THE WORD ALIVE







"Deceiver"




アメリカ出身のエレクトロニカメタルコアバンドによる1stアルバム。


IN FEAR AND FAITH、GREELEY ESTATES、EMAROSAのシンガー、Tyler"Telle"Smithが
結成したバンドで、本作リリース以前EPもリリースしており評判も良いようだ・・・!
音楽的にはメロデス要素を廃し部分的にエレクトロニカ、デジタル系のシンセを導入し
疾走感よりもグルーヴを重視しつつもサビはキャッチーなクリーンVoと言う、
いかにも今風のメタルコアなんだが、最近のメタルコアバンドギターソロをあまり
弾かない
のに対し彼等はソロは勿論、オブリ等でもいちいち手数の多い細かいプレイを
ピロピロ
と放り込んでおりカオティックな印象もあるだろうか!?

1曲目は今風メタルコアらしい咆哮シャウト、メロデス要素の無いバンドサウンドが聴け
デジタル風味を出しつつもギターは意外とピロピロした細かいフレーズを披露、
2曲目は勢いのある疾走感を放つストロングな出だしからデジタルシンセも登場、ギターも細かい
フレーズの刻み
を見せ、3曲目は細かいギターと共に疾走しサビはやはり相当に
キャッチー
だな・・・!4曲目はマイルドなクリーンギター、クリーンVoが
淡々としたムード
を放ち、スクリーモ寄りのライトな細かいギター、シンセ
アトモスフェリックさを放つぞ。5曲目は重苦しいブレイクダウンで幕を開けつつ
テンポアップデジタルサウンドも聴けるが、結構ヘヴィで無骨な印象も強く
6曲目はアトモスフェリック色の強いマイルドで穏やかな曲調となり、
7曲目は無骨かつドラマティックなギターフレーズと共に疾走!インダストリアルな
印象
も感じさせるだろうか!?8曲目はデジタルサウンドと共にヘヴィさを放ち、
9曲目は穏やかなクリーンギター、ウィスパー系Voマイルドさを演出する
バラード系
で、10曲目はモダンなリフ、デジタルシンセグロウルが乗り疾走、
ハモリリフが部分的にメロデスと言うか一昔前のメタルコア風になるも、
やはり基本は今風だろうか!?


グルーヴ重視でサビがキャッチーな今風メタルコアだが、疾走パートもそれなりにあり
デジタルサウンドも目立っているが何気にギターも結構な頻度でピロピロフレーズ
放り込んでおり、没個性になりがちなこの手のジャンルにおいてそれなりに特徴は
感じられる
だろうか!?エレクトロニカ系であるが基本的に無骨でシリアスなんで、最近多い
ピコリーモ
みたいな軽薄なチャラさが無いのは好印象である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Epiphany  2012  Like Father Like Son
We Know Who You Are







"Life Cycles"




アメリカ出身のエレクトロニカメタルコアバンドによる2ndアルバム。


IN FEAR AND FAITH、GREELEY ESTATES、EMAROSA等のシンガーによってアリゾナで結成されたバンドで、
音楽的にはデジタルサウンドを導入したモダングルーヴィーイマドキ系メタルコアだが、
ピコリーモのようなチャラさ、軽薄さは無くインダストリアル寄りのシリアスさが強く、
ギターがピロピロとオブリやソロを放り込み自己主張しているのが大きな特徴となっており、
2作目のアルバムである本作も基本的な方向性は前作と変わっておらず安定の仕上がりだろうか!?

