THY SYMPHONY







"Harmonizing The World"




ブラジル出身のシンフォニックメタルバンドによる1stアルバム。


本作以前にEPを1枚リリースしており、コアでクソマニアックなクサメタラー達に
良くも悪くも(爆)そこそこ注目されていた
らしいブラジル産のバンドである!
音楽的にはとりあえずはシンセオーケストレーションが施された大仰かつ壮麗な
シンフォニックメタル
となっており、上記のEPは未聴なれど相当にショボかったらしいが、
本作は壮大なオーケストレーション、プロダクション等キッチリとしており
ヴォーカルは男女ツインで、オペラティックなソプラノパワータイプの
がなり系男Vo
となっておりシアトリカルさを見せているな。

1曲目はSEによるイントロで、続く2曲目は早速の大仰なシンセオーケストレーション、
ソプラノスキャット
が顔を出しミドルテンポで展開するエピック要素のある
シンフォニックメタルとなるぞ!
ヴォーカルは男女ツインオペラティックな
ソプラノ
馬力型のパワフルな男Voで、意外とショボさは無いんだがどうにも曲自体の
スケールから外れた位置にあるような気がする
のう・・・!(爆)ギターソロは
メロディー重視
で相当に淡々とした印象もあるな。3曲目はややチープさを残しつつも
ファンタジックなシンセオーケストレーション
が登場しアップテンポで展開、
ソプラノVoが聴けるも
どうにも所々で音がズレているなぁ・・・!ギターソロも
何故か相当に音がズレており音痴に聴こえるわい!
4曲目も大仰なオーケストラ、
ソプラノ
で幕を開けシリアスな疾走感も見せるが、その後はスローテンポで重厚に
展開
しておりエピックメタル寄りのムードを感じさせるぞ。5曲目はシンセストリングス、笛に
アコギ
が聴け音のズレた女性Voが乗るファンタジックで壮麗なバラード。途中からバンドサウンドに
男Voも顔を出しちょいとプログレメタル寄りになるか!?6曲目もオーケストレーションで幕を開け、
その後は疾走感を放ちソプラノ、クワイアが登場!ヴォーカルの音程はやはり不安定で
ハラハラさせられるなぁ・・・!(爆)
途中の妙にキラキラしたシンセも唐突過ぎて違和感しか無いな(笑)。
7曲目も妙にキラキラしたメルヘンチックなシンセで幕を開けファンタジックな
疾走感
を放ちつつそこはかとないヘナチョコさが漂うアップテンポチューンだ。
8曲目は大仰なオーケストレーションで幕を開け疾走感も見られ、リリカルな音色
目立っており雰囲気自体は良いんだがなぁ・・・!9曲目も大仰なオーケストラ、ソプラノ
大仰なシンフォニックさを放つが、その後はちょいとプログレメタル風の展開になり
ダミ声男Voも聴けるぞ。10曲目はファンタジックなオーケストレーションに始まり
音を外しつつも穏やかな女性Voが聴けるミュージカル風のシアトリカルな曲調で、
バンドサウンドや男Voも顔を出し疾走パートも登場するぞ!11曲目は幾分ショボさを増したシンセ
纏いつつ疾走するパワーメタル寄りの曲で、ソプラノも聴けつつ男Voが目立っており
中盤以降大仰なオーケストレーション、ソプラノVoのパートになるぞ!12曲目は9分以上ある大作で、
これまた得意のオーケストラで幕を開けバンドサウンドも登場し疾走、ヴォーカルと共に
エピックメタル寄りのミドルテンポになりツインVoの掛け合いが聴け、中盤は重厚さを放つ
クワイアパート
になりその後はまた壮大なオーケストレーション大仰さを放つのう・・・!


なかなかに良好なプロダクション大仰さ漂うオーケストレーションが壮麗に舞う
シンフォニックメタル雰囲気自体は悪くは無いんだが、何故か知らんが
ヴォーカルラインにかなり違和感があり、シンガーが音痴と言うよりも楽曲自体の
スケールラインと異なる位置にメロディーラインが乗っている
感じで何とも言えない
奇妙さがあるなぁ・・・!
ヴォーカルやリードギターを録った後に曲自体のキーを大幅に変更し、
そのまま前のテイクのヴォーカル等を無理矢理乗っけたのだろうか!?
技巧不足のヘナチョコB級クサメタルとはまた異なる違和感が強烈で聴き手を選ぶ1枚である!
良い部分は良いだけに尚更惜しいのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 God's Call  Eternal Life  Survivor
Rising from the Sand  Lords of the Seas







