TWILIGHT OPHERA







"Descension"




フィンランド出身のシンフォニックブラックメタルバンドによる4thアルバム。


90年代から活動している古株のベテランバンドらしく、本作は彼等の通産4作目に当たる
フルアルバム
で音楽的には大仰でドラマティックなオーケストレーション
導入したシンフォニックブラックとなっており、CRADLE OF FILTH辺りに通じる雰囲気が強く
あまり個性は無いもののこの手のシンフォブラックを好むリスナーであれば普通に楽しめる
良質のサウンド
を見せておるのう・・・!ブラックメタルとしては音もなかなかに良く、
暴虐性
よりも壮麗さ、劇的さを重視した聴き易い音を出しているぞ!またヴォーカルは
高音喚き、低音グロウルに加え正統派HM/HR向けのクリーンVoも多用しているのう・・・!

1曲目は早速の絶叫と共にシンフォニックなシンセを纏い疾走!ブラストと同時に
ヒステリックなギター
も顔を出し大仰さを放っておるのう・・・!途中で怪しげな
クリーンVo
がなかなかにHM/HRライクなハイトーンで歌い上げており、さらに後半では
クワイアのパートも登場!2曲目はピアノメロウさを放ちつつ低音グロウル、
高音絶叫
に加えこれまたクワイア的なコーラスも聴けるミドル曲。後半ではシュレッドの
ギターソロ
も顔を出すぞ。3曲目は正統派HM/HRライクなクリーンVoで幕を開けピアノや
シンセ
も目立つ明るいシンフォブラである!4曲目はキラキラしたチェンバロ系の音色
クラシカルさを放つアップテンポ曲となり、途中聴けるクリーンVo大仰なホーンが目立っているな・・・!
5曲目は退廃的な中にどこか荘厳なムードを醸し出すスローテンポで、大仰なシンセの他に
リードギター叙情性を放っており、途中聴けるクリーンVoがエモーショナルじゃのう・・・!
6曲目はシンセが神秘的な空気を放つスロー曲だが途中からテンポアップするぞ。
クリーンVoもかなり怪しげでラストはタッピング等による速弾きギターソロも登場、
7曲目はいきなりのシュレッドギターソロに始まりシンセも大仰さを放ち疾走するが、
その後はテンポダウン淡々と展開するのう・・・!8曲目もギターがいきなりのソロを披露しつつキラキラした
シンセ
も登場、これもミドルテンポでクリーンVoも目立っているな。9曲目は珍しくブラスト、トレモロで
疾走するファストチューン
となり得意のクリーンVoも聴けるが、デスVoもまた暴虐さを見せているぞ。
10曲目はミステリアスな怪しさ漂うシンセが目立ったスローチューンで、この曲もまた
クリーンVoギターソロが自己主張しているのう・・・!


CRADLE OF FILTHDIMMU BORGIR辺りの流れを汲んだ、音楽性重視の聴き易い
シンフォニックブラック
となっており、上記したようぶっちゃけ個性は無いんだが
ブラックメタルにクサさ、シンフォニックさを求めるクサメタラー
が楽しめる
良質のサウンドを提示しておる!音も軽いがブラックメタルとしては問題無く、
あまりブラストやトレモロを多用していないのも眠くならなくて良いな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Charagma  Suicide harlequin  mirage of moira
sanguine diadem  SYN







もどる


inserted by FC2 system