UYU







"Will"




日本の初期型ポストハードコア/カオティックコアバンドによる1stデモLP。


先日のM3でゲットした1枚で、基本は一人で行っているプロジェクトだがライヴの時には
メンバーを集め5人編成のバンドでパフォーマンスを見せているようだ・・・!本作は
9曲入りアルバムではあるがどうやらまだデモ音源のようで、音楽的には近代的なメタルコア
通過型ポストハードコア
では無い、最初期・・・黎明期カオティックでラフなスクリーモ、
ポストハードコア
となっており、スカスカな音作りにタイトさとは無縁な荒さ満点の
ノイジーなバンドサウンド、クリーン、シャウト共に弱さの残るVo
と欠点は多いが、
それが逆に当時のポストハードコア黎明期のサウンドを再現していると言えるだろうか!?

1曲目は怪しげな出だしから荒々しいバンドサウンドが登場するイントロで、
続く2曲目はラフでチャカチャカした音作りに弱弱しいVo、シャウトが聴けポストハードコア
黎明期
のような雰囲気を放っておる!中盤はブレイクダウン怪しげなクリーンギターも顔を出すのう・・・!
3曲目も軽くノイジーかつ勢いのある音作りで、ハードコア的なノリも見られるがクリーンVoは
少しはキャッチーさもあるか!?
4曲目は意外とオーソドックスなギターが聴け、ミドルテンポの
ハードコアっぽさ
を放ちつつクリーンギター穏やかさも見せておりエモさもあるか!?
5曲目はこれまた淡々とした音作りエモいキャッチーさも見られるのう・・・!中盤以降で
ブラストビートも聴けるぞ。
6曲目もやけに落ち着いたエモ寄りの曲調となり、
7曲目はマイルドなクリーンギターノイズが聴ける繋ぎで8曲目はハードさのあるギターが登場、
音作りは軽めだが久々にポストハードコア、初期スクリーモ寄りな勢いが見られるぞ!
中盤はクリーンギターのアルペジオが穏やかさを演出するのう・・・!9曲目はノイズに始まりその後はギターやドラムが
意外とメタリックな印象を放つ細かいプレイを披露するが、基本はこれまたマイルドな
エモ系
となり10曲目はアコギによる穏やかなアウトロである。


新人バンドがデビュー作の時点で演奏、楽曲、プロダクション共に洗練されまくりの
近代メタルコア、ポストハードコアシーン
にあって昔ながらの荒さを臆面無く見せ付ける、
まさしく初期型、黎明期タイプのカオティックなスクリーモ/ポストハードコアをプレイしており
逆に新鮮味があるだろうか!?意外と落ち着いたエモ寄りの曲が多く、個人的にはもっと
カオティックにブチ切れて貰いたい所なんだが、まだまだデモなんで今後の成長が見込める
1人バンド
だな。初期エモ、ポストハードコアが好きなオッサンパンクス(?)にオススメである!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Hangman  Burn To School







もどる


inserted by FC2 system