The Skyline







"Encounters"




フィンランド出身のシンセ入りスクリーモ/メタルコアバンドの5曲入りEP。


ジャケでエモ系かと思いきや音楽的にはかなりメタリックさのあるスクリーモと言えるバンドだ!
ギターがこの手のサウンドによくあるプラスティック的な質感を持ちつつも
高音でペラペラとリードフレーズを弾くより普通にリフを刻む事のほうが多く
この点がスクリーモと言うよりメタルコアに近いムードを感じさせる要因で
カオティックコア的な要素もあり非常に勢いのあるアグレッションを見せ
ヴォーカルはサビこそハイトーン系のクリーンVoエモさを出すもそれ以外は
終止絶叫シャウト非常に荒々しいがその一方でシンフォニックさのある
シンセ
も時折顔を出し繊細な音作りも見せているぞ!

1曲目は細かく刻まれるギターリフのフェードインからアグレッシヴかつ
ハイテンションに疾走、
どこかカオティックなムードを見せスクリーモ
ありつつかなりメタリックビートダウンも聴けるがサビはクリーンVoが
ハイトーンで歌い
エモさを見せるぞ。ギターソロも顔を出しこの辺もやはり
メタルに近いな・・・!
2曲目はギターフレーズがスクリーモに接近
電子音シンセを交えヴォーカルはやはりテンションの高い絶叫がメインだが
サビは当然のようにクリーンVoだ。3曲目はデジタルシンセで幕を開け
ストリングス系のシンセと共にバンドサウンドも登場、やはり勢いのある
メタリックさ
が強いが途中シンフォニックかつアトモスフェリックなパート
顔を出し叙情性も目立っているな・・・!やはりビートダウンも聴けラストは
ピアノで幕だ。4曲目はそのままピアノが引き継ぎその後はギターのトレモロ、
バンドサウンド
も登場しアップテンポノリの良さを見せつつへヴィさを強調した
リズム
も顔を出しビートダウンもやはり登場!サビは当然クリーンVoだ。5曲目は
シンフォニックさのあるシンセが壮麗さを出しバンドサウンドはビートダウンで
へヴィに展開
しつつクリーンVoがエモさを演出するスロー/ミドル曲。中盤で
クリーンギターストリングスシンセが聴けギターも泣きのソロを披露、
こういう繊細さはむしろメタラー向きか!?ラストはアコギも登場だ。


シンセサウンドを時折混ぜたメタルコア寄りのスクリーモといった感じで
ギターの質感こそスクリーモなれどリフワークがメタリックなのでエモ、
スクリーモキッズ
のみならずメタルコアのフリークも楽しめそうな
仕上がり
になっていると言えよう・・・!シンセもエレクトロニカ系以上に
シンフォニックな色合い
があるのもまた良いな。5曲のみのEPだが捨て曲は無く
アルバムのほうも期待出来そう
な新人バンドである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system