THE BIG JAZZ DUO







"Enemy"




イタリア出身のデスコアバンドによる1stアルバム。


FLESHGOD APOCALYPSEHOUR OF PENANCE、EYECONOCLAST等で知られる
イタリアのエクストリームメタルシーンからまた新たに登場した実力派バンドで、
音楽的にはゴリゴリにヘヴィなデスコアサウンドながらギターフレーズがなかなかに
ドラマティック
で、メロデスに通じるリフワークに加え部分的にシンフォニックな
オーケストレーション
も登場、シンフォデスコアとまでは行かないが叙情的な面も
しかと見られる
のう・・・!ヴォーカルは高音スクリーム、低音グロウル、ガテラル
ピッグスクィールを使用しておりかなり凶悪である!

1曲目はデスコアらしいゴリゴリにヘヴィな音作り、グロウル、スクリームが炸裂し
ブラストも交えつつ疾走!リフが意外とメロデス寄りな印象もありつつカオティックな
部分
も見られ、後半でピアノ、ストリングスシンフォニックさを放つのう・・・!
2曲目は細かいツインギターカオティックさを放ちつつメロデス的なハモリも見せ、
流麗なギターソロも聴けるぞ。3曲目も細かいギター、ブチ切れデスVoが強烈さを放ち
基本はヘヴィなバンドサウンドだが部分的にシンフォニックなシンセも登場、
4曲目はパワフルな勢いを放ちつつギターが怪しく劇的な疾走チューンで、途中から
ヴォーカルが強烈なピッグスクィールを連発!細かいカオティックなギターも聴け
後半でまたシンフォ系のシンセが登場するぞ。5曲目はストリングスピアノ等が
シンフォニックさを放つ繋ぎで、6曲目はそのままオーケストレーション、ピアノに始まり
ブラスト、トレモロで爆走!ゲロゲロのグロウル、ピッグスクィールがまた凶悪な
突進力
を放っており、流麗なギターソロやストリングス等も聴けシンフォニックさ
見られるな。7曲目はこれまたメロデスに接近した叙情ギターが聴けつつパワフルに爆走!
中盤でまたシンフォニックになるぞ。8曲目は細かくも叙情的なツインギターが目立った
カオティック寄りかつ劇的なデスコアで、途中唐突にエキゾチックな中東ムードが放たれ
流麗なギターソロも登場、9曲目はメロデス然とした叙情ギターが目立ちパワフルに
疾走
しているが、後半はアウトロ的なピアノのみのインストになるのう・・・!


FLESHGOD APOCALYPSEMAKE THEM SUFFER程では無いが、部分的にシンフォニックな
シンセオーケストレーション
を導入しつつあくまでも基本はヘヴィでブルータルかつ
時にドラマティックさも見せるギターフレーズ、バンドサウンドとなっており、
シンフォニックデスコアでは無いがメロディックデスコアと言いたくなる劇的な
サウンド
を展開しておる!部分的にカオティックなテクニカルさが見られるのも特徴だろうか!?
シンセオーケストレーションと言うかソプラノVoのシンセが若干チープなのが
惜しいが、それ以外はかなり高品質である!チャラい今風デジタルメタルコアよりもやはり
こういう音のほうが俺好みだな(笑)。







満足度 84% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system