THOUSAND EYES







"BLOODY EMPIRE"




日本のメロディックデスラッシュバンドによる1stアルバム。


LIGHTNINGのギタリストであるKOUTA氏がシーン屈指の超実力派プレイヤー
集めて新たに結成した新進気鋭のスーパーバンドである!世に出る前より話題騒然、
BURRN!でもまさかの高評価
で、嬢メタルなんざとは異なる真に優れた実力派の登場
ジャパニーズメタルシーンが久々に正しい盛り上がりを見せている程である!
音楽的には正統派のメロパワ路線であるLIGHTNINGとは異なる、ゴリゴリのデスラッシュ・・・
エクストリームメタル
となっており、最早隠す気も無ければとっくの昔にバレているが
別名義
でやってるTHOUSAND LEAVESと同系列の方向性を見せているものの、こっちは
当然の事ながら完全オリジナルとなっておりまさに待ってましたの待望の1枚だと言えよう!

1曲目から早速切れ味鋭いヘヴィリフが顔を出し絶叫シャウトと共に疾走開始!
実にストロングで剛直極まりないタイトなデスラッシュを展開するがサビは
メロディアスでエモーショナルなリードギターも顔を出し高音絶叫も凄まじいのう!
ギターソロも実に流麗でメロディアスかつテクニカル、さらに日本人のツボを突いた
メロディーもバンバン飛び出し流石としか言えんわい!
2曲目もメロデス直系の
叙情性
を携えつつ実にパワフルなリフが聴け疾走!絶叫シャウトのテンションも
凄まじく高く
実に血の気の多いサウンドだがサビ辺りのギターがまたメロディアスで
日本人らしいクサさすら醸し出しておる!
ギターソロも凄まじいテクニックを見せつつ
泣きのクサメロも披露し恐ろしくハイレベルじゃのう・・・!3曲目はよりヘヴィさを
増したようなゴリゴリ感あるリフ
が聴け硬派に疾走!やはりリードギターは劇的な
慟哭
を見せておりギターソロも当然のように聴き所である!メロディーが実に良いな・・・!
4曲目はちょいとムードが変わり爆走では無くアップテンポで展開、ギターがまた
メロディアスなフレーズを奏でており哀愁、叙情性が強く押し出されているな。
ギターソロはちょいとブルージーなムードも見られ70年代ハードロックの素養も
一瞬見え隠れするが
基本はメロデス直系の叙情メロディーである。5曲目は再び疾走するが
リフはやはり凄まじくメロディアスでたまらんわい!絶叫シャウトもまた熱いのう!
ギターソロもやはり流麗なメロディーを奏でており6曲目はメロディアスながらも
ちょいとイマドキっぽいムード
を醸し出すモダンなメロデスとなりメロウなギターも
目立っているぞ。
ギターソロがこれまたちょいとブルージーな質感この手の他の
バンドには無いフレージングを見せているのも面白いな。
7曲目は無骨でパワフルかつ
メカニカルなテクニカルさ
を見せ疾走!絶叫シャウトがまた血の気多く凶暴な事この上無い!
ギターソロは流麗な速弾きを見せつつもやはりメロディアスだな。8曲目はこれまた
出だしからブルータルさ満点のストロングな疾走感を見せるタイトな爆走チューンだが
やはりメロディーは良くドラマティックなシンセも顔を出しTHOUSAND LEAVESで得た
素養も披露しておる!
中盤以降はちょいとビートダウン風になりヴォーカルもハードコア
流れを見せているがその後のギターソロは実にメロディアスシンフォニック&クラシカルな
パートも顔を出すぞ!
9曲目はギターフレーズがちょいと風変わりなムードを醸し出し
独特の叙情性
を放つがその後はスリリングな疾走デスラッシュとなる!サビの
シンガロングがまた熱くギターソロは泣きのハモリで実にエモーショナルじゃのう・・・!
10曲目もストロングさ満点の疾走感を見せるパワフルなデスラッシュだがワウを効かせた
泣きのギター、シンセ
は実に叙情的である!フラッシーな速弾きで切り込みその後は
エモーショナルな泣きを見せるギターソロもやはり素晴らしく、メロディー自体がまた
クサくたまらんわい!



