UNLIMITS







"夢幻シンドローム"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドの1stアルバム。


ありがたい事にタレコミで知ったエモ系のバンド
その音楽性は判りやすく一言で言うなら女性ヴォーカルのみ
なったWRECKingCReWといった所だろうか!?バンドサウンドも
なかなかにアグレッシヴで疾走感は抜群、そこに儚めの
女性ヴォーカル
凄まじいまでにクサい叙情哀愁メロディー
切々と歌い上げる!日本人の琴線に触れまくりの歌謡曲ライクな
クサメロ
でバンドサウンドもなかなかにハードでメロスピ的疾走感もあり
実にクオリティーの高いバンドじゃのう!Last Alliance
通じるものもあるがこっちのほうが歌謡曲クサくクサメタラーに
受けるのはUNLIMITSのほうだろう。ヴォーカルはどこかGO!GO!7188っぽいな。

1曲目からさっそく叙情メロと共に疾走!かなりクサいメロディーが
聴けるぞ!サビは爆走と共にクサメロ大乱舞だ!2曲目も恐ろしいほどに
歌謡曲クサいメロディーを放つアップテンポ曲だ!ギターソロ、
ベースソロ
も登場しバンドサウンドも聴き応えがあるな。3曲目は
メロウさが前面に出たライトな曲。それでもメロディーは叙情的だな。
ギターソロもクサメロを奏でているぞ。4曲目はさらにアグレッシヴな
バンドサウンド
と共にやはり嬉しくなるほどクサいメロディーを
聴かせてくれるぞ!疾走感もメロスピのそれでブリッジのコーラスも
良くサビのクサさはやはりシーントップクラスの勢いがあるな!
後半ここにきて男ヴォーカルも一瞬飛び出すがWRECKingCReWのように
下手ではないので良いな。6曲目は再びアップテンポ曲で
ハードロック系のリフが聴けサビはあのRaphaelの“Sacrifice”
思い出す超絶激クサ様式美クサフレーズが一瞬飛び出すぞ!
何と凄まじいバンドなのだ・・・!8曲目はアグレッシヴに爆走するも
あっという間に終わり続く9曲目はアップテンポのスカのリズム
昔のムックがやるようなパンクチューンのような雰囲気があるな。
サビはやはり何度も言うが滅茶苦茶クサい!ギターソロもムックの
“最終列車”みたいだ(笑)。10曲目もアップテンポでブリッジが
クサくサビでメロスピ的疾走開始!メロディーももちろんクサく
ヴォーカルメロディーをなぞるギターソロもたまらん!
11曲目もイントロからクサメロを撒き散らし疾走するぞ!
12曲目は明るめの雰囲気が感じられるライトなポップパンクだが
やはりメロディーには叙情性が感じられるのが良い。


HAWAIIAN 6を筆頭に日本人の、クサメタラーの琴線に触れる
クサメロを持った哀愁叙情クサメロコアはけっこう増えてきている
感があるがここに来て決定的なクサさ、クオリティーを持った
バンドが登場したな!女性ヴォーカルと言うのがメランコリックさを
増強
しており、また特別上手いというわけでもないがWRECKingCReWよりは
歌唱力があるだろうか?根底の音がメロコアではなくエモコアだと
いうのも他のクサパンク勢と差別化が図られておりパンキッシュさよりも
悲しさ、叙情性が前面に押し出されているのがまた良い!だがアルバム
全体として中盤からアップテンポとスローチューンが交互に来ており
それで緊張感が削がれているのが気になったな・・・!スロー曲は
疾走曲と比べていまいちパッとしないのも難点だがその点を上手い事
克服
できればWRECKingCReWはおろかHAWAIIAN 6超えも夢ではない
恐るべきポテンシャル
を秘めているといえよう!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 フランジア、孤独へのシグナル、
七色の記憶、追憶の未来、月アカリサイレース、僕の在り処、
クローバー







