THE NOVELS







"From the bad lands for Mrs.Witherspoon"




日本の叙情オルタナエモ/ギターロックバンドの1stアルバム。


最近出てきたばかりの新人バンドで音楽的には国産バンド特有の、
叙情性重視のオルタナエモで例によって大人しめの
バンドサウンド・・・
デリデリしたギター、クリーンなエモ系の
なかなかに歌えているヴォーカルが聴けるスタイルでやはり軽めだが
この手のバンドにしてはギターがリードフレーズ、ソロもそれなりに
プレイし
結構目立ち、メロディーもフックがありキャッチー
よくある貧弱オルタナギターロックとは違いなかなかに楽しめるな。
BUMP OF CHICKENの悪い流れを引きずる歌詞が先に立って肝心の
曲が蔑ろにされてる文系ロック
の系譜に位置するバンドなのかも
知れんがその手のバンドと一線を画す武器として純粋に曲の
良さが備わっている
部分が大きく、メロディー派のリスナーの
嗜好を満たす
要素は充分備わっていると言えるだろう。
3曲目なんかはバラードだがストリングス系の音もバックで
使われ叙情性を増しているな。途中ラップみたいなの
出てくるのは微妙だが・・・!インダストリアル系の出だしで
幕を開けこの手のバンドとしてはなかなかに勢いを感じさせる
バンドサウンド
が聴ける5曲目も良いな。メロディーも
キャッチーで疾走感もあるぞ!


歌詞だけのよくある軟弱文系オカマバンドとは違い曲、メロディーの
良さが大きなセールスポイントと言えるがよくよく考えたら
それは音楽である以上曲の良さで勝負しなければならないのは
至極当然の事
であり、文系ロックとしては鑑賞に堪えうる
クオリティー
があってもオルタナ、エモコアバンドとしては
まだまだこれといった個性も独自の味も無くまぁバンドとしては
これからだろうな。メタル要素は無いがギターソロがあるというのが
とりあえずの独自性だろうか・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 THE SINGING、
SPACE SHIP FUN CLUB、90's lost room







"My blood is your blood."




日本の叙情オルタナエモ/ギターロックバンドの2ndアルバム。


BUMP OF CHICKEN直系の国産文系オルタナエモ、ギターロックバンドによる
2作目のフルアルバムである!その音楽性はまさしく典型的フォロワー
呼んでしまって過言ではなく、歪み皆無のクリーンなギター、鼻に
かかった声質
のヴォーカルとBUMP OF CHICKENにかなりソックリである!
メロディーやコード進行、アレンジもまんまでパクリッシュバンド
烙印を押されてしまいそうなんだが、面白みの無いバラード多め
ロック色薄いあっちと違ってまだこっちはロック要素があり
ノリの良い曲も多く個人的にはこっちのほうが好みだな(爆)。

クリーンながらワウを効かせたギター、ベースによるイントロに
続く2曲目はこれまた歪みの無いクリーンなカッティングが聴け
アップテンポでノリの良さを演出、ロック色を増したBUMP OF CHICKEN
呼ぶに十分な音を出している!ヴォーカルメロディーなんか
まんま過ぎて個性は無い
が悪くはないな。バッキングのギターも
良い仕事をしているぞ!3曲目もいかにも国産叙情オルタナ系
穏やかな雰囲気を持っておりキャッチーだ。4曲目は早速ギターが
かなり目立ったリードフレーズを弾きアップテンポで音自体は
軽いのだがBUMP OF CHICKENと違ってギターこそクリーンながら
我等好みのそれなりにやかましい音を出しておるわい!5曲目は
アコギのストロークも聴ける非常に穏やかで大人しく牧歌的な
ポップ曲。
6曲目はアコギによるさらに穏やかなバラード
途中バンドサウンドも入り相変わらずギターの歪みは無いが
ギターソロはちゃんとあり曲を盛り上げてくれるぞ。7曲目は
どこかダンサブルな雰囲気がありギターは早速リードソロを披露、
ベースもかなりグリグリいっており自己主張が激しいのう・・・!
ヴォーカルはやはりBUMP OF CHICKEN要素が濃いな。インストパートは
なかなかにテクニカルなアンサンブルを披露しメンバー実は
メタラー
なんじゃないのか!?(爆)8曲目は何とも怪しげなバッキング
奇妙さを演出するプログレ的な素養を感じさせる曲。9曲目は
ノリのよさがある王道のアップテンポ曲でやはりヴォーカルが
BUMP OF CHICKENに近いがここに来てギターのバッキングも多少の
歪み
を放っているか!?10曲目はムーディーな穏やかさを持った
スロー曲で女性ヴォーカルと思しきファルセットも登場。11曲目は
ギター、ベースが絡みなかなかに複雑そうなアレンジが施された曲。
12曲目は穏やかではあるがバンドサウンドがそれなりに盛り上がりを
見せる
ミドル曲でギターもノイジーさを感じさせベースも
やはり自己主張しているな。


個性を気にしなければ俺みたいなロック、パンク、メタル者には
本家BUMP OF CHICKENよりも好印象を抱かせるバンドである!
BUMP OF CHICKENのロックチューンは好きだけどバラードが
多すぎるのはアカンなぁ〜
等と常日頃から息巻いている
リスナーならば彼等の出す音はその欲求不満を解消するに
十分すぎるモノ
があるだろう!この手のバンドにしては珍しく
まっとうなギターソロがありそれ以外にもリードフレーズや
オブリ等メタル並にギターが目立っているのは好印象である!
あとはやはり個性と、捨て曲を減らす事だろうか・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 レムリア、Ghost Communication、
Black Black Disorder、伝導体ダイアグラム







もどる


inserted by FC2 system