TURKISH VAN







"生命の花"




日本のテクニカルラウドロックバンドによる1stアルバム。


2011年に新潟にて結成された若手バンドで、ただのオルタナ、ギターロックなら
相手にしないが、どうやらそこにHM/HRプログレ、さらには民族音楽の要素を
取り入れた新手のテクニカル系ラウドロックをプレイしているようで興味を持った
バンドである!本作はフルレンスアルバムとしては初の1枚らしく、サウンド的には
前文句通りオルタナ、ギターロックらしからぬキチンと歪んだメタリックでラウドな
ギター
が自己主張しており、クソみたいな下手糞売れ線オルタナ共とは
一線を画しているものの、クリーンVoはヘタウマ系で癖もあり、メロディーラインも
歌謡J-ROCK系で売れ線要素も見られるなぁ・・・!

1曲目はSE、重ねられたギターによるイントロで、2曲目はキチンと歪んだ
HM/HR、ラウドロック然としたギター
が登場するが、ヘタウマ系Voはやはり
オルタナ、ギターロック寄りでメロディーラインも歌謡J-ROCKだな・・・!
後半のブレイクダウンではエキゾチックなスキャットも聴けるぞ。
3曲目は軽快なカッティングが聴けつつミステリアスさがあり、穏やかなパートも顔を出し
4曲目は一昔前のラウドロック然としたヘヴィグルーヴが見られシリアスではあるが、
どうにもVoが下手糞で説得力に欠けるなぁ・・・!5曲目はクリーンギターが穏やかな
空気
を醸し出す歌謡バラード系だ。6曲目はヘヴィに疾走しギター、ベース等
細かいバッキングがテクニカルさを放ち、Voラインはエキゾチックさがあるぞ!
7曲目はクリーンギター、緩いVoによる大人しめの曲。8曲目は細かいリズムチェンジが
プログレメタル的な印象を見せるヘヴィチューンで、9曲目はノイジーさの強い
ギターがオルタナ感を放ちつつエキゾチックで怪しげなVoラインが印象的な
プログレ寄りの曲。10曲目はスラップベースが自己主張しヘヴィなギターも登場、
これまたエキゾチックで怪しげなVoラインで、それ故に説得力の無い
稚拙なVo、ありきたりでつまらんサビ
が惜しいな・・・!11曲目はラウドロック然とした
ゴリゴリにヘヴィなリフが登場するが、穏やかで淡々とした面もあり
12曲目はこれまたクリーンギター主体の穏やかなバラードで、途中から盛り上がるぞ。


オルタナ、ギターロックとはとても呼べない本格派のラウドロック、ヘヴィサウンド
インタープレイ等は無いもののテクニカルさを感じさせる曲構成、変拍子など
バンドサウンドは聴き所が多く好印象なんだが、どうにもVoがヘタウマと言うか
下手糞寄りで、癖も強く好みが分かれるだろうなぁ・・・!Voだけがオルタナ、
ギターロック止まり
のレベルでバンドの足を引っ張っており実に惜しい!
これで近代メタルコア、ポストハードコアの平均レベルの歌唱力があれば
全然聴けるバンドなのだが・・・!メロディーラインがモロに歌謡J-ROCKなのも
人によって好き嫌い出るだろうな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Clytie  不実







もどる


inserted by FC2 system