"A New Beginning"




ブラジル出身のシンフォニックメタルバンドによる2ndアルバム。


B級クサメタラーの間で知る人ぞ知る存在のバンドで、デビューアルバムとなった
前作はオーケストレーションこそ大仰かつ壮麗で良かったんだが、何故か男女ツインVoが
ピッチ外しまくり・・・
と言うよりもそもそものキー設定を明らかに間違っている
かのような音のズレっぷりを見せており非常に惜しい仕上がりであった・・・!そして続く本作、
音楽的には前作の流れを汲んだ壮麗かつ大仰なシンセオーケストレーション男女ツインVoが
聴けるシンフォニックメタル
となっており、ギターリフモダンな面が出て来ているものの
基本的な方向性は変わっておらず、ヴォーカルラインもやはり微妙にキーを間違っている
感じ
で一部だが相変わらず違和感が付き纏うなぁ・・・!

1曲目は大仰さ漂うホーンの音色に始まりオーケストラシンフォニックさを演出する
イントロ
で、続く2曲目はそのままオーケストレーション多少のモダンさを感じさせる
バンドサウンド
が乗りソプラノ女性Voパワータイプの男Voが登場、クワイア系のコーラス
顔を出し前作程では無いがまだ一部でピッチがおかしい部分があるな・・・!3曲目はツインVoで幕を開けオーケストラ、
クワイア
にこれまたモダン寄りのギターリフも聴け淡々と展開するぞ。4曲目はストロングな印象のある
ギターにオーケストラが聴け部分的に疾走するが基本はアップテンポで、ヴォーカルラインがやはり
相当に強引な印象があり緊迫感も見られるだろうか!?途中何とブラストビートデスVoも顔を出し
ブラックメタル風のパートも聴けるぞ!5曲目はファンタジックな煌びやかさを見せるシンセ、
オーケストラ
女性Voが乗る壮大な曲調となり、途中からバンドサウンド男Voも顔を出すぞ、
珍しくギターソロも聴けるのう・・・!6曲目は大仰なオーケストラにシンセ、ダークさのある
バンドサウンド
クサさを演出しアップテンポで展開!サビのツインVoの外し方が非常に厳しく
何とも惜しい楽曲じゃわい!7曲目はこの手のバンドらしからぬアメリカンなアクション映画風SEに始まり
淡々とした穏やかなバンドサウンド、ストリングス、音の外れた女性Voが聴けるミドル曲。
8曲目はエピック的な大仰さを持ったオーケストラに始まりハードロック色漂うギターも登場、
アップテンポで展開しツーバスも連打されるのう・・・!9曲目はホラー映画ライクなムードを
醸し出すダークで怪しげなスローチューン
となり、10曲目は穏やかでマイルドかつ煌びやかな
シンセ
が聴ける淡々としたスロー曲になるが、11曲目はシリアスさを放ち疾走する
重厚なシンフォニックメタル
である!12曲目はハッピーな印象のあるホーンに始まり疾走感も見られる
ファンタジックな曲調
で、13曲目は15分ある大作となっておりオーケストレーションで幕を開け
クワイアも登場、その後はなかなかにドラマティックな展開を見せる
シリアスなシンフォニックメタル
となり、ファンタジックな面もありつつ大仰な
エピックメタル寄り
な感じで雰囲気は良いがちょいと単調だろうか!?後半はシンフォニックさを増し
ツインVoもオペラティックな絡みを見せておるのう・・・!14曲目は穏やかで淡々とした
オーケストレーション
クリーンギター、音程の怪しい男女Voが聴けるマイルドな曲である。


ギターリフにモダンな面が出ており前作以上にギターが前に出て来ているが、
基本的には前作の流れを汲んだあまり疾走に頼らない雰囲気モノの大仰かつ
壮麗なシンフォニックメタル
で、男女ツインVoもやはり前作通り明らかに
スケールを間違っているかのような音の外し方
をしており聴いてて不安になるのう・・・!
曲数が多く捨て曲もありランニングタイムも長いのでダレを覚える箇所もあるな。
いっその事このままの音でヴォーカル無くしてインストにするか、メロディーに
関係無いデスVoにする
かしたら結構化けそうかも知れん・・・!?(爆)







満足度 76% お気に入り曲 Revolution  Where Land Begs For The Sun  Watcher
WTC (Win The Conspiracy)  2012 A New Beginning







もどる


inserted by FC2 system