UNDEROATH







"Lost in the Sound of Separation"




フロリダ州タンパ出身のカオティックコア/スクリーモバンドの4thアルバム。


カオティックハードコアの要素を取り入れたテクニカルな
スクリーモ
に始まりメタルコア要素をも取り入れ成長してきた
バンドである!どうやらクリスチャンバンドのようだが
音的にそれを感じさせるような要素は無く様々な要素が
取り入れられた複雑なカオティックエモをプレイしている!

のっけから音質の悪いスクリーモで始まるもその後はちゃんとした
音の、アグレッシヴな変拍子カオティックメタルコアとなるぞ!
打ち込みっぽいリズムも顔を出したり変拍子バリバリながら
ビートダウンモッシュパートも出てきたりと非常に風変わりな、
複雑なメタルコアである!ヴォーカルの咆哮はけっこう聴きやすい
タイプ
でクリーンVoもスクリーモ的高音でけっこう上手い方だと思う。
3曲目なんかクリーンなパートも多くメタルコアというよりは
スクリーモと呼んだほうがいいかも知れんな。しかし意外と
キャッチーなヴォーカルが乗るその展開は判りやすくも変態的
やはりカオティックコアの流れを汲んだものなのだろう。独特の
不穏さ
がありAT THE DRIVE-INに近い雰囲気が感じられるかも
知れん!5曲目はアグレッシヴに疾走するがリズムはやはり
変拍子バリバリでどこかMESHUGGAHを思わせる部分があるかもな。
まぁもちろんあそこまで無機質なヘヴィサウンドではないが・・・。
クリーンVoが出てくるパートではポストロック的浮遊感を持ったピアノも
顔を出しアトモスフェリックな空気を演出するぞ!7曲目もどちらかと
言ったらポストロック要素が濃いな。基本はメタルコア、スクリーモだが
途中の打ち込みリズムが新鮮な8曲目も面白い!9曲目はカオティックな
変拍子プログレッシヴメタルコアだ!11曲目は打ち込みサウンド、
チェロ
が聴ける完全ポストロックスタイルのインスト。


アグレッシヴな変拍子が冴えるカオティックメタルコア、スクリーモ部分は
十分カッコよく時折見せる浮遊感、打ち込み要素も曲を引き立てているが
ポストロックパートが仇となりダレを感じさせる部分もあるやも知れぬ・・・!
そういった要素が好きな人にとっては良いのだろうが個人的にはダラダラと
締まりの無い音が垂れ流されるポストロックはあまり好きじゃないんで
こういう評価になるな・・・!だがクオリティーそのものは高いと思うので
そういったポストロック要素も楽しめるカオティックコア、
スクリーモファンならさらに高評価となるだろう!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Only Survivor Was Miraculously Unharmed、 Coming Down Is Calming Down、 Desperate Times Desperate Measures







もどる


inserted by FC2 system