THE GHOST INSIDE







"Get What You Give"




カリフォルニア出身の叙情派メタルコアバンドによる3rdアルバム。


近年よく見られる重苦しさ重視のゴリッゴリにヘヴィなモダンメタルコアでありながらも
叙情的なメロディーを導入し高い評判を得ているバンド通産3作目のアルバムである!
Media Skareから大手パンクレーベルEpitaphに移籍してリリースされたようで、音楽的には
叙情派メタルコアと聞いてはいたが実際は相当にヘヴィなグルーヴィーさを重視した、いかにも
イマドキっぽいメタルコアとなってはいるものの、曲によってはなかなかにキャッチーなコーラスを
披露するクリーンVo
も顔を出し、グルーヴ重視のミドルテンポ、ビートダウンのみならず疾走感も
随所で見せてくれるのう・・・!


1曲目は重苦しさを醸し出すヘヴィリフ、咆哮Voに始まり早速のビートダウンが炸裂し無骨な重厚さを
演出する短い曲
で、続く2曲目は疾走感も見せつつやはりタフなヘヴィさが目立っておるのう・・・!
3曲目でようやくメロディアスなパートが顔を出しヴォーカルも咆哮のみならずクリーンVoで
キャッチーなメロディーを歌い疾走もするぞ!
4曲目も勢いを感じさせる疾走チューンとなっており、
意外にもバンドサウンドはメタルコアと言うよりもニュースクール系のハードコア色が濃く
叙情的な面
も見られるのう・・・!5曲目はミドル〜アップテンポヘヴィなノリの良さを放っており
シンガロングも無骨さがあるな。6曲目は再びハードコアの流れを色濃く汲んだファストチューンで、
サビは分厚いシンガロングでなかなかにキャッチーじゃのう・・・!後半はビートダウンだが
その後はマイルドなクリーンVoも聴けるぞ。7曲目はクリーンギターに始まりヘヴィながらも
どこか淡々とした叙情ムードを演出するギターリフ
が目立っているな。8曲目もどちらかと言ったら
エモ寄りなギターで幕を開け、その後はヘヴィなメタルコア要素も見られるがサビはまた
エモいギターになり、その後は疾走し音作りはメタリックだがノリはハードコアである。
9曲目は不穏なギター、手数の多いドラムに始まるヘヴィなメタルコアチューンで、途中これまた
ハードコア寄りの疾走感を見せたり叙情的なギターが聴けたりするぞ!10曲目は早速のヘヴィな
ギターリフ
が聴けるビートダウンで始まりワイルドなノリも見せるミドル〜スロー曲。
11曲目はポストハードコア要素を見せつつメロコアに近い疾走感も見せる疾走曲である!
途中でやはりヘヴィなビートダウンも顔を出しこの辺がいかにもメタルコア的だな・・・!


ゴリゴリのヘヴィさをメインとしたグルーヴ重視のモダンメタルコアと思いきや、意外にも
叙情的なギターフレーズキャッチーなシンガロング、コーラス疾走感も見られ、
猫も杓子もグルーヴ重視だったりデジタル要素を放り込んだりしているイマドキのメタルコアに
飽きを感じているリスナー
にオススメ出来るバンドである!ただ疾走チューンはやはりHM/HRと言うよりも
ニュースクールハードコアの影響が濃く、この辺でメタラー視点では賛否分かれるかも知れんのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Engine 45  Slipping Away  Dark Horse
White Light  Face Value  Test The Limits







もどる


inserted by FC2 system