UROBOROS







"ANOTHER ARK"




日本の女性Voシンフォニックゴシックメタルバンドによる1stミニアルバム。


“UROBOROS”何て聞くと誰もがDIR EN GREYを思い浮かべるだろうが(笑)、こっちは
今は亡き国産ゴシックメロスピユニット、Asrielのコンポーザーだった黒瀬圭亮氏が新たに
結成したバンドで、彼は作曲のみを担当し演奏は他の実力派プレイヤーに任せており
ある意味これもプロジェクト的な存在なのかも知れんが、ギターはあの大村孝佳なんで
ヤングギター愛読者にも激しくアピールするバンドであろう・・・!音楽的にはAsrielと
同じ方向性の女性Voゴシックメタル
だが、解散直前のAsriel同様モダンヘヴィネス寄りの
アプローチ
も見せているものの、メタルコア等のような近代エクストリームメタルばりの
ゴリゴリな感じでは無く、ヴォーカルメロは完全に売れ線J-POP、アニソン系でこの辺は
あまりメタラーに喜ばれる要素では無いだろう・・・!

1曲目は冷たいピアノヴァイオリンが聴けるイントロで、2曲目はヴァイオリンが
舞いつつヘヴィリフも登場、女性VoはどうにもJ-POPな歌い回しで神秘性に欠け
演奏はやはりテクニカルでギターソロもかなりトリッキーなシュレッドを見せているものの
サビはいかにもアニソン、J-POPな売れ線メロだな・・・!3曲目はピアノシタール
聴けつつスローテンポ怪しげかつ穏やかさを演出、ベースもスラップソロを披露しており
ギターソロに続いていくぞ。4曲目は多少ワイルドなノリが見られシンガロングも登場、
今風シンセも顔を出すぞ。ギターソロは流石のテクニカルさだな・・・!5曲目はピアノ女性Voが乗り
バンドサウンドも聴けるバラードで、こういう曲調でもギターソロはテクニカルで
トリッキーなシュレッド
を見せておる!6曲目はAsriel時代を思わせる
ヴァイオリン
が聴けリズムは多少Djent風な所があるも、ヴォーカルラインや
バッキング
HM/HRと言うよりもJ-ROCK寄りでメタラーはあまり喜ばんじゃろうて・・・!


モダンヘヴィネス寄りのリフを導入してはいるが、やはりメジャーのせいかゴリゴリさが
微塵も無く
あくまでも多少ヘヴィなアニソン、J-POP止まりなのが気になる所じゃて・・・!
女性シンガーもまぁ下手では無く媚びも無いんだが、どうにもよくあるJ-POP風の
気だるい歌い回し
KOKOMI嬢が持っていた神秘性に欠けるのも賛否分かれるだろうな。
ドラムがどうにもショボく打ち込みみたいだし、ギターソロは相当にテクニカルだが
泣きの要素が無いのも惜しい所である。メジャー進出したはいいが、拝金主義の背広どもに
食い潰された
感のあるAsrielの雪辱を晴らすために結成されたのかどうかは知らんが、
どうせ新たなバンドでやるならガチのエクストリームメタルになるとか、デスVo等も
導入し女性Vo版DIR EN GREYの領域まで到達する位はやってもらいたいのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Black Swallowtail







もどる


inserted by FC2 system