THE BLACK CODEX







"Episodes 1-13"




オランダのシンフォニックロックプロジェクトによる1stアルバム。


SKY ARCHITECTでも活動するマルチプレイヤー、Christiaan Bruinによるプロジェクトで、
本作はファンタジー系のコンセプトアルバムとなっており、プログレバンドらしく
2枚組の大作な上にさらに今後もコンセプトが続くようで、合計8枚で完結する事が
既に決まっているらしく気が長いにも程があるプロジェクトだと言えよう・・・!
そういう訳で音楽的にはストリングス等のオーケストレーションが
ファンタジックなムード
を醸し出すシンフォニック系のプログレとなっているが、
それ以上に映画のサントラ的な要素が強く、曲によってはバンドサウンドが無く
ロックかどうか怪しい部分もあるんだが、ギーク、ナード的なファンタジックな
シンフォニックサウンド
は昔の、良かった頃のSOUND HORIZONに通じるムードもあるか!?

1曲目は神秘的なストリングス等がサントラ的なムードを演出、民謡フレーズも登場し
いかにもなファンタジー感が見られ、2曲目はチェロの音色と共にドラムが顔を出し
穏やかなVoも登場、一応はロック要素もあるか!?3曲目は淡々としつつも華やかさがあり、
一気に初期GENESISフォロワーな空気が漂い始めるが、やはりオーケストレーションも聴け
4曲目はかなり淡々とした穏やかな曲調となり、5曲目も淡々としているが笛の音が
叙情性
を演出、煌びやかさも見られ6曲目はダークなシリアスさが漂う
サントラ寄りのシンフォニックプログレとなるのう・・・!

2枚目の1曲目もまた穏やかでマイルドな感じだが、プログレらしい緊張感もあり
アコギも登場、2曲目はホーン系の音色にストリングス等が聴けサントラ的になり、
3曲目は再び穏やかなムードが見られるが、途中からシリアスに盛り上がり
Voも非力ながら頑張ってダミ声気味に歌っているぞ。4曲目はそこそこ勇壮な印象も見られる
サントラ風のシンフォニックな曲。5曲目は淡々としつつもこれまたシンフォニックで
神秘的な印象
があり、6曲目もそういうタイプのミステリアスなシンフォチューンだが
途中からファンタジックさも見られるのう・・・!7曲目は淡々としつつ暗い印象もあり、
シンフォニックでシリアスな空気が漂い始め、後半は遊園地的な怪しいクサさを放ち疾走もするぞ!


オーケストレーション主体のファンタジックでシンフォニックな音作りで、
ロック要素が薄く派手さや壮大さ、大仰さはあまり見られず穏やかで牧歌的な空気
メインとなっており、そこが地味に感じられたりもするんだが随所にクラシカルさや
フォーク、トラッド的なクサさ
が見られ、サンホラ等を好むナード趣味の
クサメタラーでも対応可能
な部分があるだろうか!?スリリングさや勢い、
派手さ
を求めてはいけないが、ファンタジー好きなら雰囲気に浸れるだろう・・・!
オーケストラが打ち込みでチープな所がゲームミュージック風だな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Overture, Pt. I  Map Of The World Fairground Of Ark, Pt. I
A Dot On The Horizon  Flight Of Columbo  The City Of Ark (From Above)
Thoughtcrime And Burglary







もどる


inserted by FC2 system