"茜−アカネ−"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドのミニアルバム。


タレコミで知った前作は超クサクサ爆走キラーチューン
大した事無い淡々とした捨て曲が交互に続くまるで
リチャード・アンダーソンがかつてやってたMAJESTICの
2nd
みたいな構成で飛ばし飛ばし聴いては悶絶していた
モンだが(笑)、そんな彼等が新たにリリースした最新
ミニアルバム
が本作である!彼等の最大の持ち味である
歌謡曲的な哀愁が漂いまくったクサクサメロディー、
疾走感
は健在だが今回はミニアルバムだからか全体的に
バラエティーに富んだ楽曲が収録されている。爆走
ファストチューン
からあまりにもクサすぎるキラーチューン、
ポップな色合いの曲
から多少ハードロック風の曲まであるぞ!

1曲目のイントロからクサさを予感させそして疾走!
Aメロになるとテンポが落ちるがそれでもアップテンポで
サビでお約束のように再び疾走開始!サビは間延びしたような
メロディーで前作のようなコテコテさは無いが相変わらず
叙情的で短いながらギターソロもあるぞ!2曲目はベースが
目立ちAメロから鬼のようにクサい!アップテンポで爆走と
いうわけでは無いが彼等らしさが詰まりまくった歌謡曲的な
哀愁
が篭りまくりの超絶クサクサキラーである!メロディーの
全てがクサすぎる!こういう曲を彼等に求めているのだ!
ギターソロもクサいわい!3曲目は淡々とした感じ
前作にあった捨て曲のほうの部類の曲(爆)。サビは典型的
ポップス風
でまぁまぁ。4曲目はどこか昔のハードロック風の
ギター
で始まりミドルテンポで哀愁漂う叙情クサメロ
聴かせてくれるぞ!間奏はベースソロで始まり若干だが
テクニカルな素養も垣間見せるかのようだ・・・。5曲目は
これまた明るさの出たポップ寄りの微妙なミドル曲。こういう曲
彼等には向いていないと思うんだがやっぱそれはメタラーの
閉塞的な考え方
なんだろうなぁ・・・!パンク畑の人間には
需要あるんだろうなぁ・・・!まぁ完全に捨て曲だった前作の
それとは違いメロディーが多少はマシになっているのでまだ
許せるか!?こういう明るいミドル曲でも恐ろしくクサい
メロディー取り入れてもいい
と思うんだがなぁ・・・!


様々なタイプの曲が収録されているがやはり本作は
タイトルチューン(?)の2曲目に尽きる!我等クサメタラーが
彼等に求める要素全てが込められた最強レベルのクサクサ
キラーチューンだ!
こういう曲をもっと増やしてくれい!
明るいミドルテンポの捨て曲はやめてもっと哀愁を!
もっと爆走を!
もっとクサさを!!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 茜唄







"蒼 -アオイ-"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドのミニアルバム。


女性ギターヴォーカルバッキングVoも披露する女性ドラマーを擁した国産歌謡
クサクサ疾走メロコア/エモバンド
6曲入りミニアルバムである!過去作では疾走曲こそ強烈極まりない
叙情クサメロ
をバンバン放ち恐るべきキラー振りを発揮していたもののミドル曲は何の面白みも無い
捨て曲
ばかりでキラーチューンと駄曲の差が激しい、まるでリチャード・アンダーソンのかつてのバンド
MAJESTICのような様相を放っていた・・・!(爆)前のミニアルバムでは若干改善されたものの
やはり疾走キラーチューンこそ彼等(彼女等?)の真骨頂!果たして本作はどうなったのであろうか!?

