TK from 凛として時雨







"flowering"




凛として時雨の男ヴォーカル/ギタリストによる1stソロアルバム。


カオティックハードコアでありつつもオルタナ畑で名の知れた実力派バンド
男ヴォーカル兼ギターによるソロ名義のアルバムである!本作以前に大判PHOTO BOOKと
DVDのセットで限定生産された特殊パッケージ
をリリースしておりそれがソロ名義としては
初の音源になる
ようだが本作は満を持してリリースされたフルレンスアルバムである!
音楽的には凛として時雨の流れを汲んだ変態的テクニカルさを見せつけるカオティックコアだが
本家と比べるとよりオーガニックな音作りを導入しておりアコギに加えストリングスや
ピアノ
等も使われアグレッシヴな部分も勿論あるが叙情的な面も目立っておるのう・・・!

1曲目は早速の得意の裏声アコギエモい透明感を放ちそしてカオティックな
アンサンブルを披露、
本家バンドと比べるとロック色は薄くオーガニックな味わいが
ある
ものの基本は変わらずカオティックコアを踏襲しテクニカルさがあるのう・・・!
2曲目はリズムこそダンサブルな面があるもののアンサンブルは相当にカオティックで
テクニカルな変態性
を放っており途中四つ打ちも顔を出すがそのバックで笛の音も聴け
さらにストリングスまで登場しプログレッシヴなアレンジの妙を堪能出来るぞ!後半は
絶叫シャウトギターソロ、ストリングスが顔を出し爆発力叙情性双方を融合させ
その後はピアノとヴァイオリンで穏やかに幕を下ろすぞ。3曲目はアコギ、ピアノに
ベース
が聴け落ち着いた爽やかさを見せこれまたヴァイオリンも登場、中盤は実に
エモーショナルだが後半は盛り上がりを見せ始めるのう・・・!4曲目はテクニカルな
ピアノ
で幕を開けノイジーないびつさを出しカオティックというかプログレッシヴな
スキル
を見せつけつつギターはどこかスクリーモ的な細かいフレーズを放り込んでいるぞ。
5曲目はピアノ、クリーンギターメロディアスさを放つアトモスフェリックな
叙情バラード。
中盤で女性Voが顔を出し後半はノイジーなギターソロが聴けるぞ。
6曲目はどこかノリの良さを出しつつもエモい叙情性を醸し出しストリングスも登場しつつ
細かいフレーズはカオティックピアノも舞いテクニカルさと叙情性を融合したかのような
アレンジが堪能出来るのう・・・!7曲目はピアノ、ギター怪しげなムードを醸し出し
アコギにデジタルリズムが聴けカオティックながらもオーガニックな
ムード
を演出、メロウなパートは大人し過ぎるものの実に美しくストリングスも
美麗さを演出、後半は盛り上がりリズムはダンサブルだがバンドサウンドに
ストリングスが絡み
勢いを出し始めるのう・・・!8曲目はピアノとアコギ淡々とした
ムード
を放つ穏やかな繋ぎ的インスト。9曲目はアコギと裏声Vo、ピアノが聴ける
これまた穏やかで大人しいバラード。叙情的なフルートの音色も顔を出しプログレにも
通じる雰囲気
があるか!?10曲目はシークレット扱いでアコギが
大人しい叙情性を演出するインストだ。


本バンドの凛として時雨と比べて叙情性を増しておりピアノや生のヴァイオリンを多用、
メロウで練りこまれたアレンジ、アンサンブル
を見せつけておりハードさでは若干劣るかも
知れんがアーティスティックさという意味ではこちらのほうが上である!それでいて
決して大人しくなるような事は無くアグレッシヴでクレイジーな変態パートもしかと
存在しており非常に高い音楽性を見せつけているのう・・・!メロディーよりも
緻密なアレンジで勝負するタイプ
だな。ソフト過ぎる軟弱裏声Voが苦手で無ければ
オルタナ者のみならずプログレッシャーにも是非とも聴いて頂きたいアルバムだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 flower  Abnormal trick  12th laser  film A moment







"Fantastic Magic"




凛として時雨の男ヴォーカル/ギタリストによる2ndソロアルバム。


TKと聞くとどうしても世界が認めるTKシザースで有名な高阪剛を思い出すんだが(爆)
それはさておき、国産オルタナでありながらも稚拙さ皆無の変態性、テクニカルさ
持ったカオティックハードコアバンド、凛として時雨の中心人物による通産2作目の
ソロアルバムである!
前作は凛として時雨のような変態的なテクニカルさを持ちつつも
それに加えシンセ等様々な音色を導入しオーガニックなポストロック的要素も導入、
本隊以上に高い音楽性を見せつけ驚かせてくれたんだが、続く本作もカオティックコアに
ポストロック的な空間系のアレンジ
を交えておりテクニカルで変態的かつ雄大な空気を
醸し出しているのう・・・!


1曲目は早速のカオティックなテンションの高さを見せつつ相変わらずの癖の強さを
見せる裏声Vo
も登場、ギターが細かいフレーズを連発しておりヘヴィでは無いがやはり
テクニカルさが目立っているな・・・!ヴァイオリン等も顔を出し情緒もあるのう!
2曲目はデジタルリズムアコギ、裏声Voマイルドな穏やかさを醸し出しつつもやはり
手数の多いアンサンブルが聴け、3曲目はヴァイオリン、ピアノと共に細かいバンドサウンドが登場し
これまたテクニカルではあるがテンションは低くエモ寄りの落ち着きがあるな。4曲目はさらに穏やかな空気を
醸し出す楽曲
で、オルゴール風のリリカルな音色も目立ちポップな面もあるのう・・・!5曲目はピアノに
裏声が乗る大人しいバラード
で、こういう曲調だとこの癖の強い軟弱ファルセットが聴き苦しくなってくるなぁ・・・!
6曲目は穏やかかつ軽快なアコギヘロヘロ裏声Voが乗りドラム等も登場、アンプラグドなアレンジ
オーガニックさが強いな。途中で妙に媚びた女性Voも顔を出しこれも個人的な好みからは程遠いな・・・!
7曲目は手数の多いギター、ベース、ドラムがようやくアップテンポでそれなりに勢いを見せるが、
ピアノやシンセ等
がやはりポストロック的な空間っぽさも演出しており、さらにデジタル系のリズムも登場し
ダンサブルさも見られるのう・・・!8曲目もエレクトロニカ的な要素が目立つダンサブルな曲調で、
9曲目もまた穏やかな空気を放つクリーンギター、裏声Voがメインである。10曲目はピアノストリングス
顔を出しつつこれまた穏やかで淡々とした印象の強い楽曲で、サビは盛り上がりポップな印象もあるな。


前作もオーガニックな穏やかさがあったが本作ではさらにそれを推し進めており、
テンションの高いカオティックコア要素
よりもマイルドな情緒、エモさを前面に
押し出したような仕上がり
となっており、凛として時雨のようなブチ切れた勢い、
ハイテンションっぷり
を求めると肩透かしになるであろう・・・!癖の強すぎる軟弱ヘロヘロ
裏声ヴォーカル
もとても褒められたモンじゃなく曲によっては非常に聴き苦しく
嫌になって来るんだが(爆)、
まぁだからと言って決してセルアウトし軟弱売れ線ポップスに
成り下がった
という訳では無く、細かく緻密なアンサンブル、手数の多さポストロック的な
アーティスティックさ
は健在なんで、前作で見られた穏やかな面を好むリスナーであれば本作も楽しめるだろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Fantastic Magic







もどる


inserted by FC2 system