UNREAL CITY







"La crudelta di Aprile"




イタリア出身のプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


La Maschera Di Cera、Hostsonaten、Finisterre等といったバンドで活躍する
近代イタリアンプログレのビッグネーム、ファビオ・ズッファンティがプロデュースした
新人バンドで、音楽的にはハモンドやメロトロン等のシンセを多用したメロディー重視の
シンフォニックプログレ
で、2013年にデビューした新進気鋭の若手でありながらも
どこかヴィンテージ的な質感を内包、まるで70年代のプログレバンドのような雰囲気を
醸し出しつつイタリアらしいコッテコテな叙情性もしかと持ち合わせておる!

1曲目はちょいとオシャレ寄りのピアノに始まりライトさを持ちつつも乾いた印象の
バンドサウンド
も登場、ベースが何気に目立っておりハモンドも登場、プログレらしい
テクニカルな緊迫感
を演出しシンセソロが早速顔を出すぞ!その後はアコギやピアノが
穏やかさ
を出しソフトに歌い上げる母国語ヴォーカルも聴けるのう・・・!どことなく
バラード的なムードを持っており、イタリアらしい哀愁が感じられ泣きのギターソロも
エモーショナル
である!穏やかなオルガンに続いて雰囲気が変わりシアトリカルさのある
プログレサウンド
になりハモンドが暴れておる!2曲目はメロトロンの叙情的な音色
スペイシーなシンセ、イタリアらしいコッテコテな泣きを見せるリードギターがただひたすらに
哀愁を放つ10分近くある大作。ヴォーカルもバラード風の穏やかさを見せるが、次第に
シンセが盛り上がりを放ち始め昔ながらのプログレ的ムードを放っているな・・・!
中盤は怪しげなオルガン、ギターに続きチェンバロまで登場!クラシカルでクサい響き
放っておるわい!ヴォーカルの音程がどことなく怪しいがこれも味のうちか!?
さらにガットギターも顔を出し実にメロウで優雅じゃのう・・・!3曲目はダークで
シリアスなチャーチオルガン
大仰な物々しさを演出、ヴォーカルもどこかシアトリカルな
歌い回しを披露しており、
その後は生のヴァイオリン切れのあるプレイを披露するぞ!
ヴォーカルはシアトリカル通り越して胡散臭いレベルにまで到達しておるなぁ・・・!
後半は雰囲気が変わりピアノ、アコギ、ヴォーカルマイルドなギター穏やかさを放つぞ。
4曲目はチェンバロ風のシンセが軽快さを放ちスペイシーなシンセが絡み合いテクニカルさを
見せるが、
その後はピアノ、メロトロンが穏やかさを放ちヴォーカルも顔を出すぞ。
途中ベースが自己主張を開始しギターもライトなカッティングを披露、ちょいファンク的な
素養
を放っているが、その後はまたメロウかつクラシカルな展開になりヴォーカルは
シアトリカルじゃのう・・・!
5曲目はメロトロン、ピアノがのっけから火曜サスペンス劇場のような
大仰さを放つが、
その後はオルガンがどこか牧歌的なほのぼの感を演出しつつもリズムは
変拍子
胡散臭さも感じられるな。雰囲気がコロコロ変わるこの如何わしさもまた
プログレらしい部分で、ヴォーカル等場末のB級ジャズ風なのも面白いな。後半のギターリフの質感が
HM/HR寄りなのも印象的である。そして6曲目は何と18分近くある大作チューンで、怪しさを放つ
イントロ
からウッドベース風の音色メロトロン、シンセが顔を出しダークさを演出、その後は
ハモンドが目立ちクラシカルなピアノも登場、そしてギターがノリの良さを放ち
胡散臭さ漂うテクニカルなプログレ
となるのう・・・!4分半を過ぎた所でヴォーカルが顔を出すぞ。
8分過ぎの中盤でまた雰囲気が変わりフリージャズのようなピアノ捌きポジティヴさ漂う
リードギター、よく動くベースライン
フュージョン的な爽やかさを演出する!その後はピアノが
穏やかなクラシカルさ
を放ち気品ある優雅なムードを醸し出すのう・・・!後半は淡々とした感じになり
ギターやシンセもエモーショナルながらどこか倦怠感漂うフレーズを奏でているな。
その後はまたノリの良いリズムオルガンやピアノが軽快な盛り上がりを見せるぞ!


若手バンドのデビュー作でありながら古き良きシンセメインのプログレッシヴロック
今に継承しておりハモンド、メロトロン好きが泣いて喜ぶサウンドを披露しておる!
ヴォーカルの音程が怪しかったりとまだまだこなれていない部分もあるが、この手の
メロディー重視の叙情イタリアンシンフォニックプログレが好きなら聴いて損の無い
期待の新人バンドだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Atlantis(Conferendis Pecuniis)  Catabasi(Descensio Ad Inferos)







もどる


inserted by FC2 system