1曲目はどことなくオシャレなムードを放ちつつもテンション高めで疾走、メロディーは
やはり歌謡曲的なクサさを持っているが過去作のようなコテコテ感よりもどこか都会的な
雰囲気
が感じられ新機軸と言えそうな要素があるのう・・・!後半のサビの盛り上がりも
たまらんのう!
2曲目はポップ寄りのミドル曲で以前ならば捨て曲だったが成長したのか
メロディーはキャッチーで悪くは無いのう・・・!
中盤ではピアノも顔を出しこの辺の
アレンジセンスも成長の証だな。3曲目は穏やかながら歌謡曲クサさ満点のイントロに始まり
ベースが目立ち爆走はしないが軽快かつ哀愁満点のアップテンポ曲でこの叙情クサメロこそ
彼等の最大の武器よ!サビはテンポダウンするもメロディーのクサさが凄まじすぎるわい!
非疾走曲、バラード曲でもこれ位のメロを聴かせて頂きたいモンじゃ・・・!4曲目はアコギ、
ピアノ、ヴォーカル
に始まりライトなムードを放つポップス寄りのミドル曲。サビはJ-POP臭さ
強いもメロディーにフックはあるな・・・!ギターソロは拙いながらタッピングも披露しているな。
5曲目は哀愁ムードのあるミドル曲だがやはりメロディーがイマイチアレンジも地味だ・・・!
サビはまぁまぁ悪くは無くメロディー重視のギターソロも顔を出しラストのサビは半音上がる
王道の展開
を見せるぞ!6曲目はいかにも疾走しそうなイントロに始まりバンドサウンドが盛り上がり
当然のように疾走開始!
メロディーも勿論クサくサビは待ってましたの歌謡叙情クサメロだ!


ポップ寄りのミドル曲もかつてのようなあからさまな捨て曲とはならず聴き所があり
着実に成長してきている感があるがやはり彼等の真髄はクサメロ撒き散らしまくりの
哀愁歌謡疾走チューン
だ!そればっかりだと飽きが来るのも早いだろうし本人達も判ってて
ミドル曲をやっている
んだろうがやはり疾走曲(というかクサメロ曲)を求めてしまうなぁ・・・!
上でも書いたがミドル曲、バラードもメロディーをクサくして頂きたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 蒼、月光、8







"トランキライザー"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドの2ndアルバム。


女性ヴォーカルが歌謡曲色濃い恐るべき叙情哀愁コテコテクサメロを歌い上げる疾走チューンが
数多くのクサメタラーをKOしてきたHAWAIIAN 6直系クサメロコア/エモバンドによる
待望の2ndフルレンスアルバムである!疾走曲こそ凄まじいキラーなもののミドル曲はなぜか微妙な
ポップ路線
に走りメロコアキッズの意見は知らんが少なくともメタラーにはそこが不満だった・・・!
アルバム重ねる毎にその辺は少しずつ改善されていきミドル曲にも聴き所は設けられるようになってきたが
やはりそれだけでは喰い足りん!本作はどれくらいの割合で疾走曲が聴けるのだろうか!?

