THE BOY WILL DROWN







"Fetish"




イギリス出身のテクニカルデスコアバンドによる1stアルバム。


イギリスのメタル雑誌で高い評価を得ていたバンドで、本作が彼らのデビュー作
なっており音楽的にはまさしく各楽器の音をこれでもかと言う程に詰め込みまくった
テクニカル、カオティック系のデスコア
で、グルーヴィーなパートを交えつつ
終始テンションの高いピロピロギターが暴れ倒しヴォーカルも咆哮タイプの
デスVo
男臭さを発揮、それでいてこの手のバンドとしては珍しくベースが
サイコビリー並に目立っており、
ツーバスとユニゾンしてまるでミシンのような
高速プレイを披露しておる!


1曲目は頭から早速のハイテンションテクニカルデスコアサウンドが炸裂!
ギターやベースが暴れまくり変拍子放り込みまくり爆走しまくり
だが、その後は
グルーヴィーなミドルテンポになりへヴィさを放っているのう・・・!
2曲目も実にテンションの高い音数詰め込みまくりカオティックデスコアで、
グルーヴィーなパートもあるがやはり終始勢いがあるな。3曲目もまたピロピロする
ギター
と共に爆走するも、不協和音的な部分も見られいい意味で実にやかましいが、
その後は引き摺るようなスローテンポになるのう・・・!後半は何故か枯れた音色で
ブルージーなクリーンギターが聴けるパート
になるぞ。4曲目もまた手数の多さを
見せ付ける変態デスコア
で、リズムチェンジもバンバン放り込みつつ部分的に
穏やかでエモい箇所もあるか!?5曲目はタイトかつ怪しいミドルテンポを基調と
しつつもやはり手数の多いリズムチェンジを連発、中盤ではそこまで重苦しくは無いが
ビートダウン
となり無骨さを放つも、その後は妙にマイルドなクリーン寄りのギターも聴けるぞ。
6曲目もまたゴチャゴチャさ満点のサウンドだが非常に短くすぐに終わり、続く7曲目は
多少グルーヴィーだがやはり音を詰め込みまくったカオティックデスコアになり
ワイルドさもあるな。8曲目はリズム、ギターにどこかTHE DILLINGER ESCAPE PLANっぽい
変態要素
が見られるテンションの高いカオティックデスコアである!9曲目もまた似たような
手数多すぎ、ピロピロしまくりの高速サウンド
だがこれまた短く速攻で終わり、
10曲目もまた音を詰めまくっている渋めのリズムも登場、変態リズムチェンジ
交えつつもグルーヴィーさを演出しているか!?後半では穏やかなクリーンギターも顔を出すぞ。
11曲目は切れのいいリフと共に比較的ストレートな疾走感を見せるファストチューンだ!


これと言った個性は全くと言っていい程存在しない、ストレート極まりない
音数詰め込みタイプのテクニカルデスコアで、ピロピロしまくりの
ギター
やけに目立ったベース、高速変拍子をキメまくるドラム技巧は高い
やはり個性は無くありきたりで、この手のジャンルの宿命だがどの曲も似たような
感じになっちまっている
のが惜しいな・・・!音数の多さからかへヴィさは薄くある意味
聴き易い
のは好印象か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Deep Throat  Apollo's Lyre  Akura Class







もどる


inserted by FC2 system