THIRD DIMENSION







"Where The Dragon Lies"




スペイン出身のメロスピ、クサメタルバンドによる1stアルバム。


クサメタル大国スペインから新たに登場した若手の新人バンドで、本作はどうやら
自主制作で2014年にリリースされたデビューアルバムらしい・・・!
音楽的には煌びやかなシンセを交えつつ線が細くピッチも危ういヘナチョコ系の
ハイトーンVo
を乗せてライトに疾走する、いかにもなB級メロスピ、クサメタル
スパニッシュメタルらしい暑苦しさは微塵も無く、北欧あたりのショボいB級バンドに
近い音作り
となっており珍しいと言えば珍しいだろうか!?

1曲目はシンセオーケストレーションによるイントロで、続く2曲目は明るい
リードギター
線の細いハイトーンVoが登場し疾走!軽めの音でクサくライトに
疾走するB級メロスピ丸出しなファストチューン
となるぞ!ヴォーカルは音程が
かなりアレ
だし曲が無駄に長く、ソロパート等かなり冗長だな。3曲目は細かいギターが
勇壮さを放ちアップテンポで展開、4曲目も軽快なノリの良さを放っており、細かいギター
ヴォーカルの歌い回しからはスパニッシュ的な色合いが感じられるか!?
5曲目はスローテンポ正統派的な力強さを出したいのだろうが、ヴォーカルがろくに
音程を取れていない
ためやはりB級である(爆)。6曲目も淡々としたミドル曲だが、
途中で疾走するパートも顔を出しどこかIRON MAIDEN的なリフも聴けるぞ。
7曲目はドラマティックなギターと共に疾走する久々のキラーチューンである!
8曲目はシンセも交えつつギターが細かいミドル曲。9曲目も再び疾走チューンとなり、
ヴォーカルメロもなかなかにクサいがどこかHELLOWEENのパクリみたいな印象もあるか!?(爆)
10曲目もまたポジティヴに疾走するメロスピ、クサメタルチューンとなるぞ!


スパニッシュメタルながらに上記したよう暑苦しさの無いB級メロスピ、クサメタル
北欧辺りの垢抜けないショボいアマチュアバンドっぽい雰囲気が強く、音の軽さや
ヴォーカルのヘナチョコさ、ピッチの危うさ
等実にB級なんだが、こういうサウンドを
好むクサメタラーであれば御馳走であろう!(爆)中途半端さが漂うミドル曲が蛇足だが、
ギターリフがおざなりになっていない辺りがスパニッシュメタルらしい所だろうか!?







満足度 78% お気に入り曲 Ray Of Light  The Colour of the Sign
The Edge of the Sword  Welcome Too







もどる


inserted by FC2 system