Trouveres







"リインカネーション"




日本のファンタジックRPGヴィジュアル系ユニットの同時リリースシングルの1枚目。


RPGをコンセプトにしたヴィジュアル系サウンドを持ち味とする男女シンガー二人による
ユニットで、本作は2011年秋のM32枚同時リリースされた2曲入りシングルの
うちの1枚
となっており過去にも何枚かシングルやミニアルバムをリリースしているが
廃盤となっている音源も多いようだ・・・!M3で視聴したのは下でレビューしたもう一枚の
シングルのほう
であっちはシンフォメタル要素があり購入を決めたのだが本作は音楽的には
シンセを多用したアニソン的なキャッチーさのあるライトなヴィジュアル系でメタリックさも
シンフォニックさも意外と無く
最近増えてきた感のあるV系メタル的な要素は無いな・・・!

1曲目は電子音によるデジタルサウンドで幕を開けその後は非常にチープな音色
シンセが聴けいかにもV系なヌメッとした男Voと低めのキーで浪々と歌う女性Vo
ツインで登場、両者共にしかとした歌唱力があり特に女性Voが媚びの無いパワフル系の
歌唱
好感が持てるのう・・・!一応はバンドサウンドも聴けギターは生だがそれ以外は
打ち込みでサビはアニソン的なキャッチーさがあるな。2曲目はピアノ、ストリングスシンセに
バンドサウンドが明るくキャッチーなムードを醸し出し女性Voもソフトな歌唱を披露、
ほぼ女性Voがメインとなっているな。


思った以上にメタル要素、シンフォニック要素が無く普通のヴィジュアル系に近い
スタイルだったのが意外である!メロディーラインもクサいとかそういう訳ではなく
あくまでもアニソン的なキャッチーさメインのフレーズがメインで、コンセプトが
RPG
だからといってクサメタラーに喜ばれるような曲調とは言えないのだがヴォーカルは
二人とも確かなものがあり特に女性シンガーのほうが媚びの無いスタイルで上手いのが良いな!
クサメタラーが喜べる楽曲をやっているのはもう1枚のシングルのほうなんで
最初に聴くならそっちのほうをオススメする!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 63% お気に入り曲 星屑のワルツ







"ロンギヌス"




日本のファンタジックRPGヴィジュアル系ユニットの同時リリースシングルの2枚目。


2011年秋のM3同時リリースされたシングルのうちの2枚目で、
本作を試聴しゲットするに至った故音楽的には上記のシングルと比べてストリングスシンセや
キラキラしたチェンバロ系シンセ
が目立ちバンドサウンドもよりHM/HRに接近、
最近増えてきているヴォーカルだけV系であとは完全メタルなバンド勢に通じる
要素が感じられる音作り
になった印象があるがまぁ実際はそこまでシンフォニックメタルに
接近したわけではなく
あくまでも基本はヴィジュアル系スタイルなのだがメタラーが
彼等に触れるならとりあえずは本作を先に聴くのがオススメだと言えよう!

1曲目はいきなりの語り、クワイア、メタリックなバンドサウンドで幕を開け
その後はストリングス、キラキラシンセも登場、疾走はしていないが
上記シングルよりも明らかにメタルに接近し女性Voもかなりパワフルな
メタル歌唱
を披露しておりもろV系な男Voも悪くは無いのだが完全に食われており
サビはやはりアニソン系のキャッチーさがあるな・・・!2曲目はオルゴール
幕を開けストリングスシンセ、ハープのような音色、バンドサウンド退廃した
ムード
を醸し出し男VoがV系歌唱を披露女性Voも登場、哀愁を帯びた声で歌い
MiddleIslandにかなり近いムードがあるのう・・・!


上記シングルと比べるとこっちのほうがファンタジックでシンフォニックな
メタル要素が増強
されているがあからさまに疾走しまくりで大仰なオーケストレーション
聴けると言うような事は無くあくまでもシンプルでキャッチーさのあるヴィジュアル系
範疇を脱してはおらずやはりメタラーが聴くよりはV系ファンが聴くべき音源だろうな。
女性ヴォーカルの声質がMiddleIslandの紫嬢にかなり近いパワフルで情念ある
タイプ
なのがメタラーには好印象であろう!男Voもこの手のV系スタイルとしては
十分
なのだがやはりメタラーとしてはこの女性Voに惹かれるのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system