1曲目は早速のデジタルサウンド今風なモダンさを演出、サビは唐突に雰囲気が
変わりキャッチーになり、シンフォニックな盛り上がりも見られ、2曲目もヘヴィさが強い
ビートダウン
が目立ったスローチューンとなり、3曲目は細かいギターシンセと共に
ちょくちょく目立ったミドル曲だ。4曲目はピロピロギターと共にブレイクダウンが登場、
キャッチーなクリーンVoも目立ちへヴィなデジタルスクリーモと言えそうなムードがあるか!?
5曲目はデジタルサウンドが目立ちつつヘヴィな疾走感も放つアグレッシヴな曲調となり、
6曲目はクリーンギターも目立ちつつ穏やかな中に退廃ムードを内包、
これもスクリーモに近いタイプの曲調と言えそうか!?7曲目は重厚さ漂うイントロから
デジタルシンセと共に重苦しさを演出、8曲目もまたヘヴィなミドルテンポだが、細かいギターの
オブリ
ノリの良さを放ちアップテンポになるパートも聴けるのう・・・!9曲目は怪しさ漂うシンセや
細かいギター
が聴け、リズムもどこかプログレッシヴと言うかカオティックなムードがあるぞ!
10曲目はビートダウン的なリズムピロピロギターが聴け退廃した空気を放つスローチューンで、
11曲目もデジタルサウンド怪しさを放つスロー曲だがテンポアップする部分もあり、
クリーンVoはこれまたキャッチーさを放っておりツインリードも聴けるぞ。12曲目もヘヴィなミドル曲
ビートダウンも目立っているが、怪しげなリードギターも聴けサビはテンポアップしキャッチーさを見せているな。
珍しくギターソロも顔を出し流麗なプレイを披露、さらにスウィープまで聴けるぞ!13曲目は相当に穏やかで
マイルド
かつどこか荒廃したかのようなムードが漂い、ポストロックポストハードコアに
接近したかのような雰囲気
を放っているのう・・・!


エレクトロニカ要素が目立ちつつもピコリーモのような短小軽薄さが無く、インダストリアルな
シリアスさを漂わせたヘヴィな今風メタルコア
という基本ラインは踏襲しているが、前作で
ちょくちょくあった疾走感
は減退しており、持ち味のピロピロギター前作程の
自己主張は無くなっている
だろうか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Wishmaster  Bar Fight  Ambitionary







"Real."




アメリカ出身のエレクトロニカメタルコアバンドによる3rdアルバム。


メタルコア、スクリーモインダストリアル寄り無機質なデジタル音
大々的に導入したイマドキらしいバンドで、SCREAM OUT FEST2014で来日しライヴを
披露しており知名度も上がって来ているようだ・・・!
音楽的には上記のように
デジタルサウンド入りのメタルコア、スクリーモ系なんだがピコリーモ勢のような
チャラさ、軽薄さ
は無くインダストリアルな無骨さが強く、ギターがピロピロと
細かい手数
を見せておりスクリーモに通じる面もあり、それでいてクリーンVoは
最近のアメリカのバンドらしいキャッチーさ
を放っているな・・・!

1曲目はピロピロギター無機質なシンセ、バンドサウンド、冷たいピアノが登場し
インダストリアル的ムードを演出、2曲目は細かいギターに始まりヘヴィさを見せ
3曲目はブレイクダウンで凶暴さを放つが、この手のバンドにしては珍しくギターソロも聴け
シュレッドも披露するぞ。4曲目はメロコアに近いシンガロングが登場し
スローテンポで淡々と展開、
5曲目はヘヴィかつ細かいギターが聴け無骨なヘヴィさ
放ちつつもリズムが忙しない感じか!?6曲目はカオティックさのあるギターの
細かいピロピロ
が聴け、中盤でギターソロも登場しどこかネオクラシカルなムードがあるだろうか!?
7曲目は淡々としたドラムストリングス系の音色が登場、やはりインダストリアルに
近いヘヴィな印象もあり、8曲目はスローテンポチェロっぽい音色も登場する
アップテンポ曲で、9曲目はDjent的なヘヴィリフに続きエレクトロニカ音も聴け、
10曲目は軽快なシンガロングメロコア寄りのキャッチーさを放つスロー/ミドル曲となり、
11曲目はデジタルシンセヘヴィサウンドが登場、ハイテンションなシャウト細かい
フレーズ
をピロピロ弾くギターも聴け、12曲目はクリーンギターシンセ穏やかさを放つも、
途中からへヴィな盛り上がりを見せるポストハードコア寄りの曲である。


エレクトロニカ系のデジタルサウンドインダストリアルムードを醸し出しつつも、
基本はビートダウン系のヘヴィなミドル、スローテンポでサビはキャッチーさを放つ、
まぁぶっちゃけよくあるタイプのイマドキらしいメタルコアとなっており流石に
飽きが来る
のう・・・!過去作のレビューでも書いたがデジタル音ピコリーモの
ようなミーハーなチャラさ
を感じさせず無骨さをキープしているのは好印象だな。
キャッチーなサビ形骸化されて久しいタイプなんで、彼等に限った話では無いが
ここいらで個性を身に着けないとこの手のバンドは厳しいだろうなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Glass Castle







もどる


inserted by FC2 system