THIS OR THE APOCALYPSE







"Monuments"




ペンシルヴァニア出身のテクニカルメタルコアバンドによる1stアルバム。


メタルコアの畑で語られるバンドではあるが、その音楽性はよくあるメロデス上がりの
スタイル
でも無ければスクリーモ上がりのスタイルでも無く、忙しない手数の多さを見せる
ギターにドラム
がこれでもかと言う位に暴れまくるカオティックコアタイプのサウンド
なっており、音作りは軽くメタルコアと言うよりはポストハードコアに近い印象もあるな。
ヴォーカルはクリーンを一切使わない、吐き捨てタイプのダミ声シャウトである。

1曲目は音作りこそ軽いもののやけに手数の多いギター、ドラムカオティックさ
演出し吐き捨てダミ声シャウトが乗るテクニカル系のメタルコアとなっており
なかなかにテンションの高いサウンドを放っておるな・・・!2曲目はまた相当に
忙しない手数を見せるギターの刻み
ドラミングが炸裂する勢いに満ちた変態系
カオティックメタルコア
となるが、部分的にスクリーモっぽい面もありそれなりには
キャッチーだろうか!?
3曲目はDjentライクなポリリズムのリフ、ドラムも聴けるが
プロダクションがまったくへヴィじゃないなぁ・・・!(爆)その後はスクリーモに近い
淡々とした展開になるぞ。
4曲目はまた手数の多い勢いを見せるも、音がライトなためリフは
どこか正統派ライク
かも知れんなぁ・・・!中盤以降の細かいギターソロテクニカルさを見せているな。
5曲目は初期スクリーモでありそうな青さのある倦怠感を見せる音作りに始まるも
その後はアップテンポでやはり手数の多い変態テクニカルサウンドを披露するぞ!
6曲目はそこそこワイルドなリフワークを披露しちょいと怪しげな面も見せるが、ギターが
いちいちキレの良いバッキングを弾いておるな・・・!途中で一瞬だがビートダウン系の
ゴリゴリなへヴィリフ
も披露されるぞ。7曲目は手数の多さを見せつつも淡々とした印象のあるミドル曲だが、
途中から勢い良く疾走ドラムが暴れておるのう!8曲目はアトモスフェリックな
シンセ、アコギ
が穏やかさを演出、ストリングスも聴けるが次第にギターがフェードイン
遠くで喚きシャウトも顔を出すな・・・。9曲目は再びカオティックな手数の多さを見せる
ギターフレーズが聴け疾走開始!いつになくアグレッシヴな印象があるが
フレージングにはどこかスクリーモ的な部分もあるか!?中盤のピロピロギターソロ
ネオクラシカルな面も見られるかも知れんな・・・!10曲目もまた勢いある疾走チューンで、
リフはそこそこストレートなメタルコアっぽさを見せるもやはりドラム等相当に手数が多く
カオティックな変態っ振り
を存分に見せ付けておる!ギターフレーズにこれまた
叙情的な面
も見られ、ただアグレッシヴなだけでは無い一面も見られるのう・・・!


AUGUST BURNS RED辺りが引き合いに出される変態カオティック系のメタルコアだが、
あっちのような叙情メロデス要素は無く、ただひたすらにテクニカルな詰め込み型の
オブリやリズムを叩き込んでくるスタイルである!
それでいて音は非常に軽く
曲によってはスクリーモ染みた部分も感じられるが、ヴォーカルが一切クリーンを
使わない
ため女々しくなる事の無い硬派さを見せているだろうか!?個人的にはもっと
へヴィで音圧あるプロダクション
にしてもらいたかったのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 No Horizons  Monuments  Mauma Kea  Elegiac







もどる


inserted by FC2 system