1曲目は9mm Parabellum Bullet凛として時雨辺りにインスパイアされたかのような
妙にオシャレなカオティック風オルタナのムードを醸し出すもヴォーカルメロは性急さのある
クサさ
を放っており非疾走のアップテンポ曲だが十分にクサメロが備わっておるのう・・・!
インストパートは短いベースソロからギターソロに繋がりテクは無い曲中のフックとしての
機能
は果たしているな。2曲目もバンドサウンドの時点で既にクサいムードを放ち爆走と言うよりは
アップテンポで展開、ヴォーカルも当然のようにクサく勢いがありサビも実に強烈である!
中盤以降のコーラスもまたクサいな・・・!3曲目はポップ路線のミドル/スロー曲
やはりキラーチューンの直後にコレだとどう聴いても捨て曲にしか聴こえんのが
問題ありまくりだな・・・!4曲目は以前のミニアルバムに収録されていた曲で軽快なアップテンポで
凄まじい哀愁
を放つクサメロ大炸裂のキラーチューンである!5曲目はクリーンギターが穏やかな
ムードを醸し出すお決まりの微妙なミドル曲なれどサビはキャッチーメロディー重視の
ギターソロ
も顔を出すぞ。後半でベースも目立ち始めるな。6曲目は待ってましたの疾走クサクサキラー
やはりヴォーカルメロが胸を締め付けてくるかのような哀愁を放ちまくっておる!一瞬だがタッピングを見せる
ギター
も印象的で掛け合いを見せるヴォーカルクサさを増強しているぞ!なぜ疾走曲に限ってこんなメロ
思いつく
んだろうか・・・!?7曲目はちょいメタルに接近したかのようなイントロに始まるもその後は
非常に怪しい昭和歌謡アングラムードをプンプンに放つ加工ヴォーカル、スローなカッティングが聴けるも
その後は爆走する!これまでの彼等に無かった新機軸で下手なポップ寄りの捨て曲よりも
ずっと好印象じゃわい!8曲目はこれまた穏やかなクリーンギターが聴けるまったりとしたスロー曲。まぁサビは
それなりに悪くなく途中からバンドサウンドが盛り上がり語りも登場するがサンホラ系ではなくへヴィではない
envy
といった塩梅のムードだな。9曲目はこれまた若干HM/HR寄りのイントロから疾走開始!性急なドラムに
ベースも目立ちヴォーカルは穏やかなムードがあり珍しくそこまでクサくは無い印象だがサビはやはりクサいぞ!
10曲目は前ミニアルバムに収録されたこれまた疾走するクサクサキラーチューンである!
11曲目はミドル/スロー曲でハモンドも顔を出しどこかやさぐれたムードを醸し出すタルい捨て曲だ(爆)。
12曲目は疾走曲だが哀愁よりもポジティヴさを感じさせる明るめのメロディーがありミドルテンポの
ポップ曲のテンポを上げた感じの曲調
となっておりどうせやるなら逆のパターンをやって頂きたかったわい(爆)。


相変わらず疾走チューンのクオリティーは異常に高い!多少ながら新機軸を見せつつも
根底は決してブレる事の無い歌謡哀愁クサメロ疾走!ミドル、スロー曲が霞んでしまうのも
これでは無理も無い事じゃ・・・!まるでセックスだけが取り得でそれ以外は何もない
アバズレ
に翻弄される哀れなヒモのような心境になっちまうわい!(爆)疾走曲に今の所
ハズレは無い
んで彼等のアルバムの評価はどれだけ疾走チューンが収録されているかで
分かれてくるような感じ
になっているな(笑)。相変わらず疾走曲とミドル曲が
交互に顔を出す
アルバム構成だが7曲目のような新機軸を取り入れた曲が好印象だったな・・・!
下手なポップ曲やるならこういう曲をやって頂きたいモンじゃ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 ループ、偽りの世界、茜唄、α、ディスコード、蒼







"NeON"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドの3rdアルバム。


歌謡曲の影響をモロに受けた豊潤なクサメロを持った疾走キラーチューンと、
それと相反するクソ面白くも何とも無いミドルテンポの捨て曲を交互に披露する、
国産哀愁クサメロ女性Voエモ/メロコアバンドである!本作は彼らの通算3作目の
フルアルバム
だが、どうやら各方面でセルアウトした、つまらなくなった、
疾走感やクサさが無くなった
だの相当にボロクソに叩かれておる!(爆)
彼らもメジャーの毒牙にかかってしまったのだろうか!?