全てにおいてが超高品質!奇をてらう事の無い王道のメロディックデスラッシュだが
それをあまりにも高すぎるレベルで実現しておりアグレッションメロディアスさ
超一流のモノを見せておる!ギターのメロディーが凄まじく芳醇なんでどの曲も
疾走しているが金太郎飴状態になりそうでならない所もまたセンスの良さだな・・・!
THOUSAND LEAVESにも参加しているDOUGEN氏の絶叫シャウトも半端では無く、世界的に
見ても上位に位置する強靭なパフォーマンス
を披露しておる!血の気の多すぎる
凶暴さ、アグレッション
に終始纏わり付く泣きまくりの物悲しい慟哭・・・言い方は悪いがまるで
ヤクザの出入りのようなメタルである(爆)。2013年ベストアルバム候補が
ここに来て早くも浮上した!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"Endless Nightmare"




日本のメロディックデスラッシュバンドによる2ndアルバム。


元LIGHTNINGのギタリスト、KOUTA氏超実力派ミュージシャンを集めて結成した、
近代ジャパニーズメタルシーンのスーパーバンドによる待望の2作目である!前作の時点で世界基準の
完成度
を誇りつつ、日本人らしいクサい泣き、慟哭もしかと持ち合わせておりシーンを震撼させたのは
記憶に新しかろう!前作からドラムが交代しており、さらに国内最強のスクリーマーである道元氏が
一時期喉のトラブルに見舞われるも今や完全復活を遂げ本作で帰ってきた!気になる方向性だが
前作の流れを汲んだ慟哭の激クサメロディックデスラッシュをキッチリと踏襲しており、よりタイトに
洗練された
印象があり恐るべき完成度を誇っているのう・・・!

1曲目の出だしからいきなりの超劇的ギター、オルガン、スクリームと共に爆走!噛み付くような
凶暴なアグレッション
がありつつリフが叙情的で、サビなんかグロウルなのにキャッチーですらある!
ギターソロも実に流麗泣き、クサさも抜群だな・・・!2曲目もまた叙情的極まりないツインギター
オルガンも乗りブラストで爆走!血の気の多いファストチューンでやはりギターソロが
素晴らし過ぎるわい!3曲目はどこかワイルドな印象もあるタフなアップテンポで、これまたギターが
かなり叙情的だな・・・!4曲目は再び爆走するファストチューンで、ダーティーなリフが目立ち
新ドラマーのfu-min氏作曲故かリズム面で結構トリッキーな面白さがあるか!?シンガロングが熱く、
ギターソロもまた凄まじくメロウである!5曲目は意外と正統派に接近した感じだが、
北欧メロデスに通じる叙情性も見られるミドル〜アップテンポ曲。ギターソロがやはり相当に
泣いている
のう・・・!6曲目はDARK TRANQUILLITYの“Punish My Heaven”を思わせる
叙情的極まりないリフ
と共に疾走!本作中特にギターが光っており、終始メロディアスな
泣きを見せまくっておる!
7曲目はメロディアスさ満点の泣きまくりギター
縦横無尽に暴れる叙情的な短いインストで、8曲目はメロデスらしい叙情リフでやはり疾走!
ベースがタフな無骨さを放っており、これまたギターソロが凄まじくメロディアスだな・・・!
9曲目は細かいリフワークと共にこれまた疾走!道元氏のスクリームがまた
相当に切れまくっており、パワーと同時にエモーションを存分に感じさせてくれるのう・・・!
10曲目はブルータルな印象もあるリフが登場、ミドルテンポで意外と淡々とした所もあり
無骨な面もあるが、ギターはやはり凄まじく叙情的でメロディアスである!
11曲目は美しさ満点のアコギによる物悲しいインスト。12曲目は再びイントロから
疾走
しており、デスラッシュ然とした無愛想さも見せつつサビのギターがかなり泣きまくり
たまらんなぁ・・・!ギターソロはキラキラシンセとユニゾンする、THOUSAND EYESとしては珍しい
ガチのネオクラシカルフレーズである!その後も凄まじくエモーショナルなソロ
続いていき、その光景たるや初期ARCH ENEMYの“Field Of Desolation”を思わせる程だ!


こいつはヤバイ!もはや言う事は無い!こんなにも完成度の高いアルバムにはそうは
お目にかかれんだろう!
全てが世界レベルかつ日本人らしい感性もしかと備えつつ、
それでいてありがちな和風、歌謡曲要素安易に日本人らしさを出すような姿勢だったり
クソチャラい今風のチンケなエレクトロニカ、EDMなんざに逃げず、ヨーロピアンメタルマナー
遵守しつつのジャパニーズ・アイデンティティーを存分に発揮しまくる漢のメロデスラッシュを
徹底的に追求した超名盤
である!何だかんだで似たような曲が並んでいた前作と異なり、
大きく方向性がブレない程度に各曲に個性が出て来たのも良いな。楽曲、演奏、プロダクション等
全てが高水準
で噛み合った本作、2015年ベストは確定か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 96% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system