The GINSENG







"バーボン=ナポリタン"




日本のフラメンコ風アコースティックポップスバンドによる1stアルバム。


V.S.O.P.(ヴェリースパニッシュオリエンテッドポップス)を自称する新手の国産バンドで、
フラメンコギター2人にトランペット奏者を擁する7人組となっており、音楽的には
日本人的な感性で構成されたフラメンコ、スパニッシュ系の
アコースティックサウンド
となっており、ヴォーカルも鼻にかかった
そんな感じの声質
をしており近いバンドを挙げるとやはりGIPSY KINGS
なるのであろう・・・!歌詞も一部は日本語詩だが大半がスペイン語である。

1曲目はやけに穏やかでほのぼのした曲調で肩透かしだが、2曲目は穏やかな中に
多少はスパニッシュ的なフラメンコギターが顔を出し、3曲目は日本人らしく母国語で
歌っており
これまた穏やかだな・・・!4曲目はエキゾチックなムードを放つ
ヴァイオリンが聴け、大人しいんだがようやくスパニッシュ的な哀愁が出て来たか!?
5曲目はメロウな空気を醸し出すバラード風で、6曲目はまた日本語詩で穏やかさを演出、
7曲目はスパニッシュギターラウンジ風かつどこか日本的な歌謡メロも聴かせる
インストとなり、8曲目はVoがスパニッシュ的なクサい哀愁を醸し出しており
こういう曲をもっとやって貰いたいのう・・・!9曲目は穏やかでほのぼのした牧歌的な曲調だ。


アコースティックながら情熱的でクサい、GIPSY KINGSを日本人的な歌謡クサメロで
コーティングしたかのようなサウンド
を期待していたんだが、蓋を開けてみたら
穏やかでほのぼのした楽曲ばかりで、スパニッシュ、フラメンコ的な
クサさ、
ある意味アグレッシヴとも取れる情熱的なムードは微塵も無く肩透かしだな・・・!
まぁ穏やかなポップスが好きなラウンジ、イージーリスニング寄りのリスナーに
とっては薄味が丁度良いのかも知れんが、個人的には物足りんわい!
一部の日本語詩が音楽性に合っておらずダサいのも欠点だな・・・!もっとクサさを!
もっと濃厚さを!もっと熱さをくれい!







満足度 60% お気に入り曲 Las imitaciones  ?Donde esta mi amor?







もどる


inserted by FC2 system