透明雑誌







"僕たちのソウルミュージック"




台湾出身のオルタナバンドの1stアルバム。


何と台湾から登場した4ピースのオルタナバンドである!Pixies、Superchunk、Fugazi、
Sonic Youth、Weezer、Cap'n Jazz、
さらに日本のNUMBER GIRLからも影響を受け
「台湾のNUMBER GIRL」等と呼ばれているらしい・・・!本作はそんな彼らの
1stフルレンスアルバムで、原題は“我們的靈魂樂”で歌詞は勿論中国語となっており、
日本盤ボーナストラックとして2007年に自主制作でリリースされた
EPの楽曲
4曲収録されている。

1曲目は淡々としたループ音が聴ける単調なイントロで2曲目は早速音の悪い
ヘロヘロなギター
なかなかに印象的なリードメロを奏で爽やかな質感を見せる
どこか青臭くもメロウでエモーショナルなムードを醸し出すアップテンポ曲
ローファイでスカスカな音作り、軽いギター、ベースが目立った音作りは
確かにエモというよりはオルタナ系である!3曲目は勢いあるギターで幕を開け
非常にガチャガチャしたラフさがありヴォーカルも演奏も基本的には下手糞だが
曲はアップテンポで悪くないな。4曲目も演奏、ギターが調子っ外れの不協和音
わざとやっているのか天然なのかはよう判らんが曲調は明るめの軽快な
ポップさ
がありつつギターがもうガマンできない!と言わんばかりに唐突に切り込むのが
印象的だな。ラフなカッティングを見せるギターソロ(?)も聴けるぞ。5曲目は
淡々としたベースで始まりパンク、ハードコア的な疾走感を見せるファストチューンだ!
日本のオルタナ連中にはこういう曲が足りん!と言いたくなる曲で実に好印象である!
6曲目はアコギのカッティングで始まりクリーン寄りのギターも顔を出す穏やかな曲。
稚拙ながらもメロディアスなギターソロも顔を出すのう・・・!7曲目は漂うような
ギター
が聴けその後は軽めのアップテンポになる曲。リードギターのフレーズ
確かにNUMBER GIRL系じゃのう・・・!8曲目もアコギで幕を開けベースがブリブリと
自己主張、
曲調は穏やかでソフトな感じだな。9曲目は待ってましたの爆走ファスト
ハードコアチューン
でドラムはブラストに近い叩きっぷりも見せ流石はカンフーの国である!(?)
腑抜けた日本の文系オルタナ共には出来まいッ!10曲目はうって変わってタル〜いムードが漂い
ファンク的カッティングになぜかラップまで顔を出すヒップホップ気取りのスロー曲(爆)。
だが後半でなぜか再びハードコアな爆走振りを見せており彼らなりのミクスチャーなのだろうか!?
11曲目は淡々としたバンドサウンドゲストの女性Voが歌うミドル曲。サビでツインVoになり
どっちもド下手だがバックは荒々しい盛り上がりを見せるのう・・・!12曲目はこれまた
ファストなハードコア寄りの疾走パンクチューンでヴォーカルもヘロヘロだが
そんな感じの吐き捨てシンガロングを披露する!どこか初期エモ的なムードも漂っており
中盤以降はテンポダウン相当ヘナチョコな裏声も聴け失笑モノだが後半はまたパンキッシュになるぞ。
13曲目は爽やかタッチのバンドサウンド淡々とした下手糞ヴォーカルが乗るアップテンポ曲で
14曲目は穏やかなムード漂うソフトさの中にシューゲイザー的なノイズの洪水が流れるスロー曲。
これ以降は日本盤ボーナスのEP曲で15曲目はクリーンギターがやはり穏やかなムード
演出しミドルテンポで淡々とした雰囲気を見せるいかにもオルタナな曲。
リードギター(ソロ?)が実にNUMBER GIRLじゃのう・・・!(爆)16曲目はライトな音作りで軽快かつ
初期エモ、オルタナ特有の内に篭ったムードを醸し出すアップテンポ曲。ヴォーカルが
声量無さ過ぎ奥に引っ込みまくっているのが気になるな(爆)。
17曲目はギターはクリーンでいかにもオルタナだが叩き付けるようなリズムで展開する
アップテンポ曲。ヴォーカルもシャウト気味に吐き捨てたりしておるな・・・。ギターは頑張って
ソロを弾こうとしている
ミストーン連発でメタラーは聴けないだろう・・・!(爆)18曲目はこれまた
アップテンポでデリデリしたバンドサウンド、声量皆無でほぼウィスパーと
化しているド下手ヴォーカル
が聴け全体的にEPの頃はまだまだ曲の面白さが未熟さ、稚拙さを
カバー出来ていない
印象があるのう・・・!


スカスカでローファイなプロダクション、ラフさ満点ヘロヘロで下手糞な
ヴォーカル、演奏
だがアップテンポメイン意外な良さのある楽曲が印象的な
バンドである!中国語歌詞も意外と違和感は無く曲に馴染んでおり爽やかな青臭さの中に
叙情性を内包した初期衝動まみれの曲
が詰まっておる!中盤スローでタルい曲が続き
ダレを覚える箇所
も確かにあるが日本の歌詞だけが先に立って肝心の曲が
クソつまらん頭でっかちな文系オルタナ連中
なんかよりずっと
ロックしている面白いバンドだと言えよう!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 ANORAK  時速160kmのギター、ベースとドラム  SOUL BLAST
時にお前の顔に一発殴りたい  僕たちのソウルミュージック







もどる


inserted by FC2 system