1曲目はオルタナ臭さ漂うギターに始まり相当にポップ寄りなヴォーカル
顔を出す淡々としたミドル曲早速のガッカリ感を感じさせ、2曲目もまた
やけに淡々としたミドル曲で相当に大人しくなっちまっているなぁ・・・!
とりあえずサビは彼ららしい歌謡曲的クサメロが顔を出すも、勢いがまったく
感じられない
のは痛いのう!とりあえずギターソロも顔を出すぞ。3曲目はまったくもって
脈絡が無い
のだが何故かTHE BACK HORNの山田ゲストヴォーカルで参加しているが
シャウトはせず普通に歌っており、曲としてはとりあえずアップテンポそれなりに
歌謡曲系のメロディー
が聴けるもやはり勢い、切れ味は無くなっちまっているなぁ・・・!
4曲目は穏やかなクリーンギターが聴けるバラード風の大人しいポップ曲。
5曲目もオルガンが聴けるも曲としてはただのポップスなスロー曲。6曲目はギターがそれなりに
ハードに自己主張
しその後は疾走!ようやく本来の彼ららしい曲調になりサビもクサさを
感じさせてくれるぞ!
こういう曲をメインにやってくれい!7曲目はアコギのストロークピアノが聴ける
相当に淡々とした大人しめの微妙なインスト。8曲目も穏やかで落ち着いたクリーンギター
顔を出しストリングスも登場、アップテンポではあるがストリングスの音色いかにも
売れ線J-POPだと主張している
かのようで気に食わん!(爆)サビもクサメロでは無く
やはり売れ線J-POP系じゃのう・・・!9曲目もいかにも売れ線J-POPなムード漂う
淡々とした明るいスロー曲。
10曲目も安易なオシャレムードに逃げたクソつまらんミドル曲
11曲目もやけに淡々とした微妙なミドル曲だが、サビのメロディーはかろうじて本来の彼らのような
歌謡曲的クサメロスタイル
である。12曲目はTHE BACK HORNBRAHMAN辺りの影響を
感じさせつつ疾走する曲だがメロディーが弱めなんでやはりどうにも微妙じゃのう・・・!
13曲目はポストロック的な静けさを感じさせつつも基本はポップ要素の強いバラードである。


ファーック!サノバビィーッチ!!タマ舐めやがれ!!
世間の評判どおり彼らも見事なまでにセルアウトクソつまらんポップロックに
成り下がっちまっておる!
まぁ昔から疾走曲以外はクソみたいな捨て曲なんだが、
そんな捨て曲ばかりになっちまった印象があり、さながら整形前のほうが美形で
女顔だったニューハーフ
みたいな状態である!(爆)何故どいつもこいつも
こうなってしまうのか!
HM/HR以外は信用出来ないのか!?
カネ儲け第一の背広連中
の意見に耳を貸しちまった時点で芸術の敗北だ!
ビジネスミュージックに用はねぇ!!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 35% お気に入り曲 リフレイン







"アメジスト"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドによる4thアルバム。


疾走メロコア、エモコアに女性Voが歌謡曲然としたクサいメロディーを歌い
クサメタラーに喜ばれた国産バンドだったが、前作でメジャーデビュー
例によって例の如くクソつまらん売れ線ポップス化しファンにそっぽを向かれた
A級戦犯バンドでもある!そんな訳で俺も当然のようにこいつらを見限り、
その存在を綺麗サッパリ忘れ去っていた
んだが、どうやらゴミ以下の駄作を
世に出しちまった
事により一気にファンを失ったのを猛省したのか、メジャーから
足を洗い更生し大分マトモになった新作をリリースしていた
らしい・・・!
果たしてどれだけ反省したのだろうか!?

1曲目はクリーンギターによる哀愁漂う出だしから疾走!短い曲だが本来の姿に
しかと戻っている
では無いか!2曲目も勢いとクサさを発散する疾走チューンで、
短いがギターソロも登場、3曲目は軽快なノリの定番の捨て曲になっちまうが
4曲目は再び疾走するクサいキラーチューンだ!5、6曲目は続けて捨て曲
7曲目もつまらんミドル曲だが雰囲気は怪しげで、サビは少しはクサさがあるな。
8曲目はなかなかにクサいアップテンポ曲で、細かいギターソロも聴けるぞ。
9曲目は多少哀愁はあるがやはりつまらんミドル、スロー曲で、10曲目は軽快なノリを見せ
悪くは無いがちょいとアニソン、J-POP色が濃く好みでは無いな・・・!11曲目はこれまた
面白味皆無のつまらんミドル曲で、12曲目は出だしこそ微妙だが
その後はクサく疾走してくれるぞ!


