UNHOLY RITUAL







"REX MUNDI"




ギリシャ出身のシンフォニックブラックメタルバンドの1stアルバム。


前にディスクユニオンで流れておりそれで興味を持って
ゲットした1枚
である!音楽的にはまさしくCRADLE OF FILTH
DIMMU BORGIR等の流れを汲んだオーケストレーション、
ストリングス
が壮麗に鳴り響くメロディアスで
聴きやすいシンフォニックブラック
で、他のバンドとの相違点は
うねるタイプの、CHILDREN OF BODOM
KALMAH辺りが好んで使うトランス風のシンセがリードフレーズを
奏でたりする点だろう。演奏もタイトに纏まっておりヴォーカルは
若干引っ込み気味だが高音絶叫タイプでダニ・フィルス程の
高音域ではないが部分部分に吸い込みタイプのホイッスル成分
混ざる箇所があるのが大きな特徴である!この手のバンドとしては
プロダクションが良いのも武器だ!

1曲目は壮麗なオーケストレーションにうねるシンセで
始まりブラストで爆走、ストリングスサウンドが
シンフォニックさを演出するドラマティックでメロディアスな
シンフォブラとなるぞ!2曲目はトレモロリフが劇的さを
演出しヴォーカルも高音ではなく中音域で野蛮に咆哮
ビートダウンではないがテンポが落ち冷たいピアノも聴け
曲展開も良いな・・・!後半で若干電子音っぽい部分も出てくるぞ。
3曲目はいきなり爆走しヴォーカルも何とホイッスルヴォイスを披露!
かなりアグレッシヴで分厚い音圧を誇っておりこの手のバンドらしからぬ
音の良さが光っているのう!テンポが落ちストリングスシンセ
勇壮さを出すパートもドラマティックである!短いながらタッピングを
交えたギターソロ
も登場するぞ。4曲目はホーンの音も登場し
壮大なオーケストレーションが盛り上がる繋ぎで続く5曲目も
ブラストが聴けストリングスが舞い凶悪な高音ホイッスル絶叫
登場しドラマティックに爆走!テンポが落ちる後半ではシンセソロ
聴けアウトロは聖歌風のクワイアで荘厳さが演出されるぞ。6曲目は
ドラムがアグレッシヴに叩きつつもリフは中東風のフレーズで重厚さ、
邪悪さを出しておりシンフォニックかつ重苦しい禍々しさがあるのう・・・。
7曲目は笛みたいなシンセで始まりシンフォニックかつ複雑な
リズム
が披露されテクニカルな所も見せブラストを交えつつも
ノリの良さがあるぞ。リフもただトレモロを弾くだけではなく
ミュート音でジャーマン風に刻んだり細かいオブリを入れたりと
自己主張しておりリフワークだけでも聴き応えがあるのう・・・!
中盤ではシンセも交えプログレメタル的風味を演出!
後半のブラストも実にアグレッシヴだ!高音絶叫も凄まじく
テクニカルな演奏は初期のCHILDREN OF BODOMを思わせる箇所もあるな。
8曲目はこれまた分厚い迫力の音圧で爆走するもやはり全体的に
キチンと構成された聴きやすいシンフォブラで、途中のリフは普遍的な
HR/HMのスタイル
でその後のオーケストレーション、ブラストも非常に劇的で
カッコいい
のう・・・!9曲目はSEが重厚さを出すアンビエント系
トラックでちょいとダレるが続く10曲目は待ってましたの爆走劇的
シンフォブラ
高音ホイッスル絶叫もインパクト十分、途中はお約束のように
テンポが落ちるも妙のノリの良いシャッフルリズムでその後さらに
ピアノ、パーカッションが登場、ベースラインも目立っており
この手のブラックメタルから次々と遠ざかるアレンジに変化し
非常に面白いがその後再び分厚い音圧で爆走!ブラストの速さ
特筆すべき箇所だな・・・!ギターソロも聴けるぞ。


普通に日本盤出ても何の遜色も無いレベルに達しており
演奏、プロダクションもさることながら楽曲のレベルも
非常に高い!
ブラックメタラーのみならずこの手の
シンフォニックで大仰なクサいメタルが好きなら
マジでオススメできる名盤である!いきなりギリシャから
こんな凄いバンドが登場するとはのう・・・!驚きとしか言えんわい!









満足度 93% お気に入り曲 9曲目以外全部







もどる


inserted by FC2 system