TOKYO YANKEES







"Do THE DIRTY"




日本の初期型ヴィジュアル系メタル/ハードコアバンドによる1stミニアルバム。


あのXの弟分的な立ち位置とされてきたバンドで、EXTASY RECORDSからアルバムを
リリース
しており一時期メジャーデビューも果たすが、今もインディーズで活動しており
何気にベテランと言えるバンドだろう・・・!だが音楽的にはXのようなメロスピでも無ければ
かと言ってLUNA SEAGilles de Raisのような初期型ヴィジュアル系でも無く、基本は
HM/HRである事に変わりは無いもののどちらかと言ったらワイルドな男臭さを感じさせる
パンキッシュなロックンロール的要素
が強く和製Motorhead等と言われていたようだ・・・!

1曲目は確かにどことなく初期のXを思わせるノリを放つ疾走チューンだが、ヴォーカルは
ダミ声で相当に荒々しい
上にメロディアスさも一切無く、当時和製Motorheadと呼ばれていたのも
よく判るストレートな突進型ハードコア風HM/HRとなっておる!2曲目はベースが
かなり目立ったミドルテンポのワイルドな曲
で、3曲目はシンガロングで幕を開ける、
これまたワイルドさに満ち溢れた荒々しいパンキッシュなロックンロールだ!
ギターソロは何気に正統派メタル寄りのリードフレーズじゃのう・・・!4曲目は豪快で荒々しい
疾走感
スラッシーかつ初期Xに近いガムシャラ感を放つファストチューンだ!
5曲目はアメリカンHMに近い軽快なリフ、リズムが聴ける明るめのアップテンポチューンで、
6曲目は再びMotorhead要素の強い豪快な爆走ハードコアロックンロールメタルである!
ヴォーカルは他の曲もそうだが音程が一切取れていないんだが荒々しい声質がカッコいいな。


彼等の音源は本作1枚しか手元に無いが、やはりXのようなメロスピ、クサメタル、
シンフォニックメタル
を期待すると思い切り肩透かしになるだろうな・・・!
パンキッシュな勢いのあるワイルドなロックンロール系HM/HRで、歌詞も英語詩だし
Motorheadとかが好きで日本のバンドに抵抗の無いリスナー向けであろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 67% お気に入り曲 DIVE INTO FIELD  LET ME GO







もどる


inserted by FC2 system