メジャーでセルアウトすると言う愚行から見事に立ち直り、キレイな身体で
シャバに戻って来た
かのような更生、反省振りを見せており嬉しい限りである!
疾走チューン以外がクソつまらん捨て曲だと言う部分まで元に戻っているんだが(笑)、
最新のWindowsにしたら不具合が出たんで
元のバージョンに戻したみたいなノリだろう(爆)。

とは言えかつてのように凄まじいクサさの爆走チューンが立て続けに
連発されまくる
程では無く、そこそこレベルの曲も目立っておりまだまだ
完全復活とまでは行かない
だろうか!?ただギターソロが多くなっているのは
メタラー的には嬉しい部分だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 アメジスト  エターナル  君のうた
ひこうき雲







"U"




日本の女性ヴォーカルクサエモコアバンドによる5thアルバム。


クソつまらんミドル、スローの捨て曲もあるが、歌謡曲的な哀愁バリバリの
クサメロを撒き散らし爆走する、クサメタラー歓喜のクサメロコアをプレイし
HM/HR界隈でも知名度のある女性Voエモ/メロコアバンドだが、忌々しきメジャーで
見事にセルアウトし、何の価値も無いゴミみたいな捨て曲のみを量産する
カスバンドに成り下がり、クサ疾走チューンを求めるメロスパーのみならず
本来のファンであるエモ、メロコアキッズからも見捨てられ死に体となった時期もあった・・・!
流石に焦ったようで、解散の道も選びかけたっぽいがそうはせず、メジャーから
足を洗い更生し、
前作でかつてのような捨て曲入りだが爆走キラーチューンも
しかとある本来の姿に戻り、
失った信用を幾らか取り戻す事に成功したようだ。
本作はそれに続く通産5作目で、方向性としては前作通りの過去作再現型
歌謡曲クサいキラーチューンつまらんポップ曲の差が激しい仕上がりなんだが、
どうにも疾走曲が減退しており、クサい曲より捨て曲のほうが遥かに多く
これまたファンにそっぽを向かれそうな迷走振りを見せておるのう・・・!

1曲目はお約束の疾走キラーで、2曲目はミドル曲ながらもどことなく怪しげな
歌謡曲的なクサさ
が見られ、ベースのスラップやそこそこHM/HRなギターソロも登場!
ラストで疾走するぞ!3、4曲目は淡々としたつまらんポップ寄りミドル曲。
5曲目も軽快でポップ色が濃いながらサビはやや歌謡曲的だろうか!?
6、7曲目は見事につまらんポップ系の捨て曲で8曲目も微妙なバラード風だが、
9曲目はここに来てようやく登場の疾走クサメロキラーチューンだ!昔みたいに
もっとこういう曲やれや!
10曲目は疾走と言うよりアップテンポだが、
歌謡曲クサいメロが目立ち、11曲目は面白味の無いバラード系だ。


景気のいい歌謡クサメロ疾走チューンもあるが、それ以外は歌謡メロこそあれど
どうにも煮え切らず、毎度お馴染みのクソつまらん駄曲のほうがかなり多い感じで
メジャーでも無いのにまた面白く無い方向に向かっちまった感があるなぁ・・・!
こんな微妙な感じになるなら潔くマンネリ化しろや!爆走キラーチューンと
つまらん捨て曲交互にやれや!(爆)
とりあえずアルバム後半で些か持ち直すも、
中盤がかなりの悪印象で評価が下がる要因だろう・・・。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 ボーダーライン  ラストダンス
プリズム&ブルース  最後の言葉







もどる


inserted by FC2 system