THE PSYCHO FILTH







"THE PSYCHO FILTH vol2 -Segregated Screams-"




日本のハードコアトランスレーベルよりリリースされた2ndコンピレーションアルバム。


国産ハードコアトランス、スピードコアを専門としたレーベル、Psycho Filth Recordsから
リリースされたオムニバス、コンピレーションアルバムの2作目にあたる1枚のようで、
他にも何枚かアルバムが出ており当然ながら基本はハードコアトランスなのだが意外と
エクストリームメタルに近い音楽性を持っておりメタリックなギターリフは勿論、
何とデスVoも普通に使われておりインダストリアルメタルと捉えても何ら問題無い
スタイルに仕上がった曲がナンボか収録されておる!


1曲目はナレーションに始まりメタルコア寄りのギターリフ、絶叫デスVo
低音ガテラルが顔を出しリズムこそインダストリアル系の打ち込み電子音シンセも
目立つ
が普通にメタルコア、エクストリームメタルとして聴ける曲になっているぞ!
ここ最近のBLOOD STAIN CHILDに近い音作りだがあっちの新譜よりもこっちのほうがメタルしている
言うのが何とも皮肉じゃのう・・・!2曲目もメタルコア的なギターリフデジタルサウンドが乗り
ジャパニメーション系のこっ恥ずかしい女の声も顔を出すが絶叫シャウトも登場し
リズム以外はかなりメタリックか!?3曲目はインタビューのような声に始まり
デジタルリズムで爆走、これはトランス要素が強い曲だな。中盤以降は不穏なムード漂う
パートになるのう・・・!
4曲目はデジタル要素の強い潰れたノイジーなギターリフ(?)
デジタルビート無機質さを演出、ターンテーブル音も顔を出し機械的だが
ノリの良さもあるな・・・!5曲目は怪しげな声に加工ヴォイス、機械的なデジタルビートが
アグレッシヴなノリ
を放ちトランス特有のバリバリした高速BPMボーと鳴るぞ。
6曲目は潰れたシンセ怪しい掛け声悩ましげなムードを演出、7曲目はこれまた
ナメたような声高速BPMが炸裂、シンセが怪しく唸りインダストリアルなギターらしき音
顔を出すが中盤は実にふざけた日本語の台詞が顔を出し失笑されられるのう・・・!(爆)8曲目は
ピコピコした音色赤ん坊の泣き声が乗りデジタルビートで疾走、
シンセの音色はいかにもトランスって感じだが多少のメロディアスさはあるか!?
9曲目はシンフォニックなシンセアトモスフェリックなムードを醸し出し
壮麗な空気を感じさせ黒夜葬に通じるダークなシンフォニックトランスとなるぞ!
オーケストラヒット無理矢理テンションの高いメロディーを奏でるのも印象的である。
10曲目はいかにもトランスな掛け声に始まりデジタルサウンドが登場、
続いて高速BPMで叩き付けるような音を放つがこういうドラミングは
人間がやるからこそカッコいい
のだと感じてしまうのは俺がメタラーだからだろう(笑)。
11曲目はジャパニメーションSE、シンフォニックなストリングスに始まり爆走デジタルリズム
ハイテンションさを見せアニメSEを混ぜ合わせた高速ジャパニメーショントランスだ。
後半では主題歌らしき曲(?)をミックスし加工しまくって拝借しておるわい!


ハードコアトランス、スピードコアのオムニバスでありつつもエクストリームメタル要素も
内包したスタイルの楽曲
が聴けると期待したがメタリックなギターリフやデスVoが聴ける曲は
数える程度で殆どが完全デジタルサウンドのハードコアトランスとなっており1曲目を試聴して
購入した身
としては肩透かしな感じになっちまったなぁ・・・!(爆)確かにギター、デスVo入りの曲は
メタラーでも十分に聴けそうではあるがやはりメインはデジタルサウンドなんで正直これを
聴くくらいなら普通にメタルコア、デスコアやデスラッシュを聴いたほうがいいと言う意見が
出るのも致し方無しといった所だろうか・・・!?やはり俺は無機質なデジタルサウンドよりも
生身の人間が繰り出す血の通ったバンドサウンドのほうが好みなのだ!




オフィシャルで見てみる





満足度 53% お気に入り曲 Emotional lability - Filthy







もどる


inserted by FC2 system