?)、同人メタルシーンに
おけるエクストリームメタルの最高峰的プロジェクトによる最新作はJOJO第三部のDIO!
おそらく次は吉良吉影だろう(笑)。オリジナルのほうも本格的なバンドとして軌道に乗せ始め
世界基準のクオリティーを見せてくれる事を期待したいが、本作も方向性的には
過去作の流れを踏襲したイマドキらしいメタルコア、ポストハードコアからメロデス、
デスラッシュ系のハイレベルな楽曲
が詰め込まれており安定のクオリティーを誇っているぞ!

1曲目はいかにも今風なデジタルシンセヘヴィサウンドが聴け、女性Voとスクリームの
ツインVo体制
ゴリゴリに展開するイマドキらしいメタルコア/ポストハードコアで、
2曲目はアグレッシヴなリフワークで疾走するメロデスラッシュ然とした疾走曲となり
東方フレーズは不要だが(爆)チャラさの無いエクストリームメタルに仕上がっているぞ!
3曲目もストロングさ満点のブラストビート、ヘヴィリフフィメールクワイアが登場、
これまた男女ツインVoフィメールVoスクリームが交錯しており、ギターソロもメロディー重視の
プレイ
エモーショナルな泣きを見せてくれるぞ。4曲目もブラストビートで勢い良く爆走!
メロデス的なリフも聴けデスVoも昔ながらの潰れた下水道タイプ実にブルータルだな・・・!
ギターソロがメロディアスなのも聴き所である!5曲目もまたメロデス的なリフが聴け疾走!曲展開は
何気に単調だがストレートなのが持ち味か!?6曲目はオルゴールに始まりブルータルさのある
ヘヴィな曲調
で、聴き飽きたフレーズが目立つのが惜しいもののゴシカルな退廃ムードも見られるのう・・・!
7曲目はヘヴィかつシンフォニックさもあり、ヴォーカルはクリーンで歌う女性Voオンリーである。
8曲目以降は定番のギターインストヴァージョンとなるぞ。


特に真新しさは無く、過去作と変わらぬ方向性だがやはりクオリティーはべらぼうに高く
ドラムは打ち込み
なんだがプロダクション的にも不満は無く世界水準のサウンドを
提示しておる!
やはり個人的には今風のチャラいデジタルシンセ入りポストハードコアよりも
シンセの無いメロデス、デスラッシュ系の硬派なファストチューンのほうが好みなんだが、
本作ではそういうタイプの曲が目立っており嬉しい所だな(笑)。ギターソロがメロディー重視の
泣き主体
なのも有難い部分である!オリジナルの方もこういう方向性で攻めて頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Flowering Night Fever  A night before
Chain of Obfuscation  Nine







"Flash Back"




日本のエクストリームメタルバンドによる2ndオリジナルアルバム。


元々は同人音楽シーンという、ジャパニーズスタイルのナード、ギーク畑から
登場したプロジェクト
で、今もアレンジモノを同時進行で手がけていたりするんだが、
ことオリジナルに関してはそういうナード臭い要素を排除したい心境が伝わってくるな・・・(笑)。
本作はそんな彼等のオリジナル名義では通産2作目のアルバムで、アレンジ、カヴァー側が
メロデスブラックメタル的な要素もあるのに対し、こっちでは意図的にイマドキっぽい
オシャレライクなポストハードコア、デジタルメタルコア的な要素
が前面に押し出されており
チャラさと同時にゴツさを披露、イマドキ系のミーハーなキッズのケツをファックする、
ヘタレなギークは及びじゃねぇマジヤベェ仕上がりを
見せているぜメーン!マザーファッカー!


