THE MURDER OF MY SWEET







"Bye Bye Lullaby"




スウェーデン出身のフィメールゴシックメタルバンドの2ndアルバム。


デビュー作となった前作が結構話題を呼んだバンドで、MIND'S EYEEVIL MASQUARADE等に
在籍しプロデューサー業もこなすドラマーのダニエル・フローレンス率いるバンドで
女性シンガーをフロントに配し音楽性はフィメールVoモノのゴシックメタルとなっており
どこかミステリアスな印象が強くストリングス系の音色やデジタルサウンドを
聴かせるシンセ
が目立ちなかなかにシンフォニックな質感もあるが気だるさも内包、
メロディーもなかなかにキャッチーでフックがあるのう・・・!

1曲目はストリングス系の音色にシンセが乗りバンドサウンドも登場、どこか淡々とした
印象
のあるミドル曲で気だるい女性Voも顔を出しメロはどこかエキゾチックな要素もあり
サビはキャッチーさを見せているぞ!後半はストリングスが盛り上がりシンフォニックさ
あるのう・・・!2曲目もシンセが目立ったミドル曲だがメロディーが相当にキャッチー
フックがありセンスを感じさせるぞ!3曲目はエレクトロニカ系のデジタルサウンドが
メインを張る気だるさのある曲でサビはバンドサウンドが盛り上がりを見せるぞ。
4曲目はバンドサウンドにこれまたデジタル系のシンセが融合し怪しいムードを放つミドル曲。
一瞬切り込むギターがテクニカルな印象を放っているのう・・・!5曲目はデジタル音
メインのエレクトロニカ色濃いスロー、ミドル曲で中盤はストリングスシンセがなかなかに
シンフォニックなムードを醸し出すぞ。6曲目はピアノ、ストリングス、女性Vo
穏やかかつ神秘的な美麗さを放つバラードメロディーが
相当にキャッチー
な仕上がりを見せまるでセリーヌ・ディオンのようだ・・・!男Voも
コーラスで顔を出している
がこれは不要かもなぁ・・・!7曲目はデジタル音
淡々としつつどこかコミカルなポップさを見せる曲でバンドサウンドも聴けるが
ヴォーカルや音作り等非HM/HRなポップス色もかなり濃いぞ!8曲目はデジタル音で幕を開け
ミステリアスなシリアスさを持ったメタルサウンドも聴けつつピアノは
北欧らしい冷たさを放ちデジタルシンセ、バンドサウンドと共に展開するミドル曲。
ギターソロは流麗
男Voも一瞬登場、後半はドラマティックな盛り上がりを見せるぞ!
9曲目はストリングスデジタルサウンドが聴け淡々としつつもシンフォニック
要素があり盛り上がりもしかとあるのう・・・!10曲目はピアノ、シンセストリングス
メロウさを放つバラード系の出だしからバンドサウンドも顔を出し北欧らしい
メランコリックさ
を放つこれまた淡々としたスロー曲。11曲目は笛の音、
オーケストレーション
シンフォニックで神秘的な空気を放つミュージカル的な
シアトリカルさ
を見せる美麗な曲でNIGHTWISHに通じる部分もあるな・・・!そのまま繋がる
12曲目はへヴィさのあるバンドサウンドが聴けこれまたNIGHTWISHを彷彿とさせる
シンフォニックメタル
と化し男Voも登場、ダンサブルなエレクトロニカ音
挟みつつサビはキャッチーさが目立っているな・・・!ラスト付近は男Voの
コーラス
QUEEN的なムードを放ち続く13曲目はどこかエキゾチックさを持った
キャッチーかつへヴィな印象のある曲だ。


ここ最近ではAMARANTHEなんかもそうだったがメロディーがキャッチーな女性Voモノの
HM/HR
が増えて来ている印象があり彼等THE MURDER OF MY SWEETそういった流れを
汲んだバンド
だと言えるだろうな・・・!叙情性、クサさよりもポップさ、キャッチーさ
ほうが強い感じでデジタル要素も目立ち疾走曲も無くミドルテンポ曲オンリーとなっており
ワンパターンで飽きが来るのも早そうだが女性Voは伸びや表現力が確かで上手くフックある
気だるい女性Voモノ
が好きなら聴いてみる価値はあるかも知れんのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Fallen  Meant To Last Forever  Kind Of Lousy
Waiting For The 27th (Booh Prologue)  Black September







もどる


inserted by FC2 system