THENCE







"These Stones Cry From The Earth"




フィンランド出身のプログレッシヴメタルバンドのアルバム。


彼らに関する情報がろくに無く本作が何作目のアルバムなのかもよう判らん
とりあえずフィンランド出身のプログレメタルバンドで、本作は何と1時間近くある大作1曲のみが
収録された超プログレなアルバムである!音楽的にはプログレメタルという事でそんな感じのメタリックな
アンサンブル
が聴けるがシンフォニックさを内包したシンセも登場しDREAM THEATERのような
超テクニカルなアンサンブルが炸裂するような内容ではなくあくまもでムード重視、
メロウさ重視
叙情派スタイルで終始落ち着きのある暗さが感じられる辺りはやはり
フィンランド、北欧という出自がなせる業だろうか・・・!?

穏やかかつ荘厳なムード漂うストリングスシンセがアトモスフェリックな雰囲気を演出し
次第にクリーンなギターの音笛っぽい音色も顔を出し始め2分半を過ぎた時点で
バンドサウンドが登場、音は悪いがメタル然とした音作りが聴けシンフォニックな
シンセストリングス
もバックで盛り上がり呟くようなヴォーカルいかにもプログレ
感じじゃのう・・・!テクニカルなアンサンブルよりもメロウさが重視されており
暗いムードはPINK FLOYDをメタル化させたというか叙情派ニュースクール
メランコリックゴシック辺りにも通じるモノもあるな。変拍子を交えつつ淡々と展開、
ちょい冗長さを感じさせるも10分位した所でアコギ、エコーがかかった泣きのギター
登場し穏やかさの中に陰りを感じさせるエモーショナルなパートになるぞ。電子音系の
音色
も顔を出しアンビエント系の雰囲気もありそして再びアコギが顔を出しストリングス、
ピアノ
も登場しいかにも北欧らしい冷たい叙情性を演出、そしてシンセが完全にアトモスフェリック系
サウンドを展開し静かに、穏やかに曲が進み17分位した所で久々に呟きヴォーカルが登場、
もはやメタルではなくポストロック辺りにも通じるムードが漂っており泣きのギターも聴け
そして19分で再びメタリックなバンドサウンドも顔を出し北欧メランコリック要素満点
暗く冷たく叙情的かつへヴィな展開が見られそんでもってここにきてようやくギターソロと
シンセソロのバトル
が開始されメタラーを喜ばせるぞ!シンセの音色はまるでテルミンのようだ・・・!
そして一通り盛り上がった後は再びメロウなアコギパートになりヴォーカルも切々と歌っておるのう・・・!
そしてすぐにバンドサウンドが戻り今度はメロディアスなギターソロが楽しめハモンド、さらにサックスも登場!
妙にアダルトで都会的な空気が放たれバンドの音楽性とあんまマッチしていない印象があるが(爆)、
29分になるとピアノ、ブルースハープ、ストリングスシンセがまたしても暗く冷たい北欧情緒溢れる
静かなメロウさ
を演出、そして30分を過ぎると急に雰囲気が変わりサックス、ピアノによるソロパートとなり
落ち着きのあるオシャレ感を醸し出すがピアノがどうにも北欧的である(笑)。
その後はクリーンギター、ブルースハープにベース、ドラムも聴けヴォーカルも登場、落ち着きある淡々とした展開になり
しだいにドラムが変拍子を入れ始めジャジーさのあるギターソロも顔を出しシンセストリングスが
シンフォニックな盛り上がり
を見せ始める!その後はまたアコギ、クリーンギターの穏やかパートになり
40分付近で待ってましたのへヴィなバンドサウンドが聴け重々しいメタリックさを放ちズンズンと
突き進みリフワークはなかなかに正統派で何とブラストも登場!これまで大人しかったのに
急にアグレッシヴになりリフもメタルコアに通じる勢いがあるがヴォーカルはデスVoには決してならずいつも通りの
呟き系
でアコギも登場、もうちょいこういうパートを頻繁に散りばめたらダレも薄れるんだけどなぁ・・・!(爆)
うねる電子音、ハモンドもメタルサウンドに乗りミドルテンポだがノリの良いリズムで進み45分過ぎで
バンドサウンドが消滅しアトモスフェリックパートに突入、デジタルリズムダンサブルさを出し始めるも
メタルサウンドが急に登場!重厚さの上に電子音が乗っかりどこかインダストリアル系
通じる部分も垣間見せるがバンドサウンド自体は正統派なんでそこまで機械的ではないな。49分辺りでミュートギター
アトモスフェリックさを出す展開になり穏やかな雰囲気重視サウンドに変化、そのまま穏やかさの中に
電子音を纏ったまま曲は幕を下ろす。



テクニック重視ではなくダークなメロウさ重視のエモーショナルなプログレだが
それ故にテクの応酬による華やかさ、盛り上がりは無く終始暗く穏やかアンビエント、
アトモスフェリック系
の要素も強くちょいとダレる箇所も見受けられるがこういう
雰囲気モノが楽しめるプログレッシャーなら聴いて損は無い1枚だと言えよう!
プログレメタルではあるがメタリックなパートは少なく北欧的な静けさ漂うパートが大半を占め
メタル要素を期待せず、北欧メランコリック静寂プログレを期待するといい結果が得られるだろうか!?




HMVで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 These Stones Cry From The Earth







もどる


inserted by FC2 system