1曲目はSE的な短いイントロで、2曲目はゴリゴリな音作りでエクストリームさを放ち疾走!
プロダクション等いかにも今風メタルコア、ポストハードコアな感じだが、男女ツインVoで
女性クリーンVo、スクリームの対比
を見せているな・・・!3曲目はデジタルサウンド
顔を出しこれも今風な女性Voデジタルメタルコアな空気を演出、途中ラップも顔を出し
ますますチャラいのう・・・!4曲目は軽快なノリ細かいギターを交えスクリーモ的な
要素
と同時にJ-ROCK的なキャッチーさもあるな。5曲目はヘヴィかつエモ的な穏やかさがあり、
ピアノも目立ちJ-ROCKライクな面も強いぞ。6曲目はゴリゴリのヘヴィリフブラスト
顔を出し待ってましたのゴツさを放つが、気だるい女性Voも目立ちメロデス寄りの
リフ
も聴けるぞ。ギターソロがまた流麗なテクニカルさを見せているのう・・・!7曲目はヘヴィな
グルーヴィーさ
を放つラウドロック色濃いミドル曲で、女性Voのラップも目立ち
ミクスチャー的な印象もあるな。8曲目はエモ寄りJ-ROCK風の空気が強く、勿論ヘヴィなんだが
今風のチャラさ
の中に哀愁(?)も見られるのう・・・!9曲目は本作としては異例なライトさのある
非ヘヴィなポップス風バラード。やはりオシャレでチャラい空気があるな。
10曲目はエクストリームメタル要素が前面に出てきたヘヴィなファストチューンだが、
女性Voも目立ちキャッチーな部分もしかと見られるのう・・・!


オリジナルでリリースされた前作の流れを汲んだ、イマドキらしいポストハードコア系の
メタルコア
となっており、ギーク臭皆無のビッチ系女性Vo道元氏のパワフル
極まりないスクリーム
が乗る、ヘヴィでラウドかつチャラい雰囲気が濃く漂っている
近代エクストリームメタル
となっておる!個人的に好みの方向性では無いんだが
やはりクオリティーは凄まじく高いな・・・!Ted Jensenのミックスによるサウンドも
まさしく海外志向のプロそのもので、実はそこまでゴリゴリと言う程では無いんだが
十分にラウドでなおかつ聴き易い、相当に洗練されたサウンドとなっておる!
映画で例えるなら
スプリング・ブレイカーズタフでマッチョな雰囲気が加わり、
それでいてクオリティーが滅茶苦茶高くなったような感じだろうか!?(笑)
まぁ俺この映画大嫌いなんだけどさ(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 The Revolution  Blow  End Of My Pain







"滅多斬"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトによるミニアルバム。


つい先日本格的なオリジナルのほうで最新アルバムをリリースしたばかりの、エクストリーム側の
同人メタルシーンの頂点
に君臨する超実力派プロジェクトによる、カヴァー/アレンジ方面の
最新作である!
オリジナルのほうが超ハイレベルながらもイマドキなチャラさも内包しており、
個人的な好みとはズレてしまうんだが、アレンジモノのこっちのほうは硬派でストロングな、
メロデス、デスラッシュ、シンフォニックな要素を内包しており、
さながらオリジナルのほうは
OZZFEST向けで、こっちのアレンジ側はLOUD PARK向けと言った所だろうか・・・!?
本作は4曲にそれぞれヴォーカル無しヴァージョンが収録された8曲入りとなっており、2曲が新曲で
あとの2曲が過去曲リメイク
となっており実質シングルだろうか!?

