THE CROWN







"Death Is Not Dead"




スウェーデンのメロディックデス/デスラッシュバンドによる8thアルバム。


3作目のアルバムをリリースするまではCROWN OF THORNSと名乗っていたが、その後
現在のTHE CROWNに改名し今日に至る、デスメタル界隈で名の知れたベテランで、
結構メンバーチェンジが多いようだが、本作はオリジナルメンバーだったシンガー、
Johan Lindstrandが復帰して製作された通産8作目のフルアルバムとなっている。
デスメタル、デスラッシュロックンロール的なグルーヴを持ち込み、
“デスロール”と称されるスタイルを生み出したバンドと知られているが、本作のスタイルは
タフでストロングな勢いを放つデスラッシュにメロデス寄りの叙情的な
ギターフレーズ
を導入したスタイルで、デスロール感はほぼ見られないものの、
メロデス好きには喜ばれるであろうサウンドを提示しているぞ。

1曲目は退廃的なギターが聴けるイントロで、2曲目はストロングで無骨なリフ
野蛮なグロウルで疾走するパワフルなデスラッシュとなり、メロディアスな
ギター
も聴けるぞ。3曲目もメロデス的な叙情ギターと共に疾走しており、4曲目は意外にも
PARADISE LOSTの“Eternal”のカヴァーで、原曲のメロウな退廃ムードをキープしつつ
よりパワフルになっているな・・・!5曲目は細かいギターの刻みと共に疾走し、怪しく
エキゾチックなフレーズ
も聴け、ミドルパートも目立っているな。6曲目も怪しげなギターが聴ける、
デスラッシュ寄りの無骨な疾走チューンで、ギターソロが相当にドラマティックである!
7曲目はなかなかにグルーヴ寄りのヘヴィなリズミカルさがありつつブラストも登場!
これまた退廃的かつ叙情的なギターも目立ち、8曲目はゴリゴリしたストロングな
リフ
細かいフレーズも聴け、ノリの良さもあるな。9曲目はヘヴィでありつつ
ロックンロールの横ノリなグルーヴが見られ、10曲目は退廃的なギターが主体の
ミドルテンポのインストだ。11曲目はヘヴィで退廃的なスローチューンで、12曲目も怪しさ漂う
ギターフレーズ主体
のミドル、スロー曲だが、途中で唐突に爆走するぞ。13曲目はSODOMの
“Agent Orange”のカヴァー
で、ブルータルですらある突進力が実に心地良いな・・・!


デスメタルロックンロールを融合させたデスロールで知られるバンドではあるが、
本作のスタイルは完全にメロディックデスラッシュと呼べるもので、無骨で
ストロングな疾走感、突進力
北欧らしい叙情ギターを大々的に導入した
極めてメロディアスなエクストリームメタルとなっておる!デスラッシュとしての
アグレッションもしかとあり、メロデスはメロディーこそ良いもののパワフルさに
欠けるのがイマイチ
だと感じているリスナーにとってはかなり嬉しいバンドだな・・・!
アルバム中盤以降で失速しミドル曲が増えるものの、退廃ムードが強く曲の出来は良いぞ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Headhunter  Iblis Bane  Eternal
Struck By Lightning  Speed Kills (Full Moon Ahead)  Agent Orange







もどる


inserted by FC2 system