1曲目は早速のメロディックデスラッシュ然とした突進力、劇的リフが聴けるストロングな
ファストチューン
だ!道元氏のグロウルもまた強烈で、久々に耳にする東方フレーズは
未だにクドい
それ以外は最高である(爆)。2曲目は鋭いリフの刻みブラストビートで爆走!
ブラックメタルのような軽さが無くデスラッシュ的な重厚さがあるのも嬉しい限りじゃて・・・!
3曲目は過去曲リメイクで、これまた超が付くほどストロングでパワフルな
ヘヴィさ、勢い
を放つメロデスラッシュとなり、リードギターがまた相当にエモーショナルで良いな。
4曲目も過去曲リメイクとなっており、ヘヴィかつエキゾチックなリフが聴け疾走!
道元氏のスクリームがまた凄まじく強烈じゃのう・・・!5曲目以降は本作収録曲の
ヴォーカル無しインストヴァージョン
である。


ハイクオリティーながらもイマドキなチャラさのあるオリジナルと異なり、メタラー向けの
ド硬派メロディックデスラッシュ
となっており、オリジナルよりアレンジのほうが
良い(個人的好み)
という珍しいプロジェクトだな・・・!(爆)アルバムのほうでは
結構幅広く、今風な要素もあったりシンフォニックだったりもするが、本作はシンガーが
道元氏一人
と言う事もあってか彼に合わせた(?)メロディックデスラッシュ一本に
絞っており、一気に聴き通せる勢い
に満ち溢れており実に熱い!オリジナルでも
こういった硬派な方向性でやって頂きたい
んだがなぁ・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"漢"




日本のラウド/モダンへヴィネス/メロディックデスメタルプロジェクトによる12thアルバム。


ここ最近はオリジナルのほうでエクストリームメタル界隈において知名度を上げているが、
アレンジのほうが俺好みのドラマティックなメロデス、デスラッシュ色が濃く
なかなかに複雑な気分を味合わせてくれる超実力派プロジェクトによる最新作である!
本作は一部女性Voも顔を出すが、前ミニアルバム同様シンガーが道元氏一人に絞られており
THOUSAND EYES
等彼が他にやっているバンドに通じる雰囲気もあるのう・・・!

1曲目は早速のドラマティックかつアグレッシヴなギターと共にストロングに爆走!
メロデス要素が強い
感じでベースも唸り、ギターソロも勢いがありつつ劇的だな・・・!
2曲目も勢いに満ち溢れたメロデスラッシュで、ギターソロがかなり構築されたクサさ、
慟哭
を見せておりたまらんわい!3曲目はうって変わってグルーヴメタル的なヘヴィさ、
無骨さ
を放つも、その後はやはりデスラッシュ的に疾走しつつもどこか正統派HM/HRっぽい
印象
もあるだろうか!?途中キラキラシンセとギターがユニゾンし、そこだけは何故か
初期CHILDREN OF BODOM風だな。4曲目は再びアグレッシヴな勢いを放つ爆走チューンで、
本作中特に疾走しており凄まじい突進力じゃのう・・・!中盤以降で禍々しさ漂うスローパートも聴けるぞ。
5曲目も勢いある疾走デスラッシュだが、ギターは何故かスクリーモ、ニュースクール風
聴き飽きた東方フレーズが出てきてしまうのが惜しいものの、雰囲気自体は面白いな。
途中グルーヴィーなミドルパートになるぞ。6曲目はゴリゴリな印象のあるリフ
叙情的なリードギターが顔を出しつつやはり爆走!7曲目はボーナス扱いで、女性Voラップ
顔を出しグルーヴィーに展開、デジタル要素は無いがオリジナルに近いタイプの
今風な雰囲気
があるな・・・!8曲目以降は定番のインストヴァージョンである。


アレンジ側のほうも過去作は複数のシンガーが参加していたため、曲調自体も何気に
幅広い印象
があったんだが、本作は道元氏一人の特性に合わせたかのような突進力に
満ち溢れたメロデスラッシュ
一本に絞った印象があり、一部ニュースクール寄りだったり
ボートラでミクスチャー、グルーヴメタルにはなるものの実に潔く硬派でストロングな
エクストリームメタル
に仕上がっているのう・・・!前作もそうだったが余計な今風シンセを使わず
チャラさを一切感じさせないスタイルが実に俺好みである!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 From Hell  Swallowtail
Deadly Silence  Monster







もどる


inserted by FC2 system